スポンサーリンク

【MLBオールスター2019】ネットでファン投票する方法(追記あり)

投票は現地2019年6月21日まで

オールスターの投票が5月28日より始まっています。

ネットならではなのですが、”Vote up to 5 times every 24 hours. Voting ends June 21, 2019 at 4 p.m. ET.”

ネットでの投票は1日5度まで可能です。期限は日本時間ですと、6月22日朝5時まで。

ちなみに下記は筆者の1度目の投票結果です。ア・リーグはやや偏りがありますが、ナ・リーグはかなりいいのではないかと自負しています。

ナ・リーグの外野はベリンジャーとイェリッチを選ぶと、3人めは自ずとアクーニャになってしまい、フィリーズ推しなのにハーパーを選ばなかったという自責の念も禁じ得ませんが、バランスはいいと思っています。

MLBオールスターゲームの開催は現地2019年7月9日(火曜)、日本時間2019年7月10日(水)のプレーボールです。

もしも、投票したいけれども、やり方がわからないという方向けに投票方法を記載しておきたいと思います。

オールスターの選出方法

前提の知識としてMLBオールスターの選出方法を簡単に記載しておきたいと思います。

もしも全く初めてという方がいらっしゃったら、後述する選出の画面の進み方に戸惑うかもしれませんので、一応。

【これから選ぶネット投票に関係ある点】
  • ファン投票では投手は選べません。(これ大事です。よって投手選出の画面も出てきませんので、そのおつもりで)
  • 各ポジションにつき1位の選手が選出されます。
  • 外野手はポジションに関係なく両リーグとも3人を選びます。
  • ア・リーグだけDHを選びます。
【ネット投票以外の面】
  • ファン投票以外に後日選出の監督推薦などを含めて33名、両リーグ合わせて66名が選ばれます。
  • (こちらもネット投票ではありますが、今回の案内がマスターできれば参加できます)34番目の最後の椅子をめぐって、後日に候補5人の中から1人選出。計68名が参加。
  • ファン投票や監督推薦などで選ばれたとしても、直前のゲームで登板したり、怪我をしたりでゲーム前日までロスターがハッキリしないことが通常です。

ネットでの投票方法

ではネットでの投票を記載したいと思います。

1. 下記URLの投票のサイトにアクセスします

VOTE: 2021 MLB All-Star Ballot
The Official Site of Major League Baseball

2. 若干の登録が必要です。

一度投票すると必要事項の記入画面が出てこず、筆者としたことが肝心なところを画面キャプチャーを撮り忘れており、そこは申し訳ありません。通販サイトへの登録よりは簡単です。

メアド、生年月日、ZIPCODE

MLBはGoogleとタイアップしてネット投票を実施しているのですが、もしもメアドの登録が嫌だ、あるいは生年月日の登録は嫌だというのであれば、画面途中で進んで止めることも可能です。

入れる情報は以下です。

  • メールアドレス:メインのアドレスでなくていいと思います。筆者はサブアドレスで入れました。後述するメルマガが届くためのアドレスです。
  • 誕生日:生年月日もプルダウンで選ぶようになっています。筆者はもうGoogle様どっぷりなので、正直に入れました。
  • ZIPCODE(郵便番号):アメリカでは郵便番号を入れるケースが多いのですが、普通にハイフンなしの郵便番号を入れていいと思います。
  • 国:JAPANを選択
  • メルマガのチェック欄:MLBからのメルマガが届いてもいいという方はこれにチェック。筆者はすでに取っているのでチェックは外しました。

記入し終わったら、画面に従い、投票に入ります。

名前やクレジットカードなどは入れる必要はありません。

3. 投票へ

投票は簡単です。ポジションごとに予め選ばれている選手の一覧があるので好きな選手に星印を付けるだけです。左がア・リーグ、右がナ・リーグ。

もしも、リストにない場合は、

「Write-in Player」という記入欄があるのでそこに記入します。

1B→2B→3B→SS→C→OF(3人)→DH(ア・リーグだけ)の流れで選ぶようになっており、最後にVOTEを押します。

これで完了。

4. 自分の投票を残す

自分の投票結果を残す場合は、Save Imageのボタンを押します。

5. 一日5度、投票が可能

一度、投票すると「あなたは24時間以内にあと4度投票できます(英語で)」と出てきますが、同じリストで投票する場合はVOTE AGAINを押すと残り投票可能回数が出てきます。

日を改めても一日5度投票できます。

6. 変えたい場合

たとえば、筆者はDHでJ.D.マルチネスを選んだのですが、やはり大谷選手を!と変えたい時は、Vote Againを押す前に右下のChange Pickを押し、大谷選手を選び直し、VOTEを押してそれで完了です。

同じようにSave Imageを押せば投票結果が残せます。

変える前の投票もカウントされています。

MLBにとってはいいデータとなりますので、とにかく、個人情報を少しでも提供したくない場合は控えておいた方がいいのではと思います。

期間中一人で何度も投票していい理由

日に5度も投票でき、期間中は一人でそれこそ100投票以上も入れることも可能なのは、統計的にその方が平準化しやすいという理由からだと思います。

どうせファンや肉親などで偏りは出ますので、だったら母集団を多くすれば偏りが薄まるという発想かと思います。

オールスタースケジュール

まずMLBのオールスター2019の特別サイトはこちらです。

MLB All-Star Game | MLB.com
Check out allstargame.com, your one-stop destination for complete coverage of the MLB All-Star Game and all the festivities of All-Star week.

この中にスケジュールもあります。

MLB All-Star Week Schedule | MLB.com
Events taking place during MLB All-Star Week.
  • 7/7 フューチャー・ゲーム
  • 7/8 ホームランダービー
  • 7/9 オールスターゲーム

以上です。

最後、トラウトと翔平さんを入れ直しました。

追記:FINAL VOTEについて

上記の投票は現地2019年6月21日の16時(東部時間)に投票が締め切られました。

これで各ポジションのトップ3がファイナル候補としてアップされ、その3人の中から下記日程の28時間でスターターが決まります。

現地2019年6月26日 12時(東部)から現地27日16時(東部)

(June 26th at 12 PM ET and ends on Thursday, June 27th at 4 PM ET)

日本時間ですと、27日(木)AM1:00から28日(金)AM5時まで

上記サイトから同じような流れで選択できます。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました