スポンサーリンク

【NLCS 2017 Gm4&5】ドジャース、WS進出決定!H・ヘルナンデスが3HR!

 

NLCSですが、決まってしまいましたね。

 

筆者は個人的にはカブスを応援していましたが、もうドジャースとの力の差は歴然という感じがしておりました。

 

ダルビッシュ投手ほどの力のある投手がGame3で出てきますし、とにかくケンリ−・ジャンセンに任せれば、勝利は非常に高い確率になります。

 

エイドリアン・ゴンザレス、コーリー・シーガーを怪我で欠いたとしても、クリス・テイラーがSSでトップバッターを張れますし、ベテランのアンドレ・イーシアも復活しましたし、なんと言ってもコーディー・ベリンジャーという怪物級のルーキーがいたというのが大きかったですね。

 

さて、Game4で一矢報いたカブス。

 

ここは地元のシカゴでなんとか勝利は上げたかったところですから、ドジャースとしても、ロードで1勝2敗くらいまでは想定内だったと思います。

 

Game4ではジェイク・エアリエッタも好投しました。ドジャース打線を7回途中3安打に抑えたのはさすがでした。ただ、最後はウェイド・デービスを2イニング登板させざるを得なかったのはブルペン事情が伺えます。マッドン監督もこの勝利に集中したという采配に思えました。

 

打線はハビアー・バイエスがいい活躍をしましたね。これはGame5にもつながるのではないかと思いましたが、Game5では苦戦を強いられたようです。

 

【動画】Recap: CHC 3, LAD 2(Game4)

 

ドジャースがWSへの出場を決めたGame 5ですが、

 

カーショウとホセ・キンタナの投げ合いで始まりましたが、ホセ・キンタナは良くなかったですね。

 

3回にエンリケ・ヘルナンデスにグランドスラムを打たれたのは、代わったヘクター・ロンドンでしたが、貯めたランナーはホセ・キンタナが連打を許したランナーでした。

 

ちなみに、ドジャースは今シリーズ、事実上の4番と言ってもいい2番に起用していたコーディー・ベリンジャーを3番に下げました。警戒されて2割台前半に打率を落としていたのですが、3番に置いたことで大正解。ロバーツ監督の采配がずばり当たりました。

 

コーディー・ベリンジャーは初回に先制となる二塁打、3回にはシングル、4回にもシングルを放ち、3安打と機能。以降の打席は凡退したものの、得点が欲しい回の浅いところで出塁したのは大きかったです。

 

 

ベリンジャーがチャンスメイクしたことで、6番LFで起用したエンリケ・ヘルナンデスが7打点と大いに打点を稼ぎました。2回、3回、9回に3本のHRです。特に3回のグランドスラムはカブスの反撃の芽を摘む効果があったと思います。

 

 

ドジャースは久々にスタメンに名前を連ねたローガン・フォーサイスにもタイムリーが出て、WSへ向けて、起用に悩むくらいに多くの選手が活躍しています。

 

カブスは4回に出たクリス・ブライアントの1発のみの得点に終わりました。

 

先発したクレイトン・カーショウですが、6回を投げきり、被安打3、奪三振5。

 

その後、前田投手が1回をパーフェクトに、頑張っているブランドン・モローも1回を無得点に、最後はジャンセンがピシャリとパーフェクトに決めました。前田投手をブルペンに持ってきて正解でしたね。

 

ドジャースが11−1という大差でカブスを下し、ワールドシリーズへの進出を決めたというゲームでした。

 

シリーズのMVPには打率.353、2HR、 6RBI、5Walkのジャスティン・ターナーと、打率.316、2HR、5RBIのクリス・テイラーの2人が受賞しました。

 

 

後は、ALCSの結果を待つのみですね。地元の利でアストロズが再び連勝するのか、ポストシーズンの勝ち方を知っているヤンキースがこのまま持っていくのか、楽しみです。

 

グッズの売上としてはドジャースVSヤンキースを喜ぶ人が多いでしょうね。

 

アストロズは打線を機能すればブルペンをカバーできますが、打線が抑えられると、ブルペンの力量ではヤンキースでないかと考えております。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました