スポンサーリンク

【WBC2023】大注目のドミニカ共和国@ベネズエラ戦は、5-1でベネズエラが勝利

ドミニカ共和国 1 @ 5 ベネズエラ

 現地2023年3月11日、いよいよ競合がひしめき合いすぎてもはや地獄過ぎるPool Dが開幕しました。

 そしてあろうことか、ドミニカ共和国@ベネズエラ戦というMLBファン垂涎の好カードが行われ、このアツすぎるマッチアップをベネズエラが制しました!

スタメン

 スタメンはご覧の通り。泣けてくるほどの豪華なスタメン。

 ドミニカ共和国の捕手は、ゲイリー・サンチェスとなりました。注目のSSはワンダー・フランコではなく、WS MVPのアストロズのジェレミー・ペーニャ。ワンダー・フランコは2Bに就いています。DHはレッドソックスのラファエル・デバース。2番はパドレスのフアン・ソト。そして先発投手は2022年NLサイ・ヤング賞のサンディー・アルカンタラ。

 一方のベネズエラは、ホセ・アルトゥーベ、ロナルド・アクーニャ・Jr.の1、2番。この1、2番は強烈ですね。SSにはガーディアンズのアンドレ・ヒメネスが入り、3Bにはマリナーズのエウへニオ・スアレス。捕手は2021 AL HRチャンプのサルバドール・ペレスです。DHはミゲル・カブレラではなく、ヤンキースのグレイバー・トーレス。そして、先発は、レンジャーズの左腕、マーティン・ペレスで来ました。

試合経過

【DOM】先制

 先制したのは、ドミニカ共和国。1番CFのフリオ・ロドリゲス(SEA)がLFへシングルを放ち、2番LFのフアン・ソト(SDP)が、マーティン・ペレス(TEX)の初球を捉え、左中間に大きな当たりを放ち、これが2塁打となり、1塁ランナーのフリオが生還。ただ、この後は打線が続かず、1点のみ。

【VEN】2回裏に追いつく

 一方のベネズエラは初回に2アウトからルイス・アラエズ(MIA)が二塁打を放つも、得点ならず。しかし、2回裏、2アウトからアンソニー・サンタンダー(BAL)が、RFの2階席に放り込むソロHRを放ち、1-1のタイスコアに。

【VEN】4回裏に均衡を破る

 1-1のタイスコアの後、均衡を破ったのはベネズエラでした。マウンドはまだサンディー・アルカンタラ(MIA)。先頭のサルバドール・ペレス(KCR)がLFへ二塁打を放ち、出塁。続くグレイバー・トーレス(NYY)は四球。アンドレ・ヒメネス(CLE)はCF前にシングルを放つも、ペレスが2Bランナーゆえに自重。ノーアウト満塁の大チャンスを迎えます。

 ここでサンディー・アルカンタラはさすがにサイ・ヤング賞の実力を見せつけ、前の打席にHRを許したアンソニー・サンタンダーを2Bポップフライに打ち取り、1アウト。

 さらに、エウへニオ・スアレスからは三振を奪い、2アウトまでこぎつけます。

 あとアウト1つだったのですが、次打者のデービッド・ペラルタ(LAD)を2ストライクと追い込みながら、甘いボールを投げてしまい、RF前シングルを打たれて2人が生還。ベネズエラが3-1とリードを拡げます。

【VEN】6回裏と8回裏に追加点

 さらに、ベネズエラは6回裏に2アウトからエウへニオ・スアレスが四球で出塁。再び、デービッド・ペラルタが二塁打を放って1点を追加。4-1とします。

 そして8回裏、ベネズエラはまたしても2アウトから得点。アンソニー・サンタンダーがRFへ三塁打を放ちチャンスメイク。ここでエウへニオ・スアレスがRF前シングルを放って5点目。これで勝利をグッと近づけました。

 最終回、ベネズエラのマウンドにはホセ・アルバラード(PHI)が登板。1アウトからフアン・ソトに2塁打を許し、パスボールもあり3塁まで進塁を許すも、テオスカー・ヘルナンデス(SEA)、ラファエル・デバース(BOS)を打ち取り、ゲームセット。

 注目の一戦はベネズエラが5-1で取りました。

【Game Score】

【YOUTUBE】Dominican Republic vs. Venezuela Game Highlights | 2023 World Baseball Classic

【HOU】ルイス・ガルシアが殊勲の投球

 この日、登板した投手はこちら。

ベネズエラIPHRERBBSOHRERA
M・ペレス(TEX)3.14112402.7
J・ルイーズ(CWS)0.20001100
L・ガルシア(HOU)30002700
J・キハーダ(LAA)11001100
J・アルバラード(PHI)11001200
Totals96117150NA
ベネズエラ登板投手

 これを見るとアストロズのルイス・ガルシアがいかに良い仕事をしたのかがわかりますね。中盤にドミニカ共和国打線を沈黙させたことがベネズエラへの流れをグッと引き寄せました。追加点、ダメ押し点もこの投球があったからこそ。

ドミニカ共和国IPHRERBBSOHRERA
S・アルカンタラ(MIA)3.25333217.36
H・ネリス(HOU)0.10001100
Y・ガルシア(TOR)10000100
L・ガルシア(SDP)11111009
C・ドバル(SFG)11000000
Br・アブレイユ(HOU)12110109
Totals8955551NA
ドミニカ共和国登板投手

 ドミニカ共和国もブルペンはかなり頑張ったと思います。打たれるのはしょうがないですから、打線が頑張ってもらわないとというところでしょうか。

ドミニカ共和国、クリーンナップが沈黙

 ドミニカ共和国打線ですが、マチャード、テオスカー、デバースがいずれもノーヒット。クリーンナップ3名のブレーキが痛かったです。なお、マチャードとテオスカーはBBでは出塁しています。

 この日はいずれも2アウトから得点をあげたベネズエラ打線の粘りが素晴らしかったと思います。

 このPool、明日以降も注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました