【MLBイングリッシュ】 よく聞く”go-ahead ”は「勝ち越し」

”go-ahead ”

実況を聞いていたり、見出しを見たりするとよく出てくるのが”go-ahead xx”。xxには”double”とか””home run”などが入ったりいたします。

上の実況では”go-ahead run”と言っております。

そもそも”go-ahead” は、名詞で 「前進」とか「許可」とか「承認」という意味ですが、野球用語で使用されますと、「勝ち越し」という意味になります。

ちなみに”ahead”だけだと副詞です。「前方に」とか「これから先に」という意味。こちらも野球用語で使われまして、「リードして」とか「勝ち越しの」とか、”go-“がついてもつかなくても同じ意味になります。

go-ahead double =「勝ち越しの2塁打」

go-ahead runner =「勝ち越しのランナー」

では、2012年4月10日現地時間に行われたオリオールズ VS ヤンキース戦でNYYに新加入したイバニエスの勝ち越し2塁打は現地ではこう表現されていました。

4/10/12: Raul Ibanez comes through in the clutch, ripping a 12th-inning go-ahead double into the right-center-field gap

  • come through: 間を抜ける
  • in the clutch: 重大な場面で
  • rip 裂ける、破れる、〜を破る、切り取る、(野球)〜を強打する、〜を打ち崩す

ラウル・イバニエスが延長12回に均衡を破る勝ち越し2塁打を右中間に放った。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク