スポンサーリンク

【MLB】PS初戦でDバックスを救ったエバン・ロンゴリアの守備!GG賞3度の実力!2024年の契約なるか?

改めてロンゴリアの輝く守備を

 現地2024年1月14日、この日はFA市場は大きな動きがありませんでした。したがって、「書こう!書こう!」と思いつつも、ついつい書きそびれてしまった話題を1つ。

 それはワイルドカード・シリーズでDバックスを救ったエバン・ロンゴリアの好プレーについてです。

PSを面白くしたDバックス

 Dバックスが2023年のポストシーズンで大ケイオスを巻き起こし、ワールドシリーズまで勝ち上がったことは記憶に新しいところです。しかし、その快進撃もポストシーズン初戦でエバン・ロンゴリアの奇跡的な守備が無ければ、そもそもどうなっていたかわからなかったのはご存知でしょうか?

 Dバックスのポストシーズンの運命を分けたと言っても過言でないほどの素晴らしいプレーでした。

MILとのWCシリーズGm1

MLB Gameday: D-backs 6, Brewers 3 Final Score (10/03/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 現地2023年10月3日のポストシーズンのオープニング日は、ワイルドカードシリーズの初戦。ご覧のカードが組まれ、ご覧の勝敗となりました。 

  • 🟡 NL AZ (WC3) 6 @ 3 MIL (NL 地区優勝3位)
    • 先発:ブランドン・ファート/ コービン・バーンズ
  • NL MIA (WC2)1 @ 4 PHI (NL WC 1位)🟡
    • 先発:ヘスス・ルザルド/ ザック・ウィーラー
  • 🟡 AL TEX (WC2) 4 @ 0 TB(AL WC 1位)
    • 先発:ジョーダン・モンゴメリー/ タイラー・グラスノー
  • AL TOR (WC3) 1 @ 3 MIN(AL 地区優勝3位)🟡
    • 先発:ケビン・ゴーズマン/ パブロ・ロペス

 ワイルドカード3枠目でポストシーズンに進出したDバックスは、地区優勝の勝率3位のブルワーズと対戦。

B・ファート先発で3点を先制される

 このゲームで、ブルワーズはエースのコービン・バーンズが登板。一方、Dバックスはその3週間後にDバックス先発陣のNO.3となったブランドン・ファートが先発。ただ、この時点ではシーズンの投球の延長そのもので、良いボールは投げていたものの、悉く失点に結びついてしまうという頼りない投球で、このゲームでもやはりブルワーズが先制。

 ブルワーズは1回裏に、クリスチャン・イェリッチの四球とウィリアム・コントレラス、カルロス・サンタナの2連続シングルでノーアウトのまま1点を先制。これがこの時点のブランドン・ファートの投球でした。

 ただ、この後、ファートは三者連続三振をマークし、このイニングは1点で凌ぎ、後の片鱗は見せていました。

 ただ、2回裏にもピリッとせず、先頭のジョシュ・ドナルドソンにシングルを打たれて出塁を許し、1アウト後にタイロン・テイラーにLFへ特大の2ランHRを叩き込まれて、2回を終えて0-3。完全なブルワーズ・ペースに持ち込まれてしまいます。

Dバックスがすぐに逆転

 ところが、3回表にDバックスは、1アウトからシングルで出塁したヘラルド・ペルドモを1塁に置いてコービン・キャロルが右中間の2階席に飛び込む特大の2ランHRを放ち、2-3と1点差に追い上げます。

 さらに、つづくケーテル・マルテもRFへソロHRを放ち、ポストシーズンの打線の中心となった2人の連続HRで3点差を跳ね返し、ゲームを降り出しに戻しました。

 Dバックスはさらに、4回表に先頭のガブリエル・モレーノがCFへソロHRを放ち、ついに4-3とゲームをひっくり返してしまいます。一気に追いついて逆転した攻撃力はすごいものがありました。

ロンゴリアの好守備その1

 そしてゲームは中盤に進み、5回裏。Dバックスは非常に良い4シームを投げるライン・ネルソンをマウンドに送ります。この時点ですでに4番手です。

 期待されていたライン・ネルソンですが、5番のサル・フレリック、6番ウィリー・アダムス、7番ジョシュ・ドナルドソンに3連続シングルを浴び、ノーアウト満塁の大ピンチを作ります。完全にブルワーズの流れです。Dバックスはライン・ネルソンを続投。ライン・ネルソンはつづくブライス・チューリングを三振にし止め、まずは1アウトを奪います。ノーアウト満塁で1つめのアウトを三振で奪うというのは理想的ですが、この乱調でこれを成し遂げたのもちょっと奇跡的でした。

 つづくバッターは、HRを放っているタイロン・テイラー。前置きが長くなってすみません。ここです!!エバン・ロンゴリアの登場は。

 Dバックスはここでライアン・トンプソンにスイッチ。勝負をかけました。そのタイロン・テイラーですが、フルカウントとなった後の6球目をジャストミート。これでブルワーズに2点が入った!と思った瞬間。3Bのエバン・ロンゴリアがこの強烈なライナーをグラブの先でしっかりとキャッチ。ホーム生還を狙って飛び出した2Bランナーのウィリー・アダムスをアウトにしダブルプレー。絵に描いたような好プレーでブルワーズの大逆転のチャンスの芽を摘んでしまいました。

ロンゴリアの好守備その2

 まだあります。6回裏、ブルワーズは先頭のクリスチャン・イェリッチが四球で出塁。

 つづくウィリアム・コントレラスはSS前に浅いボテボテの内野安打コースのゴロを放ちます。これを3Bのエバン・ロンゴリアがカット。しかし、さすがに1Bは間に合いませんでした。この時、1Bへのスローイングはボールをファンブルしたせいで間に合わなかったのですが、ここはさすがに落ち着いたロンゴリア。ランナーのイェリッチが2Bをオーバーランしたのを見逃さず、2Bへ送球。一旦はセーフ判定となりましたが、チャレンジの末にアウトに。ロンゴリアの粋なプレーでブルワーズは反撃の芽を摘まれました。

DバックスがPS初戦に勝利

 2度のチャンスを活かせなかったブルワーズはこの後、Dバックスに流れを持って行かれ、9回表、Dバックスは2つの四球で2アウト満塁のチャンスで、クリスチャン・ウォーカーが2点タイムリー・ダブルを放ち、ゲームを決めました。

 Dバックスは、7回からケビン・ギンケルが2イニングを無失点。さらに9回はポール・シーウォルドが無失点に抑え、6-3で初戦をものにしました。2023年のポストシーズンでは、この2人の好投が光りましたね。

 4-3と僅差のリードで、ブルワーズの逆転の芽を2度摘んだロンゴリアの好守備は、痺れる!の一言に尽きます。

ロンゴリア、契約なるか

 エバン・ロンゴリアは守備は光ったのですが、ワイルドカードシリーズのAVGは.125、NLDSのAVGは.200、NLCSは.105、WSでは.273。本来は通算342HRの大打者なのですが、バットは厳しいものがありました。レギュラーシーズンでも9HRしか打っておりません。 

 もともと1年契約だったので、このオフはFA。2024年は38才のシーズンです。果たして契約なるかどうか。あるいはこれを花道とするのか・・・。オファーがあることを祈るばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました