スポンサーリンク

【MLB2022】フィリーズ、終盤に4点差をひっくり返す逆転勝利!A・ボームの放った言葉とは?

NLイーストのライバル対決

 現地2022年4月11日、メッツ@フィリーズのナ・リーグ東地区のライバル対決の3連戦がスタート。

 そのGame1では色々なことが起こりましたので、記しておきたいと思います。

レンジャー・スアレスがシーズン・デビュー

 フィリーズの先発は左腕のレンジャー・スアレス。2021年は素晴らしいシーズンで、シーズン開始当初はリリーフ。7月終わりまでに27試合に登板し、ERAはたったの1.12。あまりに出来が良かったため8月からはスターターに転向。スターターとして12試合に投げ、3勝2敗。その3勝のうちの1つが、2021年9月25日のマーリンズ戦でのシャットアウト勝利。リリーフの成績も含めたシーズンを通しての成績は、8勝5敗、4セーブ、ERAは1.36でした。

Ranger Suarez 2022 Pitching Game Logs | Baseball-Reference.com
Ranger Suarez Every game played with complete stats, links to box scores and automated row summing for 2022

 そのレンジャー・スアレスは、スプリングトレーニングにはビザ・イシューで出遅れ、開幕前日まで調整登板をしていて、この日、ようやくシーズン・デビューとなりました。

 一方のメッツはタイワン・ウォーカー。彼も今季が初登板となります。2021年は30試合、159.0イニングに登板するも、メッツの低迷もあり、7勝11敗と数字がついてきませんでした。ERAは4.47。

 その両先発の立ち上がりは、なかなかトラブル含みでした。

アレク・ボームがエラー3つ

 波乱含みとなった理由はまずはフィリーズの守備。3Bのアレク・ボームが1、2,3回と立て続けに3つのエラーを犯してしまいます。いずれもスローイング・エラー。

 1つ目は1回表、ノーアウトランナー1塁で、スターリン・マルテの放った投手への強いゴロをレンジャー・スアレスが弾き、それをカバーしたアレク・ボームが1塁への送球を試みたものの、暴投に。これでノーアウト、ランナー2、3塁となり、ピンチを拡げてしまいました。無理な体勢でのスローイングでしたので、投げないという判断をしてもらいたかったところです。

 これにより、メッツはエドゥアルド・エスコバー、マーク・カナのタイムリーなどで3点を先制します。

 2つ目は、2回表。先頭のジェームズ・マッキャンの3Bゴロを1塁へスローイング。これが高く浮いてしまい、またしても暴投に。

 そして、3つ目は3回表。先頭のアロンソの3Bゴロを1塁へスローイングするも、今度はホーム側に逸れてしまいセーフに。

 このようなトラブルがあり、レンジャー・スアレスは2.2イニングのショート・イニングで降板ということに。もっとも、調整期間が短かったため、当初より長いイニングは予定していなかったかもしれません。

タイワン・ウォーカーは右肩痛で降板

 立ち上がりの2イニングを被安打0,無失点、無四球、奪三振4と最高のスタートを切ったタイワン・ウォーカーでしたが、2回終了後に右肩痛を発症。ゲームから退場しました。素晴らしい立ち上がりだっただけに、非常に残念な降板に。

ともに2番手が好投

 このゲームが締まったのはともに2番手が機能したため。

 レンジャー・スアレスの後を任されたニック・ネルソンは2021年11月にトレードでヤンキースから入ってきた投手。

 タイワン・ウォーカーの後を任されたのは、左腕のデービッド・ピーターソンで、2017年のメッツの1巡目指名です。

 ニック・ネルソンは3回2アウトから7回2アウトまでの4.0イニングを被安打1、失点1。

 デービッド・ピーターソンは、3回から6回までの4.0イニングを被安打3、スコアレス、奪三振3。

 8回表を終えて、メッツが4−0とリードでこのまま逃げ切るかと思われました。

フィリーズが8回に一挙5点を奪い、逆転

 8回裏、メッツのマウンドは7回からゲームインしたトレバー・メイ。フィリーズは先頭のアレク・ボームが四球で歩き、ノーアウト・ランナー1塁。ここでメッツはジョーリー・ロドリゲスにスイッチ。

 フィリーズはヨハン・カマーゴがRFへシングルを放ち、チャンス拡大。カイル・シュワーバーの内野ゴロの間にまずは1点を返し、1-4。

 メッツは1アウトを奪った後、セス・ルーゴを投入。

 しかし、J.T.リアルミュートがLFへ豪快な2ランHRを放ち、スコアは4-3の1点差に。さらに、リース・ホスキンス、ディディ・グレゴリアスが連続2塁打を放ち、5-4と逆転に成功。

 9回表、フィリーズは新加入のブランド・ハンドをマウンドに送り、ハンドは期待に応えて、3者凡退に。フィリーズが負けゲームを一気にひっくり返してという非常にスリリングな展開のゲームでした。

New York Mets at Philadelphia Phillies Box Score, April 11, 2022 | Baseball-Reference.com
Philadelphia Phillies beat New York Mets (5-4). Apr 11, 2022, Attendance: 22317, Time of Game: 3:05. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

アレク・ボームの独り言

 序盤に3つのエラーをしてしまったアレク・ボーム。2回表に2つ目のエラーを犯したとき、Fワードの入った言葉を発したのをカメラにぬかれてしまいます。

 「まったくこの場所は嫌いだ」というような言葉を吐いたのですが、これにフィラデルフィアの地をなじったりするような大きな意味はありません。

 そもそも高いプライドを持った若いエリート野手が、この時点で2度もスローイング・エラーをしてしまったがゆえに、引っ込みがつかなくなり、ちょっと強気に出ようとしてふと吐いた言葉だと筆者は思っています。少しだけですが、責任転嫁する要素を感じところもあるのですが、大きな意味などないと思います。

 3回目はもうイップスになりそうなくらいに追い込まれた感もありましたが、5回には二塁打を放ち、しっかりと仕事も果たしています。

ハーパーが右肘を押さえる

 7回表にメッツのフランシスコ・リンドーアが4点目となるタイムリーをRF前に放ち、ハーパーがホームにスローイング。

 この後、ハーパーは右肘を押さえる仕草を見せました。これが大事に至らなければというところです。確かにこの時のスローイングは腕に負担のかかるような投げ方でした。

 まずはフィリーズが初戦を取ったというライバル対決でした。Game2以降も楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました