スポンサーリンク

【MLBイングリッシュ】 よく聞く”go-ahead ”は「勝ち越し」

MLBワード

”go-ahead ”

実況を聞いていたり、見出しを見たりするとよく出てくるのが”go-ahead xx”。xxには”double”とか””home run”などが入ったりいたします。

上の実況では”go-ahead run”と言っております。

そもそも”go-ahead” は、名詞で 「前進」とか「許可」とか「承認」という意味ですが、野球用語で使用されますと、「勝ち越し」という意味になります。

ちなみに”ahead”だけだと副詞です。「前方に」とか「これから先に」という意味。こちらも野球用語で使われまして、「リードして」とか「勝ち越しの」とか、”go-“がついてもつかなくても同じ意味になります。

go-ahead double =「勝ち越しの2塁打」

go-ahead runner =「勝ち越しのランナー」

では、2012年4月10日現地時間に行われたオリオールズ VS ヤンキース戦でNYYに新加入したイバニエスの勝ち越し2塁打は現地ではこう表現されていました。

4/10/12: Raul Ibanez comes through in the clutch, ripping a 12th-inning go-ahead double into the right-center-field gap

  • come through: 間を抜ける
  • in the clutch: 重大な場面で
  • rip 裂ける、破れる、〜を破る、切り取る、(野球)〜を強打する、〜を打ち崩す

ラウル・イバニエスが延長12回に均衡を破る勝ち越し2塁打を右中間に放った。

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました