スポンサーリンク

【MLB用語集】OPSとは??

MLBワード

MLB打撃指標の1つ、OPS

こんにちは(^-^)

MLBのバッターの成績を見る際に、よく出てくる指標、OPSについてご説明させていただきます。

OPSとは??

OPS = On-base plus slugging

On-Baseとは、ベースの上にいる、つまり「出塁」ということで、Slugging は 「長打」。

OPSの計算式

OPSの計算式は、出塁率と長打率を足した簡単なものです。

OPS = OBP + SLG

当然のことながら、先にOBPとSLGを出していないと計算できない数字です。

OPSで何がわかるの?

OPSは、「出塁(OBP)」と「長打(SLG)」に関する指標!ということですが、ではこのOPSで何がわかるのか?

OPSは打率や打点という従来の打者の指標よりも、さらに得点との相関関係がわかる数字だということです。

もっと平たく言えば、OPSの高い選手ほど、得点につながりやすい働きをしているということなのです。

■OPSの目安の数字は??

では、OPSの数字の目安は?というと、以下のようになります。

メジャーリーグでは一般にOPSが

  • .800を超えれば一流
  • 900を超えるとオールスター級
  • 1.000を超えると球界を代表する強打者

というふうに言われています。

2009年の数字では?

2009年のMLBの数字では、以下の通りです。

  • 全選手の打撃成績を合計した際のOPSは.751。
  • リーグ別では、DH制有りのア・リーグが.763、
  • DH制無しのナ・リーグが.739。

2012シーズンOPS (現地2012年4月26日時点

まだシーズンが始まったばかりですが、現時点でのレギュラー・シーズンのOPSランクはご覧の通りになっています。

  1. マット・ケンプ(LAD): 1.455
  2. ジョシュ・ハミルトン(TEX):1.170
  3. コーリー・ハート(MIL): 1.154
  4. デービッド・オルティズ(BOS): 1.141
  5. ジョシュ・ウィリンガム(MIN): 1.114

レギュラー・シーズンが始まったばかりなので、上位は皆1.000を超えています(^.^) 

【現役通算OPSランキング】 現地:2012年4月26日現在

 現地2012年4月26日時点での現役選手の通算OPSランキングも記しておきます。

  • マニー・ラミレス : .996   (OBP. 411 + SLG .585)
  • A・ロッド : .951   (OBP. 386 + SLG .566)
  • P・フィルダー : .927   ( OBP. 389 + SLG .538)
  • D・ジーター : .834   ( OBP. 383 + SLG .450)
  • 松井秀喜選手 : .830  (OBP .363 + SLG .467)
  • イチロー選手 : .791   (OBP .369 + SLG .421)

【引退した名選手の通算OPS】

  • J・ディマジオ(ホームラン:361):.977 (OBP .398 + SLG .579)
  • ハンク・アーロン(ホームラン:755):.928 (OBP .374 + SLG .555)
  • P・ローズ (4256安打):.784 (OBP .375 + SLG .409)
  • W・ボッグス(3010安打):.858 (OBP .415 + SLG .443)

まず日本人メジャーリーガーの通算のOPSを見ると、松井選手のOPSは.830で、かなりいい数字です。内訳を見ると、SLGではジーターを上回っているのですが、打撃スタイルの関係で、OBP(出塁率)はジーターより低いので、結果OPSは.830 。8割を超えているので、一流という目安ができます。

イチローとピート・ローズはなぜOPSが高くない?

ところが、イチロー選手のOPSを見ると、一流選手の目安である8割に届かず、.791しかありません。

なぜでしょうか?

それは、安打が多くてOBP(出塁率)が高くても、単打(シングル)が多いので、OPSのもう一つの構成要素であるSLG(長打率)が伸びないのです。

同じような安打名人のピート・ローズはどうかというと、.784で、8割に届いていません。やはりSLGが響いているのです。

長打力のある選手のOPSと、安打数を稼ぐ選手のOPSは実際の評価とは開きがあると言えます。

数字はやはり一つの指標に過ぎないということでもあるわけです。マニー・ラミレスやA・ロッドのOPSを見ると、長打力のある選手のOPSは高い傾向にあることがわかります。

さらに、この二人は長打だけでなく、単打もうまく打てるタイプです。打者としてバランスが取れており、一発か三振かというようなタイプでないのがポイントです。

同じように、ウェイド・ボッグスもバランスの取れた打者です。当然のことながら、こういうバランスの取れた選手のOPSは高くなります。

極端なホームラン・バッター、ハンク・アーロンのOPSはどうかというと、.928 が出ています。MLB史上ナンバーワンのホームランバッターですから、OPSは高くて当たり前ですね(^.^)

まとめ

OPSについてまとめてみます。

  • OPSは打者の得点との相関関係を見る指標である。
    • 平たく言えば、打者が得点にどれくらい絡んでいるかを見る指標
  • OPSの目安は、8割。
    • .800を超えれば一流
    • .900を超えるとオールスター級の優秀な打者
    • 1.000を超えると球界を代表する強打者
  • 打者の実像を必ずしも完璧には反映しているとは言えない。
  • (理由)
    • SLG(長打率)が入っている関係で、
    • 長打力のある選手のOPSは、高くなる傾向がある。
    • 安打数の多い選手は、単打が多いのでOPSは上がらない。
    • 超一流の選手でもOPSは8割を切ることがある。

以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました