スポンサーリンク

【MLBイングリッシュ】英語でエンタイトル・ツーベース

MLBワード

英語でエンタイトル・ツーベースは?

エンタイトル・ツーベース

automatic double

ground-rule double

自動的な二塁打、あるいはグランド・ルール上の二塁打という感じですね。英語って本当にシンプルでわかりやすい表現で感心してしまいます。

そもそもなんで日本語だと”エンタイトル”?

エンタイトル・ツーべ‐スのエンタイトルは、”entitled”です。なつかしい言葉かもしれませんが、過去分詞の形容詞的用法というやつですね。

entitle の意味は、動詞で、「○○に資格・権利を与える」というのが基本的な意味です。

エンタイトル・ツーベースは、もうこれ以上野手が追うことが不可能な場所(スタンド)に入ったことで打者を含む走者に2つの安全進塁権が与えられることを言うのですが、それを英語のルールブック上で、

“the batter shall be entitledto two bases.”

(打者に2つの安全進塁権が与えられる)

と書かれていたことから、エンタイトル・ツーベースと言うようになったという経緯がある、和製英語です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. まとめteみた.【【MLBイングリッシュ】英語でエンタイトル・ツーベースは?】

    前の記事にて、イバニエスの勝ち越し2塁打の動画をご紹介させていただきましたが、

NEW

【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
【NEW CBA】MLBが提案した新サービスタイム(調停/FA)の考えとは?
【MLB2021】大谷選手、100マイル発動で9勝目!
【MLB契約2021】エンゼルス、ホセ・イグレシアスをリリース
【MLB2021】ジャイアンツ、ローガン・ウェブでドジャースと首位タイに
【MLB 2021】ドジャース、4ヶ月をかけ、ついにNLウェスト1位に
タイトルとURLをコピーしました