スポンサーリンク

【MLBニュース】2019トップ・プロスペクトのゲレーロ・ジュニアがコールアップ!

プロスペクト

2019トップ・プロスペクト

現地2019年4月24日のニュースで、プロスペクトの話題です。

ブルージェイズがついにNO.1プロスペクトのヴラディーミル・ゲレーロ・ジュニアをコールアップしました!

ゲレーロ・ジュニアは4月26日にデビュー予定

Pre2019のトップ・プロスペクト・ランキングで1位となったブルージェイズのヴラディーミル・ゲレーロ・ジュニアVladimir Guerrero Jr.)のMLBデビュー戦が決まりました。

現地2019年4月26日(金)に地元ロジャース・センターで行われるアスレチックス戦です。

ヴラディーミル・ゲレーロ・ジュニアとは

ヴラディーミル・ゲレーロ・ジュニアは1999年3月16日、カナダ・モントリオール生まれで20才になったばかり。

ハーパーのように19才でデビューするチャンスもありましたが、グレープフルーツ・リーグでは6試合、19打数4安打、打率.211、HR 0、二塁打2本と不調に終わりました。

グレープフルーツ・リーグの序盤にはGMからまだMLBデビューにはまだ早いという見方をされたことも。

さらに3月8日に左腹斜筋(脇腹)を傷めたのが開幕デビューに至らなかった点です。

リハビリには3週間を費やしました。

マイナーでは 2HR、打率.325

怪我が明けてからのゲレーロ・ジュニアはシングルAプラスのゲームに4試合出場。15打数4安打、二塁打1、本塁打0。

その後はトリプルAに上がり、7試合に出場。25打数9安打、二塁打1、本塁打2、打点7。

2つのレベルのマイナーでの成績は、打率.325、OBP.400、SLG.525、HR2。

ゲレーロ・ジュニアの場合は、スイングの速さや予想外に早い足など数字よりもゲーム中の動きの良さが目立ちますので、上に上がってからも大いに期待できますね。

お父さんはかなりスリム

ゲレーロ・ジュニアのお父さんはエンゼルスでも活躍したヴラディーミル・ゲレーロ。

お父さんと違ってジュニアはちょっと横に大きいので、少しスリムになって、今のうちから膝への負担を軽減しておいてもらいたいところではあります。

Vladimir Guerrero Stats | Baseball-Reference.com
Career: 449 HR (40th), .318 BA (55th), 1496 RBI (57th), RF, HOF in 2018, 2004 AL MVP, 9xAllStar, Expos/Angels/... 1996-2011, b:R/t:R, 1x H Leader

ちなみにお父さんはMVP1回、オールスター9度出場、シルバースラッガー賞8度受賞、2018年に野球殿堂入りとなりました。

通算安打2,590、HR 449、RBI 1,496。モンスター級の選手でした。

筆者はエンゼルス時代に実物を見ることが出来ました。ゲーム前のキャッチボールがえげつなかったのを覚えています。

全米注目のルーキーです。

2018年3月のモントリオールでの一発

下の動画の最初に出てくるのはカージナルス@ブルージェイズ戦で、2018年3月27日に行われたスプリングトレーニングでのゲームです。

お父さんがHOFに選ばれて2ヶ月後、エクスポズの地元があったモントリオールで開かれたゲーム。

0−0のスコアレスで迎えた9回裏、ゲレーロ・ジュニアが、サヨナラHRを放ち、皆に「持ってるな!」と思わせたゲームでもありました。

公式戦さながらの雰囲気でした。

ゲレーロ・ジュニアは現地2019年4月26日が本当のデビュー戦なので、念の為。

日本時間では土曜日のゲームになりますが、これは楽しみですね!

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました