【MLBアウォード2017】MVPはアルトゥーベとスタントンに

2017レギュラー・シーズンのMVPが発表となり、ア・リーグはアストロズのホセ・アルトゥーベが、ナ・リーグはマーリンズのジャンカルロ・スタントンの受賞となりました。

Congratulations!

2011年にメジャーデビューした当時のホセ・アルトゥーベは、背が小さいけれど、いい動きをする選手という程度の扱いだったと思います。したがって、割りとすぐに消えるんではないかという見方をされていた記憶があります。

しかし、チャンスを掴みましたね!

2年めから147試合に出場。当時は守備の人という見方の割にはエラーも多かったです。しかし、いきなりの167安打。オールスターにも出場しました。

以降の見方は安打製造機。

2014シーズンには225安打を達成。以降は4年連続200安打以上を記録しています。そしてこのシーズンは盗塁を56も決め、タイトルを取っています。

2015年からはHRも量産。それまでは一桁だったHR数を二桁の15本に伸ばしました。2016シーズンからは相手投手の攻め方も変わってくる20本以上をクリアー。

もう打者としてちょっと背が小さいだけで、バッテリーの攻め方は安打数が出るだけ、アーロン・ジャッジなどのHRバッターよりもやっかいな存在になっています。

2017シーズンは153試合、590打数、204安打、HR24、打点81、得点112、盗塁32、出塁率は脅威の.410。いい場面での一発も出て、本当に野手としてすべてを手中にした感があります。

そして、ついにMVPの獲得です。ちょっとしたシンデレラ・ストーリーです。

ちなみに、シーズンで1位を取った項目を上げると、安打数はア・リーグで2014年から4年連続1位を継続、打率は2014、2016、2017年で1位、盗塁は2014年、2015年で2年連続で1位、2Bとしての守備率は2015年に1位(当然、この年ゴールド・グラブ賞も)。

素晴らしすぎますね。

盗塁は減りましたが、その分長打力を取って正解だと思います。打者としての寿命が伸びました。現在27歳です。

ジャンカルロ・スタントンは28才。

今季は59HRというところが評価されました。

HR数は2010年のデビュー以来、22→34→37→24→37→27→27と40HRの壁を超えられなかったのですが、今シーズンはアーロン・ジャッジの存在もあってか、ついに壁を大きく超えました。このきっかけはイチロー選手の影響という話もあります。

ジャンカルロ・スタントンはRFでも評価が高くなっているので、来年以降も楽しみです。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク