スポンサーリンク

【MLB2019】4HR!アストロズがHR攻勢でザック・グレインキのデビュー戦勝利を後押し

Z・グレインキのHOUデビュー戦

現地2019年8月6日、地元ミニッツメイドでのロッキーズ戦で、ザック・グレインキ(Zack Greinke)がトレードデッドラインでの移籍後初となるアストロズ・デビューを果たしています。

ピッチングの成績はロッキーズの効果的なHRにより、5失点となりましたが、それを打撃陣がHRでキャンセル。見事、デビュー戦を白星で飾りました。

ザック、上々の立ち上がり

満を持してアストロズ・デビューとなったザック・グレインキの投球を振り返ってみます。

初回、ロッキーズ先頭のチャーリー・ブロックモンを三振に斬って取る上々の立ち上がり。序盤3回までは無失点。ランナーは出していましたが、らしさを発揮するピッチング。

その間、アストロズ打線は2回と3回に計3点を奪います。

中盤に失点!リードを吐き出してしまうHR

失点は4回表。先頭のトレバー・ストーリーに内野安打を許したのをきっかけに、次打者のダニエル・マーフィーに四球、さらにノーラン・アレナドの時にワイルドピッチもあり、ノーアウト・ランナー2・3塁のピンチに。ここでアレナドに犠牲フライを打たれてまず1失点(3−1)。さらに次打者のライアン・マクマホンにはタイムリーダブルを打たれ、2失点目(3−2)。

4回裏と5回裏にアストロズは追加点を上げ5−2とリード。

6回表、先頭のダニエル・マーフィーにシングル。1アウト後にマクマホンに四球で1アウトランナー1・2塁。つづくイアン・デズモンドを3Bゴロに仕留め2アウトまでこぎつけましたが、ライメル・タピア(Raimel Tapia)に3ランHRを打たれ5−5のタイ・ゲームに。

ザックは6回を投げきったところで降板。デビュー戦は被安打7、失点5、与四球2、奪三振2、被本塁打1という内容に。

HRが出ると数字が一挙に悪くなってしまうので、ホロ苦デビューのような印象を受けますが、ピッチング自体は打たせて取るザックの本来のスタイルであったと思います。ちょっとバテが早かったのはデビュー戦ゆえだったからと思います。

アストロズ、4HRでザックをアシスト

とにかくアストロズ打線がすごかったです。ロッキーズ先発のヘルマン・マルケスから5回までに5得点。ザックの立ち上がりをアシストするとともに、降板直後にもカルロス・コレアがHRを放ち、ザック移籍初勝利をアシストしました。ユリ・グリエルは2HR。

ヨルダン・アルバレスが特大のHR

なかでも度肝を抜いたのはアストロズの怪物ルーキー、ヨルダン・アルバレス。

2回裏に先制点となる2点HRを放ったのですが、その距離がすごかったです。436フィート、132.893メートル。打った瞬間それとわかる音と放物線。

投手の出鼻をくじくにはショックが大きすぎるではないかというHRでした。

最終的にスコアは11−6でアストロズの勝利。ロッキーズは同点に追いついた直後に即離されてしまうという展開になってしまい、終盤に勢いがなくなりました。

ザックはこの勝利で11勝目となりました。

現地7日のアストロズの先発はゲリット・コールが先発です。

なお2019年8月6日時点のアストロズのローテーションの成績です。

  • ジャスティン・バーランダー:15-4/ ERA 2.68
  • ゲリット・コール: 13-5 / ERA 2.87
  • ザック・グレインキ:11-4 / ERA 3.08
  • ウェイド・マイリー:10-4/ ERA 3.05

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました