スポンサーリンク

【2018 AL イースト】レッドソックスが3ピート!

現地2018年9月20日、ボストン・レッドソックスが2018レギュラーシーズン、アメリカン・リーグ東地区の優勝を決めました! Congratulations!

3 peat (3連覇)達成です。

逆転勝利

ヤンキースとの3連戦に臨んでいたレッドソックスはGame1、Game2と完敗。Game3はちょうど昼休みにスコアを見ると4-6で劣勢だったので、これはスイープされるなと筆者も諦めていたのですが、後から見るとなんと優勝しているではありませんか!これには驚きました。

G・スタントンがグランドスラム

レッドソックスは序盤に田中投手を攻略。田中投手は4回を被安打8、失点5という成績。

レッドソックス先発の左腕エデュアルド・ロドリゲスは怪我から復帰してあまり時間が経っていない時点でのヤンキース戦。非常に粘り強く投げていたのですが、さすがに2巡目で息が切れてしまったような結果でした。

4回裏は2アウトまで取りながら、マッカッチェン→アーロン・ジャッジ→アーロン・ヒックス→ジャンカルロ・スタントンと続く恐ろしい打線が相手です。これはさすがに同情します。3人連続で四球を出し、塁が埋まりジャンカルロ・スタントンを迎えたところでヒース・ハンビリーに交代。

そのハンブリーがジャンカルロ・スタントンにグランドスラムを打たれ、4−6と逆転される展開に。エデュアルド・ロドリゲスは4回途中、被安打4、与四球7、自責点5でした。

もうライト狙い打ちですね。ヤンキー・スタジアムのライトが狭い問題もまた後日取り上げます!!

劣勢だったレッドソックスですが、5回表にJ・Dの二塁打で1点を取り5-6。7回表にはジャッキー・ブラッドリー・JRのHRで6−6の同点。さらに満塁からボガーツの犠牲フライとスローイングエラーで2点を追加し、この回計3得点で8-6と勝ち越し。

8回にはムーキー・ベッツの3ランHRが出て11−6に。これで決まりました。ムーキー・ベッツはこの日4安打と大当たりでした。

9回裏、ヤンキースは例のジャッジ→ヒックス→スタントンという恐怖の巡りだったのですが、クレイグ・キンブレルが3人で抑え見事にALイーストの3ピートを果たしたのでした!

https://twitter.com/RedSox/status/1042984676510466050

ALDSでのマッチアップも!

AL勝利数1位のレッドソックスはALDS(American League Division Series)ではWC(ワイルドカード)勝者と当たります。

このまま行くとWCはヤンキースとアスレチックスですが、ヤンキースが勝利した場合、再びALDSで相まみえる可能性があります。あまり時を置かずというのがポイントです。

Game3はなんとか勝ちましたが、Game1、Game2の戦いぶりがあまりよくなかったのでちょっと心配です。見方によっては優勝への産みの苦しみで苦戦しただけかもしれませんが、Fenwayも狭いので対策が必要ですね。これがもう、すぐに始まるので要注意ですね。

今季圧倒的な強さ

レッドソックスは終わってみると圧倒的な強さでした。154試合目、残り9試合を残して104勝。一時はマリナーズが2001年に残した記録116勝を上回るのではないかと言われたほどのペースで進みましたが、ヤンキースが復調しましたから、ペースは落ちました。ヤンキースはやはり恐ろしい。

(レッドソックス チーム打撃成績) 現地2018年9月20日終了時点

打率 .267 (AL 1位)

HR 192 (AL 6位)※1位はNYYの247 HR

得点 813 (AL 1位)

安打数 1,413 (AL 1位)

OBP .336 ( AL 1位)

盗塁 118(AL 2位) ※1位はCLEの124

 

 (レッドソックス チーム投手成績) 現地2018年9月20日終了時点

ERA 3.68 (AL 3位)

失点 563 (AL 3位 )※少ない!

10勝以上の先発4名

ポーセロ:17勝、プライス:15勝、E・ロドリゲス:12勝、C・セール: 12勝

J・Dやムーキーの個人成績は追って別記事にて記載したいと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました