スポンサーリンク

【WBC2023】佐々木投手、160km連発!侍ジャパン、中盤にチェコ投手陣を捉えて3勝目!

チェコ共和国 2 @ 10 日本

 日本時間2023年3月11日、WBC 1次ラウンドのチェコ共和国 @ 日本戦が行われ、侍ジャパンが中盤にチェコ共和国の投手陣を捉えて10-2のスコアで勝利。1次リーグ3勝目を上げ、準々決勝への進出をほぼ確実にしました。

 準々決勝進出決定は12日PMに行われるチェコ共和国 @ Korea戦でチェコ共和国が敗れれれば決定。12日夜のオーストラリアとの全勝対決で勝てば1位通過となります。

【追記】準々決勝進出が決定

 2023年3月12日、午後に行われたチェコ共和国 @ KOREA戦は3-7でチェコ共和国が敗れました。よって、侍ジャパンの準々決勝進出が決まっています。

3月11日に佐々木投手が登板

 この日は2011年3月11日に発生した東日本大震災から12年。

 日本のマウンドには、3・11の震災で自身も被災し、父と祖父母を津波で亡くした佐々木朗希投手が上がりました。

 情報によれば、被災後、佐々木投手のお母さんは生命保険会社に勤めて、佐々木投手、兄、弟の男子3兄弟を育てたと言います。相当なご苦労であったと察します。佐々木投手がその才能を発揮出来たのもお母さんのお力が大きいですね。

 野球をする上での家計負担軽減の基金を2つほど見つけました。

佐々木投手、160kmh連発!

 その佐々木投手は立ち上がりから異次元のファストボールを披露。そのほとんどが160km超えというとんでもないパフォーマンスを見せてくれました。フォークもよく落ちていましたね。

 この日の最速は164kmhで、マイル換算だと101.9mph。

 佐々木投手は、4回2アウトまで登板。ちょうど球数制限の上限に達したためここで降りました。被安打2、失点1、自責点0、BB 2、SO 8。

 中野選手のスローイング・エラーで1点を先制されてしましたが、自責点は0です。

チェコ打線、全員が強いスイング 

 WBCの予選から勝ち上がってきたチェコ共和国ですが、有名選手は2番DHのエリック・ソガードのみ。

 その他に2021年までマイナー経験のある捕手のマルティン・チェルベンカ(Martin Cervenca)やUCLAでプレーする大学生などもいますが、その他の選手はチェコ共和国で本業に就いてプレーする選手ばかり。詳しくは下記の記事をご参照ください。

チェコ史上初の「野球テレビ中継」、選手の本業は「地理教師・消防士・金融アナリスト」…WBCチェコ代表を“絶対好きになる”話(水次祥子)
「僕ら、こんなに大きな球場で野球をやったことないんだ。屋根のある球場を見るのも初めてなんだよ」興奮気味に語ったのはWBCチェコ代表、ペテル・...

 そんなチェコの選手は全員が体が大きく、非常にマッチョ。それに1番から9番までスイングが非常に強く、さすがここまで勝ち上がってきただけのことはあるなという力を披露。1回表の初ヒットもマレク・フルプ(Marek Chlup)が佐々木投手の160kmを完璧にとらえての弾丸ライナーのLFへの二塁打でした。

サトリアに大苦戦

 さて、日本打線ですが、この日はチェコ先発のオンジェイ・サトリア(Ondrej Satoria)に大苦戦。ファストボールは126km(78.29mph)ほどで、やはり普段対応していないレンジの遅いボールにはやられてしまいますね。

 しかもサトリアのチェンジアップは素晴らしく、軌道がドロップカーブのように一旦浮き上がって急激に沈むという独特なもので、大谷選手も空振り三振を喫してしまいました。

吉田、山田のタイムリーで逆転

 しかし、3回裏、侍ジャパンは1アウトから近藤選手がRF線への二塁打で出塁。大谷選手が三振を喫した後、村上選手は四球。2アウト1、2塁とランナーが溜まったところで、1打席目にシングルを放った吉田選手が打席に。

 吉田選手は、初球をLF線に運びタイムリー2塁打で1-1の同点に。

 さらに次打者の山田選手は打席内でタイミングを合わせつつ、4球目を捉えてLF前にシングルを放ち、吉田選手が生還して2-1と逆転。

 ここから怒涛の攻撃を見せるのでした。

5回から宮城が登板

 佐々木投手が4回2アウトで降板後、日本は宇田川投手が登板。打者1人をフォークでしっかりと三振に仕留め、前半を締めました。

 5回表からは宮城投手が登板。立ち上がり、いきなり2者連続でシングルを浴び、アウトカウントを取る中で1点は奪われましたが、6回以降は打者3人ずつで打ち取り、このまま9回まで投げきりました。

 キレのあるいいボールを投げていましたね。宮城投手は5イニング、68球を投げて被安打2、失点1、自責点1、奪三振7。

 ゲームは10-2のスコアで日本が勝利。

【GAME SCORE】 (2023年からのGame Scoreは見にくくなりましたが・・・写真と文字情報に割くスペースが逆なんです。)

【YOUTUBE】Czech Republic vs. Japan Game Highlights | 2023 World Baseball Classic

清々しかったチェコ 

 4回表、佐々木投手はウィリー・エスカラ(Escala)にデッドボールを与え、162kmの剛速球で相当痛がっていましたが、1塁ベースにたどり着く手前で山川選手が帽子を取り謝罪。その後、調子を確かめるように試走し、無事にプレーに戻ったシーンがありました。

 満員の観客からは拍手が起こり、非常に良いシーンだったと思います。

 また3回裏、ヌートバー選手が放った1Bゴロをマルティン・ムジーク(Martin Muzik)がダイビング。ボールを弾きながらも1Bへスローし、投手のサトリアが抜群のタイミングでベースカバーに入ってアウトにしたシーンは素晴らしいプレーだったと思います。

 チェコ共和国との対戦はスポーツマンシップが見られ、とても清々しい対戦だったと思います。国際大会は嫌なものを見せられるケースがままありますが、本来はこうだったというのを思い出せたと思います。こういうチームと戦うのも魅力の一つですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
タイトルとURLをコピーしました