スポンサーリンク

【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利

アレナド、自身2度目のサイクル

 現地2022年7月1日、レギュラー・シーズンも後半3ヶ月に突入しました。

 フィラデルフィアではカージナルスとフィリーズが対戦。フィラデルフィアでのこのカードはポストシーズンで相見えない限り、これが最後の3連戦(セントルイスでは対戦があります)。ということで、フィリーズは今季で引退を表明しているアルバート・プホルズに敬意を表し、ゲーム前にセレモニーを行いました。こういうのはいいですね。

 そんないい雰囲気で始まったこのゲームですが、素晴らしい記録が生まれました。カージナルスのノーラン・アレナドがサイクル安打を達成しています。これは自身2度め。

第1打席でトリプル

 ノーラン・アレナドは、4番3Bで出場。フィリーズの先発は左腕のベイリー・フォルター(Bailey Falter)。

 第1打席は1回表に回ってきました。3番のポール・ゴールドシュミットが2アウトからシングルで出塁。アレナドは3球目の甘い4シームをCFへ弾き返し、あわやHRかというフェンス直撃の大きな当たりを放ちます。転がったコースもよくアレナドは三塁を陥れ、三塁打でまずは1本目。もちろん1RBIです。

 第2打席は3回表。やはり2アウトからポール・ゴールドシュミットが出塁。二塁打でした。つづくアレナドはフォルターの甘いコースへのスライダーをLF経弾き返し、2ランHR。

 カージナルスは3−0とリードを広げます。

 第3打席は6回表に。この時点で3−3のタイスコアになっていますが、詳細は後述します。イニングの先頭打者となったアレナドは、5回から登板している右腕のニック・ネルソンと激しい火花を散らします。ネルソンはアウトコースの出し入れで素晴らしいコントロールを見せていたのですが、7球目のスライダーが甘くなってしまい、これをアレナドが見逃さず、LFへ二塁打。これでアレナドはサイクルへ王手をかけました。

ベアリングの大暴投

 サイクルへ王手をかけたアレナドの第4打席は8回表、1アウト後に回ってきました。ピッチャーはセランソニー・ドミンゲス。

 2球で追い込まれたアレナドでしたが、4球目の99.4mphのシンカーをサードに強い当たりを放ちます。これを3Bのマット・ベアリングがグラブに当て、うまく送球体制に入ったものの、「こんな豪快な暴投ある??」というくらいに1Bへ豪快にスローイング・エラー。

 なお、そもそも打球が強く、グラブを弾いたことから、この当たりはシングルと認定され、アレナドは見事にサイクル安打を達成しました。

今季5人目

 なお、アレナドのサイクル安打は今季5人目の達成です。2010年代からになりますが、歴代のサイクル安打達成者一覧です。ノーラン・アレナドは2017年に1度目のサイクルを達成しています。

歴代NO名前NameTeamM-D-Year
339ノーラン・アレナドNolan ArenadoSTL07-01-2022
338オースティン・ヘイズAustin HaysBAL06-22-2022
337ジャレッド・ウォルシュJared WalshLAA06-11-2-22
336エドゥアルド・エスコバーEduardo EscoberNYM06-06-2022
335クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL05-11-2022
334エディー・ロザリオEddie RosarioATL09-19-2021
333フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL08-18-2021
332ジェイク・クロネンワースJake CronenworthSDP07-16-2021
331トレイ・ターナーTrea TurnerWSH06-30-2021
330キャバン・ビジオCavan BiggioTOR09-17-2019
329ジョナサン・ビヤーJonathan VillarBAL08-05-2019
328トレイ・ターナーTrea TurnerWSH07-23-2019
327ジェイク・バウアーズJake BauersCLE06-14-2019
326大谷翔平Shohei OhtaniLAA06-13-2019
325ホルヘ・ポランコJorge PolancoMIN04-05-2019
324ブロック・ホルトBrock HoltBOS10-08-2018
323チャーリー・ブロックモンCharlie BlackmonCOL09-30-2018
322クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL09-17-2018
321クリスチャン・イェリッチChristian YelichMIL08-29-2018
320ムーキー・ベッツMookie BettsBOS08-09-2018
319ホセ・アブレイユJose AbreuCWS09-09-2017
318エバン・ロンゴリアEvan LongoriaTBR08-01-2017
317コディー・ベリンジャーCody BellingerLAD07-15-2017
316ノーラン・アレナドNolan ArenadoCOL06-18-2017
315カルロス・ゴメスCarlos GomezTEX04-29-2017
314トレイ・ターナーTrea TurnerWSH04-25-2017
313ウィル・マイヤーズWil MyersSDP04-10-2017
312ジョン・ジェイソJohn JasoPIT09-28-2016
311ラージャイ・デービスRajai DavisCLE07-02-2016
310フレディー・フリーマンFreddie FreemanATL06-15-2016
309マット・ケンプMatt KempSDP08-14-2015
308エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-03-2015
307チェ・シンスShin-Soo ChooTEX07-21-2015
306ブロック・ホルトBrock HoltBOS06-16-2015
305マイケル・カダイヤーMichael CuddyerCOL08-17-2014
304アレックス・リオスAlex RiosTEX09-23-2013
303ブランドン・バーンズBrandon BarnesHOU07-19-2013
302マイク・トラウトMike TroutLAA05-21-2013
301エイドリアン・ベルトレAdrian BeltreTEX08-24-2012
300アーロン・ヒルAaron HillARI06-29-2012
299アーロン・ヒルAaron HillARI06-18-2012
298スコット・ヘアストンScott HairstonNYM04-27-2012
297パブロ・サンドバルPablo SandovalSFG09-15-2011
296ジョージ・コターレスGeorge KottarasMIL09-03-2011
295カルロス・ゴンザレスCarlos GonzalezCOL07-31-2010
294ケリー・ジョンソンKelly JohnsonARI07-23-2010
293ベンジー・モリーナBengie MolinaTEX07-16-2010
292ジョディ・ゲラットJody GerutMIL05-08-2010

フィリーズ、先制されるも逆転

 ハーパーを指(死球で)の手術で欠いているフィリーズですが、6月のキング、カイル・シュワーバーが好調を維持。この日は第1打席でのシングルのほか、マルチ安打を達成。

 5回裏、フィリーズはミッキー・モニアックのタイムリーダブルなどで3点を上げ、タイスコアに。このとき、2点目の内野ゴロを放ったのはシュワーバーで、ノーアウト2、3塁からきっちりと2Bゴロを放ち、1点を上げつつも2塁ランナーの進塁を助けました。ヒットにはなりませんでしたが、いい打席だったと思います。

ホスキンスも乗ってきた!

フィリーズは6回裏にはダリック・ホールがソロHRを放ち、4-3と勝ち越しに成功。

 そして7回裏にはリース・ホスキンスにも一発が出て、5-3とリードを拡大。

 リース・ホスキンスは直近30日で、打率.318、OBP .426、SLG .654、HR9、RBI 18と乗ってきています。シュワーバー、カステヤーノスとともにホスキンスも機能してきているので、いい戦いが出来ていますね。

 最後はブラッド・ハンドが1イニングを無失点に抑え、ゲームセット。

 フィリーズはローテーションの谷間のような日でしたが、ものにしました。このまま乗って行って欲しいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました