スポンサーリンク

【MLB2019】”ダークナイト” マット・ハービー、エンゼルスの窮地にモデルチェンジで復活

マット・ハービーがILから復活

現地2019年7月13日、エンゼルスに救世主登場か!?

タイラー・スキャッグスを追悼したセレモニーが行われた現地7月12日にテイラー・コール(Taylor Cole #67)とフェリックス・ペーニャ(Félix Peña #64)の2人でコンバインド・ノーヒットノーランを達成したエンゼルス。

非常にエモーショナルな出来事として話題となりました。

数字にまつわるこのような話題も↓。

けが人多数の緊急事態に光明

ザック・コザートの左肩亜脱臼に関わるシーズンエンディング、ジョナサン・ルクロイのコリージョンによるケガ、少し前にはトミー・ラステラの自打球による右すね骨折など、悪いことが重なりすぎているエンゼルス。

ただでさえローテーションが苦しいところに、タイラー・スキャッグスの突然の訃報。

そんな投手陣のやりくりも非常に苦しいエンゼルスに頼もしい投手が復活してきました。

5月25日の登板を最後に腰の痛みでILに入っていたマット・ハービー(Matt Harvey #33)が現地2019年7月13日のマリナーズ戦で復帰登板。

ハービーは3回表に1アウトからマレックス・スミスに四球を出し、さらに足でも揺さぶられ、続くJ.P.クロフォードにはストレートの四球。ムラっ気がある投手なのでこれで崩れるかと思いました。

しかし、今日のハービーは非常に冷静でした。つづくドミンゴ・サンタナには3−1とボールが先行しつつも最後は落ち着いてコントロールし、ダブル・プレーで打ち取り、このピンチを見事に切り抜けました。

デービッド・フレッチャーの好送球にも助けられましたが、こんなプレーが出たというのはピッチングに集中できていたからこそ野手も動きやすかったのだと思います。

ハービーは5回2/3まで投げ、被安打4、失点1、与四球3、奪三振3で見事にゲームメイク。今季3勝目を上げました。

トラウトの連日のHRも出て序盤に大量点を取って、エンゼルスが9-2でマリナーズを下したリキャップはこちらです↓。

再び、ダークナイトになる可能性も

エンゼルスは厳しい試練に晒されてはいるものの、非常に不思議な力も感じます。

この時期にハービーが戻ってこられたのもラッキーすです。

5月26日にILとなった報道を目にして、筆者は「これはもうキャリアも終わったな」と思いました。メッツでも最後は問題児のような行動を取り、トミー・ジョン手術を経験したとは言え、せっかくの投手としての素質を自らスポイルしてしまうのかなと思いました。

本人は思うようにスピードが乗らないジレンマがあったのかもしれません。

ほんとうにすごかったですからね。

100→92、よってモデルチェンジ

今日1日の登板で本物かどうかはまだ判定しづらいです。

基本的な持ち球は以前と変わりません。ファストボール、チェンジアップ、カーブ、スライダーの4つ。

100mphをがんがん投げていたころと比べて、ファストボールはかなり落ちました。本日の投球でMAXで95mphは出ていたものの、アベレージで92mphというところでした。

剛球で騒がれた投手だったので、ここが一番のジレンマだったことは容易に想像がつきます。

今回、マイナーのリハビリから上がってきて変わったところがありました。

カーブ、スライダーの比率が多めに

モデルチェンジと言えるかどうかはわかりませんが、腰を痛めるまではファストボールの復活に期するところがあったように思います。

よって、だいたいの比率ですが、このような配球でした。

  • ファストボール:55%
  • チェンジアップ:5%
  • スライダー:30%
  • カーブ:15%

しかし、今回の登板ではファストボールとスライダー+カーブの比率がほぼ半分ずつになりました。

  • ファストボール:48%
  • チェンジアップ:5%
  • スライダー:25%
  • カーブ:22%

スライダーは故障前からウィニングショットしてよく投じていて、非常にいいボールでした。ただ、今は全盛期のスピードがなくなりましたので緩急差があまりなかったのが痛いところでした。

今回、HR数の多いマリナーズ打線だったこともあったと思いますが、カーブを多めにし、ファストボールを速く感じさせることができたのが奏功したのではないかと思います。この投球に旨味を感じてくれたら、次回も期待できるとは思っています。

エンゼルスにとってもハービーが活躍してくれなければ、かなり苦しいのでここはこの調子をキープしてもらいたいと思います。

これで化けてくれたら、エンゼルスが一番チーム一丸となっているので、ミラクルが起こり、非常に面白い展開となるのですが。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました