【MLB移籍2018】Z・デューク、J・ヒューズが合意!CIN・ハミルトンはSFGに??

左右二人のリリーバーの契約合意

現地2017年12月26日、2人のリリーバーの移籍のニュースが入ってきました。

ザック・デュークがMIN

まず、カージナルスからFAの左腕のザック・デュークZach Duke) がツインズと1年契約で合意です。

ザック・デュークは2018シーズン途中で35才を迎えるベテラン・リリーバー。打ちにくい投手で、70試合から80試合に登板できる頼れるリリーバーでもあります。

しかし、2016シーズンにトミー・ジョン手術。その回復が心配されますが、なんと2017年にはもうマウンドに上がっており、27試合に登板しています。

ワンポイントで使えますし、ツインズはいい投手をゲットしました。ちなみにツインズは今月はじめにこっそりとフェルナンド・ロドニーをゲットしており、ゲーム後半のプランを着々と固めております。

ジャレッド・ヒューズがCIN

また、レッズはブルワーズからジャレッド・ヒューズJared Hughes )を獲得。2017シーズン、ERA4.65だったリリーバー陣の立て直しに着手しました。

契約は2年で212万5千ドル。

ヒューズは右腕のリリーバーでクロスファイヤー気味の角度から右バッターの外角をつく投球を得意としています。95マイルほどのスピードが出て打ちにくそうです。スライダーもいいです。年間70試合前後の登板を見込めるのは大きいですね。2017年のERAは3.02。

12月はじめにブルワーズから調停になると年俸が上昇してしまうので(2017年は69万ドル強でした)、契約しないというノンテンダードFAとなっていました。

6年のFAとは違い、球団側からテンダー(つまり、契約しましょうかという誘いのようなものを)しないということでFAとなっていました。これはほぼ解雇を意味するDFAとはまた少しニュアンスが違うんですね。ブルワーズは年俸を上げたくなかったといってしまえばそれまでですが、実質そういうことですね。

ヒューズにとってはパイレーツ時代の2016年の217万5千ドルと同じレベルに乗せましたので、よかったですね。レッズ、これで少しは後半の接戦に持ちこたえてほしいですね。

ビリー・ハミルトンの噂

かなり広がっている噂ですが、ジャイアンツがレッズのCFでメジャー1、2を競う韋駄天のビリー・ハミルトンと契約しそうです。

ひょっとしたら、年内に結論が出るかもしれません!!

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク