スポンサーリンク

【PW2018】泣ける義理堅さ!M・トラウト、”A・Cox”で復帰

現地2018年8月24日、いよいよ”Players’ Weekend 2018”が始まりました!

予め各選手のニックネームの発表がありましたが、当初、エンゼルスのマイク・トラウトは前年同様に”KIIIIID” (KIDを伸ばしたもの)の表記で登場する予定でした。

しかし、今月15日に24才の若さで亡くなった義理の弟さん(妻の実弟)、アーロン・コックスさん(Aaron Cox)さんを偲んで、”A. Cox”に急遽変更しました。

トラウトと奥さんとコックスさんはともにニュージャージー州のMillville Senior HS(ミルビル・シニアハイスクール)の出身。実はコックスさんはマイナー・リーガーで、2015年アマチュア・ドラフト15巡目でエンゼルスに入団し、今季はシングルAアドバンストでプレーしていました。

誕生日が8月5日でちょうど24才になったばかりの突然の訃報でした。死因は明らかになっておりませんが、「友人でもあった」と語ったトラウトはショックを隠しきれなかったようです。

右手首の炎症で今月1日のゲームを最後に10日間のDL入りとなっていたマイク・トラウト。怪我の治療とともに、このような不幸にも向き合っておりました。そしてPWが始まる24日に復帰したのでした。

地元で同地区首位のアストロズとの対戦となったエンゼルスはマイク・トラウトを3番CFで起用。トラウトは初打席でいきなりのトリプルを放ち、自らの復帰戦を華々しくスタートさせました。亡き義弟への供養の1打だったかもしれません。

あとちょっとでHRという惜しい当たりでした!

この日のトラウトは、3打数2安打。今後の活躍にますます期待したいですね。

トラウトのこういう義理堅いところが非常に好きです。これは奥さんも嬉しいでしょうね。

ちなみに同僚の”SHOWTIME”こと大谷翔平選手はこの日は8回2アウトから代打で登場。ランナーが二人いる状況でしたが、ワンポイントで出てきた左腕トニー・シップに空振り三振を喫し、この日はこの打席で終了。次のゲームに期待しましょう。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました