スポンサーリンク

【MLB2018】メッツが9連勝!/ ゲリット・コールが14K

メッツ

NYM 9 連勝

未だ2敗しかしていないレッドソックスのスタート・ダッシュもすごいのですが、もっとすごいのがナ・リーグ東地区のメッツ。

現地2018年4月13日のブルワーズ戦を終えて、なんと11勝1敗。まだ1敗しかしていません!

13日のゲームでは先発のスティーブン・マッツが中盤に崩れたのですが、トッド・フレイジャーの2発やエイドリアン・ゴンザレスの犠牲フライなど、今季の加入組が機能し、粘るブルワーズを退けました。

ブルワーズの右腕、ザック・デイビーズから白星を上げたという点も強さを感じます。

そして、セスペデスにこんないいプレーも!ヒット・エンド・ランを内野手のように阻止しました!

1点差、2点差で競り勝つというゲームが12試合中7試合もあるんですね。

チームのスタッツを見ると(現地2018年4月13日段階)、ERAが2.59でNL1位。両リーグ合わせてもアストロズの2.53に次ぐ2位。

デグロム➙シンダーガード➙ハービー➙マッツ➙ウィーラーとローテーションがとにかくしっかりしていてゲームを作っています。

シンダーガードは指の怪我がちょっと心配ですが、ウィーラーが5人目で復活しているのが大きいですね。クローザーはファミリアですから、安定しています。

さらに、打の方では、名手のアズドルバル・カブレラが打率.333と好調です。エイドリアン・ゴンザレス、フアン・ラガーレスも好調です。

競り合いを制しているという点においても、当分続きそうです。

G・コールが14K

この日、投手ですごかったのがアストロズのゲリット・コール。ローンスターシリーズのレンジャーズ戦に登板。7回を投げ、HRを2発浴びはしましたが、2失点に抑え、奪三振が14。

これはゲリット・コールのキャリア・ハイです。

また、開幕から3試合で36K(11K、11K、14K)を上げているのですが、1999年のDバックスのランディー・ジョンソンの34Kを超えました。

さらに、ミニッツメイド・パークでの14Kは2010年のバド・ノリスとタイです。

前回のパドレス戦では7回無失点ながら0−1で敗戦し、勝ちがつかなかったので、今季2勝目。いずれもレンジャーズ相手です。

日本人選手

大谷選手はロイヤルズ戦に7番DHで登場。1つ打順が上がりました。この日は4打数2安打。また内容がいいんです。

カブスのダルビッシュ投手はブレーブス戦に登板。アニバル・サンチェスとの投げ合いになりました。5回途中で被安打9、失点4でマウンドを下り、カブスも0−4で敗戦しました。

イチロー選手は先発出場したものの、3−0で終わりました。

Dバックスはまたしてもドジャースに勝利(8−7)。平野投手の登板はありませんでした。

牧田投手はジャイアンツ戦の8回に、5−1とリードした状況で登板。打者3人に被安打2、奪三振1でマウンドを下りました。スコアはそのままでパドレスが勝利です。

大谷投手は14日は登板前日なので、出場はないと思われます。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

ハーラー・トップのアーロン・シバーリが右指負傷でILへ。インディアンス、スターターが全滅
【MLBプロスペクト】ワンダー・フランコ、ついにメジャーデビュー
【MLB強粘着剤】マックス・シャーザー、セルジオ・ロモがフィールドでベルトを外す
【MLB】ダルビッシュ投手、歴代最速で1500Kに到達!
【MLB2021】強粘着剤の使用チェックの初日の模様
【MLB】大谷選手、23号HR!プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれる!ナ・リーグはカイル・シュワーバー!
【MLB】エンゼルス、3連勝!大谷選手が22号HR! OPSは.998に
【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、HRダービー出場表明直後に1試合2発!20号、21号!(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、6回1失点で3勝目!デビュー戦となったマット・マニングも好投
【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】強粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり2)
【MLBボール】投球時の強粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
タイトルとURLをコピーしました