スポンサーリンク

【MLB移籍 2018】ロッキーズがクローザーのウェイド・デービスと3年で合意!

年の瀬ですが、大きなディールが決まりました。

現地2017年12月29日、コロラド・ロッキーズはカブスからFAのウェイド・デービス(Wade Davis)と3年5,200万ドルで合意しました。

3年 5,200万ドルの内訳

5,200万ドルの内訳は、以下です。

  1. 2018シーズンは1,600万ドル
  2. 2019シーズンは1,800万ドル
  3. 2020シーズンは1,700万ドル

さらに、VESTING OPTION(パファーマンスにより与えられる次年度の契約と思っていただいていいです。この場合、4年めとなった場合の年俸)で1,500万ドル、これが達成されなくてBUYOUT(契約解除)となった場合でも100万ドル支払われるという契約です。

かなりいい内容ですね。

ウェイド・デービスとは?

ウェイド・デービスは2018年の9月に33才になる右腕。

ロイヤルズWS制覇の立役者の1人

もうロイヤルズ時代の活躍は言うまでもありませんね。2014年、2015年の活躍は本当に素晴らしかったです。グレッグ・ホランドが2015シーズンにトミー・ジョン手術で離脱したあとはクローザーとして十二分に機能しました。

セットアッパーとしての登板が多かったので、なかなか数字でその凄さは伝わりませんが、ERAの低さを見ればその凄さがわかるかもしれません。

2015シーズンに至ってはリリーフで69試合に登板し、67.1イニングを投げてERAが0.94です。もう彼がゲーム後半に出れば絶対に打たれないというくらいのレベルの数字です。

ウェイド・デービスのキャリアスタッツ

YearAgeTmWLERAGSVIPSO9
200923TBR223.726036.18.9
201024TBR12104.07290168.06.1
201125TBR11104.45290184.05.1
201226TBR302.4354070.111.1
201327KCR8115.32310135.17.6
201428KCR921.0071372.013.6
201529KCR810.94691767.110.4
201630KCR211.87452743.19.8
201731CHC422.30593258.212.1
Wade Davis through 2017

オールスターには3度出場。

ロッキーズに決まるまで

レイズ

もともとはレイズの選手で、2004年アマチュア・ドラフト3巡目。

2012年オフにジェームズ・シールズがレイズからロイヤルズに移籍した際に一緒についていったのがウェイド・デービスでした。

ロイヤルズへ

この時、ロイヤルズからレイズへ移籍したのは、現カブスの左腕マイク・モンゴメリー、現パドレスのウィル・メイヤーズなど。今思えば、このときのトレードは後に活躍する選手ばかりでしたね。

そして、2016年オフにカブスに移籍し、2017年オフはFAとなっていました。カブスに移籍時は豪快なスイングのホルへ・ソレアーとのトレード。

カブス時代

2017年、カブスでは59試合に登板し、32セーブ。

ロッキーズの事情

グレッグ・ホランド

ロッキーズの事情ですが、今季41セーブを上げたグレッグ・ホランド(Greg Holland)がFAでチームを去ることが決定的でしたから、適任者を探していました。これが背景ですね。

ウェイド・デービスは2014年からのリリーフでの登板過多が気になるところですが、ロッキーズはこれでゲーム後半のプランが完成!

ブライアン・ショー

2017年12月にインディアンスからブライアン・ショー(Bryan Shaw)も獲得しましたし、豪腕左腕のジェイク・マギー(Jake McGee)との再契約も済ませています。左右のいいセットアッパーのあとにウェイド・デービスで最後を締めるというプランになりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました