スポンサーリンク

【MLB2017】レギュラーシーズン終了!ドジャースが104勝!

ドジャース

現地時間2017年10月1日、2017レギュラーシーズンが終了しました!

 

今季は珍しい年です。100勝以上上げたチームが3チームもありました。

 

ア・リーグ中地区優勝のインディアンスの102勝、ア・リーグ西地区優勝のアストロズの101勝、そしてナ・リーグ西地区優勝のドジャースの104勝です。

 

ドジャースは当初は118勝くらい行きそうと見込まれていましたが、8月後半の5連敗、9月前半の11連敗がブレーキとなり、104勝止まりとなりました。

 

【ドジャース2017月別勝敗】

4月 14勝12敗

5月 19勝9敗

6月 21勝7敗

7月 20勝3敗

8月 17勝10敗

9月 12勝17敗

10月 1勝0敗

 

8月の17勝10敗、貯金7でもすごいことですが、5月、6月、7月と負け数が一桁で収まっていたという、ちょっと驚きの数字が出ていますね。

 

2016シーズンにコーリー・シーガーという向こう10年くらい不動となりそうなSSのルーキーが出てきましたが、今季のルーキーはそれに輪をかけてすごかったですね。

 

コーディー・ベリンジャー、22才、外野手と1B。4月後半にメジャー・デビューして以来、132試合に出場、480打数、126安打、HRが39本です!

 

 

この人が出てきたことでドジャースの選手層の厚みがさらに増しました。

 

ドジャースは本当にMLBを代表する若手が出てきています。

 

2013年デビューのヤジエル・プイーグの活躍にも驚かされましたが、2015年にはジョク・ピダーソンが活躍、2016年のコーリー・シーガー、そして今季のコーディー・ベリンジャーです。

 

本当にタレントの集まりですね!

 

ドジャースと言えば、カーショウを始めとする先発ローテーションがどうしても目立ってしまいますが、今季は後ろのケンリ−・ジャンセンの活躍が大きかったと思います。65試合に登板、41セーブ。

 

今季は凄みが違いましたね!

 

 

シーズン終盤に勢いを取り戻してきたドジャース。ポストシーズンにもいい感じで入れそうです。

 

勝率1位なので、Dバックスとロッキーズとの対戦となるワイルドカード勝ち上がりチームと地区シリーズを争います!

 

 

楽しみです!

コメント

NEW

【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
タイトルとURLをコピーしました