スポンサーリンク

【MLB2017】レギュラーシーズン終了!ドジャースが104勝!

ドジャース

現地時間2017年10月1日、2017レギュラーシーズンが終了しました!

 

今季は珍しい年です。100勝以上上げたチームが3チームもありました。

 

ア・リーグ中地区優勝のインディアンスの102勝、ア・リーグ西地区優勝のアストロズの101勝、そしてナ・リーグ西地区優勝のドジャースの104勝です。

 

ドジャースは当初は118勝くらい行きそうと見込まれていましたが、8月後半の5連敗、9月前半の11連敗がブレーキとなり、104勝止まりとなりました。

 

【ドジャース2017月別勝敗】

4月 14勝12敗

5月 19勝9敗

6月 21勝7敗

7月 20勝3敗

8月 17勝10敗

9月 12勝17敗

10月 1勝0敗

 

8月の17勝10敗、貯金7でもすごいことですが、5月、6月、7月と負け数が一桁で収まっていたという、ちょっと驚きの数字が出ていますね。

 

2016シーズンにコーリー・シーガーという向こう10年くらい不動となりそうなSSのルーキーが出てきましたが、今季のルーキーはそれに輪をかけてすごかったですね。

 

コーディー・ベリンジャー、22才、外野手と1B。4月後半にメジャー・デビューして以来、132試合に出場、480打数、126安打、HRが39本です!

 

 

この人が出てきたことでドジャースの選手層の厚みがさらに増しました。

 

ドジャースは本当にMLBを代表する若手が出てきています。

 

2013年デビューのヤジエル・プイーグの活躍にも驚かされましたが、2015年にはジョク・ピダーソンが活躍、2016年のコーリー・シーガー、そして今季のコーディー・ベリンジャーです。

 

本当にタレントの集まりですね!

 

ドジャースと言えば、カーショウを始めとする先発ローテーションがどうしても目立ってしまいますが、今季は後ろのケンリ−・ジャンセンの活躍が大きかったと思います。65試合に登板、41セーブ。

 

今季は凄みが違いましたね!

 

 

シーズン終盤に勢いを取り戻してきたドジャース。ポストシーズンにもいい感じで入れそうです。

 

勝率1位なので、Dバックスとロッキーズとの対戦となるワイルドカード勝ち上がりチームと地区シリーズを争います!

 

 

楽しみです!

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました