スポンサーリンク

【MLB用語集】OPSとは??

MLB打撃指標の1つ、OPS

こんにちは(^-^)

MLBのバッターの成績を見る際に、よく出てくる指標、OPSについてご説明させていただきます。

OPSとは??

OPS = On-base plus slugging

On-Baseとは、ベースの上にいる、つまり「出塁」ということで、Slugging は 「長打」。

OPSの計算式

OPSの計算式は、出塁率と長打率を足した簡単なものです。

OPS = OBP + SLG

当然のことながら、先にOBPとSLGを出していないと計算できない数字です。

OPSで何がわかるの?

OPSは、「出塁(OBP)」と「長打(SLG)」に関する指標!ということですが、ではこのOPSで何がわかるのか?

OPSは打率や打点という従来の打者の指標よりも、さらに得点との相関関係がわかる数字だということです。

もっと平たく言えば、OPSの高い選手ほど、得点につながりやすい働きをしているということなのです。

■OPSの目安の数字は??

では、OPSの数字の目安は?というと、以下のようになります。

メジャーリーグでは一般にOPSが

  • .800を超えれば一流
  • 900を超えるとオールスター級
  • 1.000を超えると球界を代表する強打者

というふうに言われています。

2009年の数字では?

2009年のMLBの数字では、以下の通りです。

  • 全選手の打撃成績を合計した際のOPSは.751。
  • リーグ別では、DH制有りのア・リーグが.763、
  • DH制無しのナ・リーグが.739。

2012シーズンOPS (現地2012年4月26日時点

まだシーズンが始まったばかりですが、現時点でのレギュラー・シーズンのOPSランクはご覧の通りになっています。

  1. マット・ケンプ(LAD): 1.455
  2. ジョシュ・ハミルトン(TEX):1.170
  3. コーリー・ハート(MIL): 1.154
  4. デービッド・オルティズ(BOS): 1.141
  5. ジョシュ・ウィリンガム(MIN): 1.114

レギュラー・シーズンが始まったばかりなので、上位は皆1.000を超えています(^.^) 

【現役通算OPSランキング】 現地:2012年4月26日現在

 現地2012年4月26日時点での現役選手の通算OPSランキングも記しておきます。

  • マニー・ラミレス : .996   (OBP. 411 + SLG .585)
  • A・ロッド : .951   (OBP. 386 + SLG .566)
  • P・フィルダー : .927   ( OBP. 389 + SLG .538)
  • D・ジーター : .834   ( OBP. 383 + SLG .450)
  • 松井秀喜選手 : .830  (OBP .363 + SLG .467)
  • イチロー選手 : .791   (OBP .369 + SLG .421)

【引退した名選手の通算OPS】

  • J・ディマジオ(ホームラン:361):.977 (OBP .398 + SLG .579)
  • ハンク・アーロン(ホームラン:755):.928 (OBP .374 + SLG .555)
  • P・ローズ (4256安打):.784 (OBP .375 + SLG .409)
  • W・ボッグス(3010安打):.858 (OBP .415 + SLG .443)

まず日本人メジャーリーガーの通算のOPSを見ると、松井選手のOPSは.830で、かなりいい数字です。内訳を見ると、SLGではジーターを上回っているのですが、打撃スタイルの関係で、OBP(出塁率)はジーターより低いので、結果OPSは.830 。8割を超えているので、一流という目安ができます。

イチローとピート・ローズはなぜOPSが高くない?

ところが、イチロー選手のOPSを見ると、一流選手の目安である8割に届かず、.791しかありません。

なぜでしょうか?

それは、安打が多くてOBP(出塁率)が高くても、単打(シングル)が多いので、OPSのもう一つの構成要素であるSLG(長打率)が伸びないのです。

同じような安打名人のピート・ローズはどうかというと、.784で、8割に届いていません。やはりSLGが響いているのです。

長打力のある選手のOPSと、安打数を稼ぐ選手のOPSは実際の評価とは開きがあると言えます。

数字はやはり一つの指標に過ぎないということでもあるわけです。マニー・ラミレスやA・ロッドのOPSを見ると、長打力のある選手のOPSは高い傾向にあることがわかります。

さらに、この二人は長打だけでなく、単打もうまく打てるタイプです。打者としてバランスが取れており、一発か三振かというようなタイプでないのがポイントです。

同じように、ウェイド・ボッグスもバランスの取れた打者です。当然のことながら、こういうバランスの取れた選手のOPSは高くなります。

極端なホームラン・バッター、ハンク・アーロンのOPSはどうかというと、.928 が出ています。MLB史上ナンバーワンのホームランバッターですから、OPSは高くて当たり前ですね(^.^)

まとめ

OPSについてまとめてみます。

  • OPSは打者の得点との相関関係を見る指標である。
    • 平たく言えば、打者が得点にどれくらい絡んでいるかを見る指標
  • OPSの目安は、8割。
    • .800を超えれば一流
    • .900を超えるとオールスター級の優秀な打者
    • 1.000を超えると球界を代表する強打者
  • 打者の実像を必ずしも完璧には反映しているとは言えない。
  • (理由)
    • SLG(長打率)が入っている関係で、
    • 長打力のある選手のOPSは、高くなる傾向がある。
    • 安打数の多い選手は、単打が多いのでOPSは上がらない。
    • 超一流の選手でもOPSは8割を切ることがある。

以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました