スポンサーリンク

【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利

アレナド、自身2度目のサイクル

 現地2022年7月1日、レギュラー・シーズンも後半3ヶ月に突入しました。

 フィラデルフィアではカージナルスとフィリーズが対戦。フィラデルフィアでのこのカードはポストシーズンで相見えない限り、これが最後の3連戦(セントルイスでは対戦があります)。ということで、フィリーズは今季で引退を表明しているアルバート・プホルズに敬意を表し、ゲーム前にセレモニーを行いました。こういうのはいいですね。

 そんないい雰囲気で始まったこのゲームですが、素晴らしい記録が生まれました。カージナルスのノーラン・アレナドがサイクル安打を達成しています。これは自身2度め。

第1打席でトリプル

 ノーラン・アレナドは、4番3Bで出場。フィリーズの先発は左腕のベイリー・フォルター(Bailey Falter)。

 第1打席は1回表に回ってきました。3番のポール・ゴールドシュミットが2アウトからシングルで出塁。アレナドは3球目の甘い4シームをCFへ弾き返し、あわやHRかというフェンス直撃の大きな当たりを放ちます。転がったコースもよくアレナドは三塁を陥れ、三塁打でまずは1本目。もちろん1RBIです。

 第2打席は3回表。やはり2アウトからポール・ゴールドシュミットが出塁。二塁打でした。つづくアレナドはフォルターの甘いコースへのスライダーをLF経弾き返し、2ランHR。

 カージナルスは3−0とリードを広げます。

 第3打席は6回表に。この時点で3−3のタイスコアになっていますが、詳細は後述します。イニングの先頭打者となったアレナドは、5回から登板している右腕のニック・ネルソンと激しい火花を散らします。ネルソンはアウトコースの出し入れで素晴らしいコントロールを見せていたのですが、7球目のスライダーが甘くなってしまい、これをアレナドが見逃さず、LFへ二塁打。これでアレナドはサイクルへ王手をかけました。

ベアリングの大暴投

 サイクルへ王手をかけたアレナドの第4打席は8回表、1アウト後に回ってきました。ピッチャーはセランソニー・ドミンゲス。

 2球で追い込まれたアレナドでしたが、4球目の99.4mphのシンカーをサードに強い当たりを放ちます。これを3Bのマット・ベアリングがグラブに当て、うまく送球体制に入ったものの、「こんな豪快な暴投ある??」というくらいに1Bへ豪快にスローイング・エラー。

 なお、そもそも打球が強く、グラブを弾いたことから、この当たりはシングルと認定され、アレナドは見事にサイクル安打を達成しました。

今季5人目

 なお、アレナドのサイクル安打は今季5人目の達成です。2010年代からになりますが、歴代のサイクル安打達成者一覧です。ノーラン・アレナドは2017年に1度目のサイクルを達成しています。

歴代NO名前NameTeamM-D-Year
339ノーラン・アレナドNolan ArenadoSTL07-01-2022
338オースティン・ヘイズAustin HaysBAL06-22-2022
337ジャレッド・ウォルシュJared WalshLAA06-11-2-22
336エドゥアルド・エスコバーEduardo EscoberNYM06-06-2022
335クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL05-11-2022
334エディー・ロザリオEddie RosarioATL09-19-2021
333フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL08-18-2021
332ジェイク・クロネンワースJake CronenworthSDP07-16-2021
331トレイ・ターナーTrea TurnerWSH06-30-2021
330キャバン・ビジオCavan BiggioTOR09-17-2019
329ジョナサン・ビヤーJonathan VillarBAL08-05-2019
328トレイ・ターナーTrea TurnerWSH07-23-2019
327ジェイク・バウアーズJake BauersCLE06-14-2019
326大谷翔平Shohei OhtaniLAA06-13-2019
325ホルヘ・ポランコJorge PolancoMIN04-05-2019
324ブロック・ホルトBrock HoltBOS10-08-2018
323チャーリー・ブロックモンCharlie BlackmonCOL09-30-2018
322クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL09-17-2018
321クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL08-29-2018
320ムーキー・ベッツMookie BettsBOS08-09-2018
319ホセ・アブレイユJose AbreuCWS09-09-2017
318エバン・ロンゴリアEvan LongoriaTBR08-01-2017
317コディー・ベリンジャーCody BellingerLAD07-15-2017
316ノーラン・アレナドNolan ArenadoCOL06-18-2017
315カルロス・ゴメスCarlos GomezTEX04-29-2017
314トレイ・ターナーTrea TurnerWSH04-25-2017
313ウィル・マイヤーズWil MyersSDP04-10-2017
312ジョン・ジェイソJohn JasoPIT09-28-2016
311ラージャイ・デービスRajai DavisCLE07-02-2016
310フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL06-15-2016
309マット・ケンプMatt KempSDP08-14-2015
308エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-03-2015
307チェ・シンスShin-Soo ChooTEX07-21-2015
306ブロック・ホルトBrock HoltBOS06-16-2015
305マイケル・カダイヤーMichael CuddyerCOL08-17-2014
304アレックス・リオスAlex RiosTEX09-23-2013
303ブランドン・バーンズBrandon BarnesHOU07-19-2013
302マイク・トラウトMike TroutLAA05-21-2013
301エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-24-2012
300アーロン・ヒルAaron HillARI06-29-2012
299アーロン・ヒルAaron HillARI06-18-2012
298スコット・ヘアストンScott HairstonNYM04-27-2012
297パブロ・サンドバルPablo SandovalSFG09-15-2011
296ジョージ・コターレスGeorge KottarasMIL09-03-2011
295カルロス・ゴンザレスCarlos GonzalezCOL07-31-2010
294ケリー・ジョンソンKelly JohnsonARI07-23-2010
293ベンジー・モリーナBengie MolinaTEX07-16-2010
292ジョディ・ゲラットJody GerutMIL05-08-2010

フィリーズ、先制されるも逆転

 ハーパーを指(死球で)の手術で欠いているフィリーズですが、6月のキング、カイル・シュワーバーが好調を維持。この日は第1打席でのシングルのほか、マルチ安打を達成。

 5回裏、フィリーズはミッキー・モニアックのタイムリーダブルなどで3点を上げ、タイスコアに。このとき、2点目の内野ゴロを放ったのはシュワーバーで、ノーアウト2、3塁からきっちりと2Bゴロを放ち、1点を上げつつも2塁ランナーの進塁を助けました。ヒットにはなりませんでしたが、いい打席だったと思います。

ホスキンスも乗ってきた!

フィリーズは6回裏にはダリック・ホールがソロHRを放ち、4-3と勝ち越しに成功。

 そして7回裏にはリース・ホスキンスにも一発が出て、5-3とリードを拡大。

 リース・ホスキンスは直近30日で、打率.318、OBP .426、SLG .654、HR9、RBI 18と乗ってきています。シュワーバー、カステヤーノスとともにホスキンスも機能してきているので、いい戦いが出来ていますね。

 最後はブラッド・ハンドが1イニングを無失点に抑え、ゲームセット。

 フィリーズはローテーションの谷間のような日でしたが、ものにしました。このまま乗って行って欲しいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました