スポンサーリンク

【MLB2019INJURY】ヤンキースのトゥロウィツキーが負傷交代!今後の処遇が危ない!

トゥロ、無念の左ふくらはぎ痛

現地2019年4月3日、ヤンキースはまだまだ寒い地元ヤンキー・スタジアムで、タイガースと対戦。

気温の影響もあってのことか、「あなたはサイドラインに下がってはダメでしょう!頼むから怪我しないでくれよ」というトロイ・トゥロウィツキーが、左ふくらはぎを傷め、途中交代に。

復帰”TBD”のILへ

8番SSで先発出場したトロイ・トゥロウィツキーは2回の第1打席を2Bポップフライで終わり、その後3回の守備につきましたが、左ふくらはぎ痛のため4回の守備からベンチに。

ヤンキースはSSに2Bのグレイバー・トーレスを動かし、2Bにはタイラー・ウェイドが入れました。

トゥロウィツキー、なんとILに入ってしまいました。復帰見込みはTBD(To Be Determined=未定)です。

ディディ・グレゴリアスの復帰までは・・・

トゥロウィツキーは行われたウィンター・ミーティング中の現地2018年12月11日に突如、ブルージェイズからリリースされました。

マーリンズ・マン、仕事してる! 現地2018年12月11日のウィンター・ミーティング2018の2日目の動きをまとめてみたいと思い...

足首や骨棘(こっきょく)など足の怪我が原因で2017年7月28日のエンゼルス戦以来、MLBのグランドに立っていなかったトゥロウィツキーを獲得したのはヤンキース。

2018年10月半ばにトミー・ジョン手術を行ったディディ・グレゴリアスが復帰する6月頃までSSを任せるつもりで獲得しました。

もっとも、トゥロウィツキーのサラリーの大半はブルージェイズが支払っているため、MLB最低年俸の契約で獲得できたというコスト計算もあります。

足さえ問題なければこのままヤンキースで復帰してくれたらと考えていたのですが、残念ながらまた違う箇所を傷めてのIL入りとなったのでした。

ディディの穴にトゥロを獲得 ニューヨーク・ヤンキースが動きました。 現地2019年1月1日、ヤンキースはトロイ・ト...

本来ならスケールの大きいSS

筆者はトロイ・トゥロウィツキーの豪快な守備と打撃が大好きで、応援している選手の一人なのですが、今回のIL入りでニューヨークでは居場所がなくなるのではないかと心配しています。

けが人だらけのヤンキース

ご存じの通り、ヤンキースはけが人のオンパレード。

このリストの中にさらにトゥロウィツキーが加わってしまいました。

【MLB移籍2019】アメリカン・リーグ東地区各クラブの移籍と戦力のまとめ

  • ルイス・セベリーノ(RHP/SP):右肩痛。復帰は5月の見込み
  • D・ベタンセス(RHP/RP):右肩痛。10Day IL
  • C.C. サバシア(LHP/SP):右膝手術、心臓付近の手術経過の静観。4月中の復帰見込み。今季で引退を表明。
  • ジャコビー・エルズベリー(OF):2018年8月に足底筋膜炎で手術。2019年中の復帰見込み
  • ディディ・グレゴリアス(SS):2018年10月トミー・ジョン手術。2019年6月から7月頃か。
  • ジョーダン・モンゴメリー(LHP/SP/RP):2018年6月トミー・ジョン手術。ASGブレークに復帰見込み。
  • アーロン・ヒックス(CF):腰痛。開幕には間に合いそう。4月中の復帰です。
  • ジャンカルロ・スタントン:4/1上腕二頭筋痛。10Day IL。4月中の復帰を目指す。
  • ミゲル・アンドゥハー(3B): 4/1右肩関節唇の断裂。手術見込みで復帰は未定。時間がかかりそうです。10-Day IL

ゲームの方はタイガースが2−1でヤンキースを下しております。

The Official Site of Major League Baseball

トゥロウィツキーは現在、精密検査の結果待ち。大した怪我ではないことを祈るばかりです。

そうでないと、このままリリースにもなりかねません。トゥロウィツキー、ぜひとも復帰して欲しいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク