【MLB用語集】OPSとは??

こんにちは(^-^)

MLBのバッターの成績を見る際に、よく出てくる指標、OPSについてご説明させていただきます。

■OPSとは??

OPS = On-base plus slugging

On-Baseとは、ベースの上にいる、つまり「出塁」ということで、

Slugging とは 「長打」という意味です。

■OPSの計算式

計算式自体は、出塁率と、長打率を足した簡単なものです。

OPS = OBP + SLG

当然のことながら、先にOBPとSLGを出していないと計算できない数字です。

■OPSで何がわかるの?

OPSは、「出塁(OBP)」と「長打(SLG)」に関する指標!ということなのですが、では、このOPSで何がわかるか?というと、打率や打点という従来の打者の指標よりも、さらに得点との相関関係がわかる数字だということなのです。

もっと平たく言えば、OPSの高い選手ほど、得点につながりやすい働きをしている
ということなのです。

■OPSの目安の数字は??

(WIKIによりますと、)

『メジャーリーグでは一般にOPSが

.800を超えれば一流

.900を超えるとオールスター級の優秀な打者

1.000を超えると球界を代表する強打者とされている。

2009のMLBでは、

全選手の打撃成績を合計した際のOPSは.751であった。

リーグ別では、DH制有りのア・リーグが.763、DH制無しのナ・リーグが.739である。』

■OPSランキング
2012シーズンOPS
(現地時間:2012年4月26日現在)

ア・リーグ、ナ・リーグを合わせた2012 OPSトップ5
1. Kemp, M (ケンプ)  :  LAD ⇒  1.455
2.  
Hamilton, J (ハミルトン): TEX ⇒ 1.170
3.  
Hart, C  ( ハート): MIL ⇒ 1.154
4
Ortiz, D  (オルティズ): BOS ⇒ 1.141
6. 
Willingham, J (ウィリンガム): MIN ⇒ 1.114

春先なので、上位は1.000を超えています(^.^)  例えば、その他、有名な打者は通算でどうかといいますと、、、


【MLB通算OPS】 現地:2012年4月26日現在

マニー・ラミレス ⇒ .996   (OBP. 411 + SLG .585)
A・ロッド ⇒ .951   (OBP. 386 + SLG .566)
P・フィルダー ⇒ .927   ( OBP. 389 + SLG .538)
ジーター ⇒ .834   ( OBP. 383 + SLG .450)
松井秀喜選手 ⇒ .830  (OBP .363 + SLG .467)
イチロー選手 ⇒ .791   (OBP .369 + SLG .421)

【引退した名選手の通算OPS】
J・ディマジオ(ホームラン:361) ⇒ .977    (OBP .398 + SLG .579)
ハンク・アーロン(ホームラン:755) ⇒ .928   (OBP .374 + SLG .555)
P・ローズ (4256安打) ⇒ .784    (OBP .375 + SLG .409)
W・ボッグス(3010安打) ⇒ .858   (OBP .415 + SLG .443)

まず日本人メジャーリーガーの通算のOPSを見ると、松井選手のOPSは.830 。 かなりいい数字ですよね。

内訳を見ると、SLGではジーターを上回っているのですが、スタイル上OBP(出塁率)はジーターより低いので、結果OPSは.830 。

8割を超えているので、一流という目安ができます。ところが、イチロー選手のOPSを見ると、一流選手の目安である8割に届かず、.791 しかありません。

なぜでしょうか?

それは、安打が多くてOBP(出塁率)が高くても、単打(シングル)が多いので、OPSのもう一つの構成要素であるSLG(長打率)が伸びないのです。同じような安打名人のピート・ローズはどうかというと、.784 で、8割に届いていません。やはりSLGが響いているのです。

長打力のある選手のOPSと、安打数を稼ぐ選手のOPSは実際の評価とは開きがあると言えます。

数字はやはり一つの指標に過ぎないということでもあるわけです。マニー・ラミレスやA・ロッドのOPSを見ると、長打力のある選手のOPSは高い傾向にあることがわかります。

ただ、この二人は長打だけでなく、単打もうまく打てるタイプです。打者としてバランスが取れており、一発か三振かというようなタイプでないのがポイントです。

同じように、ウェイド・ボッグスもバランスの取れた打者です。当然のことながら、こういうバランスの取れた選手のOPSは高くなります。

極端なホームラン・バッター、ハンク・アーロンのOPSはどうかというと、.928 が出ています。MLB史上ナンバーワンのホームランバッターですから、OPSは高くて当たり前ですね(^.^)

■OPSの私的結論

ちょっととっつきにくい感のあるOPSをまとめてみました。

★OPSは打者の得点との相関関係を見る指標である。
(平たく言えば、打者が得点にどれくらい絡んでいるかを見る指標)

★OPSの目安は、8割。

.800を超えれば一流

.900を超えるとオールスター級の優秀な打者

1.000を超えると球界を代表する強打者

★選手の実像を完璧には反映していない。
⇒だから、一つの目安として見る視点も持った方がよさそう。
(理由)
SLG(長打率)が入っている関係で、
– 長打力のある選手のOPSは、高くなる傾向がある。
– 安打数の多い選手は、単打が多いのでOPSは上がらない。
超一流の選手でもOPSは8割を切ることがある。

以上です。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク