スポンサーリンク

【MLB用語集】SLGとは??

SLG=Slugging Percentage

こんにちは(^-^)

MLB打者評価の指標、SLGについてです。

SLG = Slugging Percentage

日本語では「長打率」ということになります。

長打率の内訳

すごく簡単に書くとするなら、1打数につき、どれだけの塁打を放っているか?を表す指標。

まず、1打席(PA =Plate Appearance) ではなく、1打数(AB=At Bat)というのがポイントで、四球、デッドボールは含みません。

塁打とは英語だと、Total bases(トータル・ベース)で、ヒットの種類と考えればいいと思います。シングルヒットは、単打(=1塁打)以降、二塁打、三塁打、本塁打。英語だと、シングル、ダブル、トリプル、ホームランですね。

SLGの計算式は??

 長打率の計算式です。

長打率 = 塁打 ÷ 打数

【英語】Slugging Percentage = (1B + 2B x 2 + 3B x 3 + HR x 4 ) / AB

  • 1B + 2B x 2 + 3B x 3 + HR x 4 =TB = Total Bases
    • ちなみにBはBaseのB。ワンベース、ツーベース、スリーベースのB。日本語なら、上記の通り、1塁打、2塁打、三塁打。
  • AB = At Bats ←四球、死球は含みません

たとえば、1920年のベーブ・ルース

 たとえば、1920年、ヤンキースへの移籍1年めのベーブ・ルースの成績を見てみます。

Babe Ruth Stats | Baseball-Reference.com
Career: 714 HR (3rd), .342 BA (13th), 2214 RBI (2nd), OF/P, HOF in 1936, 1923 AL MVP, 2xAllStar, Yankees/RedSox/... 1914-1935, b:L/t:L, 12x HR Leader

【1920年のベーブ・ルースの成績】

  • At Bat = 458
  • Hits = 172
    • シングル: 73
    • ダブル: 36
    • トリプル:9
    • HR : 54  

 まずTotal Bases(塁打)を計算してみると、

  •  (73 × 1) + (36 × 2) + (9 × 3) + (54 × 4) = 388

 打数(At Bat )で割ります。

  • 388/ 458 = 0.847

余談ながら、パーセンテージという言葉を使っていますが、計算からすると、これは加重平均ですね。

1打数当たり、何塁打だ!ということですから。

解釈 

 要は、長打が多ければ多いほど、塁打数が上がる訳ですから、数値が多い高い方が長打力があるとみなされます。シーズン中はあり得ない数字なのですが、指標の増減を見るサンプルとして、1試合のみのSLGを測った場合、仮に4打数4安打のすべてシングルだったなら、4×1/4 = 1.0 。仮に4打数4安打、全てがHRだった場合、4 x 4/ 4= 4.000とこれだけで考えても、長打が多い方が数字が高いというのはおわかりになると思います。もっとも、シーズンで見ればありえない数字ではありますが・・・。

キャリアでは.500後半でも化け物クラス

 目安では通算成績(キャリア)では、.500後半でもうモンスタークラスと考えていいと思います。

【キャリアでのSLGランク】

  1. ベーブ・ルース: .6897
  2. テッド・ウィリアムス: .6338
  3. ルー・ゲーリッグ: .6324  
  • マイク・トラウト: .5831 (12位) 現地2021年9月7日時点
  • ヘンリー・アーロン(ハンク・アーロン): .5545 (23位)

シングルシーズンでは.600後半で相当すごい 

 なお、シングルシーズンで行けば、.600後半で相当すごいと思います。筆者は、なぜか.700を目安に見てしまいますが、これは欲張りすぎです。戒めておきます。

【シングルシーズン SLG ランク】

  1. ジョシュ・ギブソン : .9744 (1937/ 25才)
  2. ミュール・サトルス: .8711 (1926/ 25才)
  3. チャーリー・スミス: .8699 (1929/ 27才)
  • 6位 ベーブ・ルース: .8472 (1920/25才) 上記の例は、歴代6位の成績でした。

 トップ3がかなり昔の選手なので、近年の選手で行けば、

  • 5位 バリー・ボンズ: .8634 (2001/36才)
  • 71位 フアン・ソト: .6948 (2020/21才)
  • 100位 クリスチャン・イェリッチ: .6708(2019/27才)

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました