スポンサーリンク

【MLB用語集】OPSとは??

MLB打撃指標の1つ、OPS

こんにちは(^-^)

MLBのバッターの成績を見る際に、よく出てくる指標、OPSについてご説明させていただきます。

OPSとは??

OPS = On-base plus slugging

On-Baseとは、ベースの上にいる、つまり「出塁」ということで、Slugging は 「長打」。

OPSの計算式

OPSの計算式は、出塁率と長打率を足した簡単なものです。

OPS = OBP + SLG

当然のことながら、先にOBPとSLGを出していないと計算できない数字です。

OPSで何がわかるの?

OPSは、「出塁(OBP)」と「長打(SLG)」に関する指標!ということですが、ではこのOPSで何がわかるのか?

OPSは打率や打点という従来の打者の指標よりも、さらに得点との相関関係がわかる数字だということです。

もっと平たく言えば、OPSの高い選手ほど、得点につながりやすい働きをしているということなのです。

■OPSの目安の数字は??

では、OPSの数字の目安は?というと、以下のようになります。

メジャーリーグでは一般にOPSが

  • .800を超えれば一流
  • 900を超えるとオールスター級
  • 1.000を超えると球界を代表する強打者

というふうに言われています。

2009年の数字では?

2009年のMLBの数字では、以下の通りです。

  • 全選手の打撃成績を合計した際のOPSは.751。
  • リーグ別では、DH制有りのア・リーグが.763、
  • DH制無しのナ・リーグが.739。

2012シーズンOPS (現地2012年4月26日時点

まだシーズンが始まったばかりですが、現時点でのレギュラー・シーズンのOPSランクはご覧の通りになっています。

  1. マット・ケンプ(LAD): 1.455
  2. ジョシュ・ハミルトン(TEX):1.170
  3. コーリー・ハート(MIL): 1.154
  4. デービッド・オルティズ(BOS): 1.141
  5. ジョシュ・ウィリンガム(MIN): 1.114

レギュラー・シーズンが始まったばかりなので、上位は皆1.000を超えています(^.^) 

【現役通算OPSランキング】 現地:2012年4月26日現在

 現地2012年4月26日時点での現役選手の通算OPSランキングも記しておきます。

  • マニー・ラミレス : .996   (OBP. 411 + SLG .585)
  • A・ロッド : .951   (OBP. 386 + SLG .566)
  • P・フィルダー : .927   ( OBP. 389 + SLG .538)
  • D・ジーター : .834   ( OBP. 383 + SLG .450)
  • 松井秀喜選手 : .830  (OBP .363 + SLG .467)
  • イチロー選手 : .791   (OBP .369 + SLG .421)

【引退した名選手の通算OPS】

  • J・ディマジオ(ホームラン:361):.977 (OBP .398 + SLG .579)
  • ハンク・アーロン(ホームラン:755):.928 (OBP .374 + SLG .555)
  • P・ローズ (4256安打):.784 (OBP .375 + SLG .409)
  • W・ボッグス(3010安打):.858 (OBP .415 + SLG .443)

まず日本人メジャーリーガーの通算のOPSを見ると、松井選手のOPSは.830で、かなりいい数字です。内訳を見ると、SLGではジーターを上回っているのですが、打撃スタイルの関係で、OBP(出塁率)はジーターより低いので、結果OPSは.830 。8割を超えているので、一流という目安ができます。

イチローとピート・ローズはなぜOPSが高くない?

ところが、イチロー選手のOPSを見ると、一流選手の目安である8割に届かず、.791しかありません。

なぜでしょうか?

それは、安打が多くてOBP(出塁率)が高くても、単打(シングル)が多いので、OPSのもう一つの構成要素であるSLG(長打率)が伸びないのです。

同じような安打名人のピート・ローズはどうかというと、.784で、8割に届いていません。やはりSLGが響いているのです。

長打力のある選手のOPSと、安打数を稼ぐ選手のOPSは実際の評価とは開きがあると言えます。

数字はやはり一つの指標に過ぎないということでもあるわけです。マニー・ラミレスやA・ロッドのOPSを見ると、長打力のある選手のOPSは高い傾向にあることがわかります。

さらに、この二人は長打だけでなく、単打もうまく打てるタイプです。打者としてバランスが取れており、一発か三振かというようなタイプでないのがポイントです。

同じように、ウェイド・ボッグスもバランスの取れた打者です。当然のことながら、こういうバランスの取れた選手のOPSは高くなります。

極端なホームラン・バッター、ハンク・アーロンのOPSはどうかというと、.928 が出ています。MLB史上ナンバーワンのホームランバッターですから、OPSは高くて当たり前ですね(^.^)

まとめ

OPSについてまとめてみます。

  • OPSは打者の得点との相関関係を見る指標である。
    • 平たく言えば、打者が得点にどれくらい絡んでいるかを見る指標
  • OPSの目安は、8割。
    • .800を超えれば一流
    • .900を超えるとオールスター級の優秀な打者
    • 1.000を超えると球界を代表する強打者
  • 打者の実像を必ずしも完璧には反映しているとは言えない。
  • (理由)
    • SLG(長打率)が入っている関係で、
    • 長打力のある選手のOPSは、高くなる傾向がある。
    • 安打数の多い選手は、単打が多いのでOPSは上がらない。
    • 超一流の選手でもOPSは8割を切ることがある。

以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました