スポンサーリンク

大谷選手が「品がいい」と評したJ・バーランダーのスピンレート

バーランダーのスピンレート

大谷選手の特集が放送されました。

2018年11月4日(日) の放送で、もう再放送も終わってしまいましたが、好評だったと思うので、推測ではありますが、年末年始にやるかもしれません!?BSまで網を広げればもう少しチャンスは広がるかも・・・。

メジャーリーガー 大谷翔平自ら語る 挑戦の1年
NHKスペシャルの番組公式サイトです。

バーランダーとの初対戦

番組ではスプリング・トレーニングで結果が出ない時に、イチロー選手にアドバイスをもらったことが紹介されておりました。その際に、助言は自らが求めたものなので、「提案されたテレビ電話は失礼だから」と直接会いに行ったという大谷選手らしい可愛らしい一面ものぞかせてくれました。

それにしても球場飯は美味しそうでしたね。ところで選手って何時に食事摂るんでしょう??これも調べた上で記事にしたいと思います。私、アマチュアに知り合いはいても、プロに知り合いがいないんですよね。

初対戦

その中で”打者”大谷選手が初めてバーランダーと対戦した時のことが紹介されていました。2018年5月16日にエンゼル・スタジアムで行われた時のエピソードです。

この日はスコア2−0でアストロズが勝利し、バーランダーが被安打5のシャットアウト勝利を上げた日でした。2番DHでスタメン出場した大谷選手は4打数0安打、3三振と歯が立ちませんでした。

課題発見

MLBでプレーしてからデータ活用の重要性を意識し始めたという大谷選手は、バーランダーと対戦後、データ以上に何かが必要ということを痛感した瞬間だったと言います。これ以上は見てない方のために伏せておきますが、とにかく回転のかかった「品のいい」ファストボールに驚いたと言います。

リベンジ

その後、プレーヤーズ・ウィークエンドが行われた8月25日のゲームで大谷選手はバーランダーからHRを放つのですが、その間のマメでの降板、右肘の手術の診断などメジャー1年めに起こった岐路に対して本人のコメントなど非常に興味深い内容だったと思います。まあ、そんなに深掘りはしてなかったとは思うのですが(笑)。

バーランダーのスピンレート

番組でも紹介されていたバーランダーのスピンレート。2018シーズンのスタットキャストの動画だと、2つしか上がっていなかったのですが、そちらをご覧いただきたいと思います。

9Kを上げた日の計測結果

まず、2018年4月25日のエンゼルス戦。4勝目を上げ、9Kを奪った時の計測です。

この時のレートが、以下の数字が出ておりました。

MLBの4シームの平均スピンレートが2,262 rpmに対して、以下のスピンレートです。

  • 95.7 mph →2,806 rpm
  • 96.4 mph→2,771 rpm

本当は14Kを上げた5月1日のヤンキース戦のスピンレートを見てもらいたかったのですが、この時の動画は残ってはいても、スタットキャストの動画がなかったんです。残念。

11Kを上げた日の計測結果

その代わりにいい計測を残してくれた動画がこちら↓です。

2018年9月16日のDバックス戦。被安打3、11Kで16勝目を上げた日の動画です。

MLBの投手の4シームの平均スピンレートが2,262 rpm、カーブの平均スピンレートが2,491 rpmに対して以下の数字です。

  • 4シーム:95.5 mph→2,665 rpm
  • カーブ:78.2 mph→3,068 rpm
  • 4シーム:95.1 mph→2,578 rpm
  • カーブ:81.3 mph→3,006 rpm

バーランダーの場合、4シームは常時2,600rpmほど、カーブは3,000rpmほど計測されると。4シームで平均より約20%プラス、カーブで約25%プラスですね。

バーランダーの2018成績

今季の成績は16勝9敗、214.0イニング、ERA 2.52の成績をあげたバーランダー。サイ・ヤング賞のファイナリストにも選出されております。今季は21勝を上げたブレイク・スネルがおりますから受賞は厳しいかもしれませんが、どれだけ投票が集まるかも注目です。

これから野球中継を見る時は、糸を引くようにミットに吸い込まれていく場合、2,500rpm超えと思ってみるのも楽しいかもわかりません。

マイケル・コペックの場合

ちょうどマイケル・コペックの動画も見つかりました。これも糸を引くように見えるボールですが、やはり球速は95mphを超えてきますね。

スピンレートは98.3 mph→ 2,574 rpm 、96.4 mph→ 2591 rpm、97.5 mph→2684 rpm で、もはやバーランダー並みです。

https://twitter.com/statcast/status/1032083663452860421

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました