スポンサーリンク

【MLB噂2020】ドジャース、リンドーア優先で、ベッツ獲得も視野

ドジャース、ブロックバスターの可能性

 久しぶりに噂について記載しておきたいと思います。

 現地2019年12月17日の情報ですが、ロサンゼルス・ドジャースはかなり大きなトレードを考えているようです。彼らが狙うのはインディアンスのSS、フランシスコ・リンドーア、またはレッドソックスのRF、ムーキー・ベッツ。

フランシスコ・リンドーア優先か

 現地12月15日にブレイク・トライネンとの1年$10Mのディールが正式合意となったドジャースですが、今のところ獲得できているFA選手はブレイク・トライネン一人のみ。マディソン・バンガーナーはDバックスに、アンソニー・レンドンはエンゼルスに奪われ、大きなインパクトは残せていません。

 そんなドジャースが現地2019年12月17日時点で力を入れているのが、インディアンスのフランシスコ・リンドーアの獲得。

フランシスコ・リンドーアは調停イヤー

 フランシスコ・リンドーアは調停イヤー。MLSは2020年1月で4.113で、最速のFAは2022年(2021シーズン終了後)。よって、彼を獲得する場合は既存選手をトレードに出すことになるのですが、そもそもドジャースのSSにはコーリー・シーガーという2016年のROYを獲得した素晴らしい選手がいるはず。

そもそもコーリー・シーガーがいるではないか!

 しかも、コーリー・シーガーは2016-17年で2年連続シルバースラッガー賞も獲得しています。確かに2018年は怪我に泣きました。2018年5月にスローイングアームがトミー・ジョン手術となり、そのままシーズンエンド。さらに8月には左腰(お尻)の手術も行いました。これは離脱期間中に同時並行での治療でした。

 しかし、2019年は復活。134試合に出場し、打率.272、OBP .335、SLG .483、HR 19、二塁打 44(NLトップ)、RBI 87、OPS+ 113、WARが4.0です。文句ありませんね。

 あえて言うなら、右投手に対して.289の打率に対して、左投手は.240。左打者ゆえにこの傾向はなかなか拭えませんね。

ドジャースの左打線

 前年オフからもそうですが、ドジャースには左の強打者がご覧の通り、たくさんおります。

  • コーリー・シーガー SS
  • コディ・ベリンジャー 1B/OF
  • マックス・マンシー 2B
  • ジョク・ピダーソン OF
  • アレックス・ベルドゥーゴ OF
  • ギャビン・ラックス 2B

 アレックス・ベルドゥーゴはまだOFのレギュラーとは言い切れませんが、それでも全員がゲームに出ているシチュエーションはあります。

右打者が欲しい

 要は右打者が欲しいというのがドジャースの考えのようです。

 2019年はオールスター、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞、MVPとアウォードを総なめにしたコディ・ベリンジャーは何を置いてもキープということになったとすれば、その他の選手ということになりますね。それにしてもコーリー・シーガーがトレード候補とはちょっと信じられないです。

ポイントはギャビン・ラックス

 これは噂レベルのお話ですが、ドジャースがフランシスコ・リンドーア獲得に現時点でかなりのプライオリティを置いており、そうなるとインディアンスは強気に出ていて、交換要員としてコーリー・シーガーに加えて、ギャビン・ラックスも要求していると見られています。

 ギャビン・ラックスは2019年デビューのドジャースのトッププロスペクトです。ここでインディアンスがどうしてもギャビン・ラックスに固執するなら、ドジャースは方針転換ということになりそうです。そこで出てくるのが、ムーキー・ベッツ。

ドジャースはムーキー獲得も視野 

 レッドソックスは2018シーズンMVPのムーキー・ベッツをできればキープしたい。しかし、2020年のベッツのサラリーは調停で$30Mと見られており、このままだとまたしても贅沢税の基準額を超えてしまう。それだけはなんとしてでも避けたいレッドソックスと右打者が欲しいドジャースとは一致します。

 しかもレッドソックスはここ数年のFA選手獲得でプロスペクトが枯渇気味。贅沢税の基準額超えを阻止するのはドラフトでの選手獲得にも影響し、ますますプロスペクトがいなくなるからです。

 もしムーキーを出した場合、ドジャースはかなりいいプロスペクトを出すと見られます。カーリーヘアーのルーキー投手、ダスティン・メイは候補の一人となるでしょう。

 レッドソックスにはデービッド・プライス、ネイサン・イオバルディのトレードの噂もありますが、いずれも彼らのサラリーを引き取るクラブがあるかどうかにかかってきそうです。現時点ではザック・ウィーラーが市場から掃けたことで、デービッド・プライスの価値が高まっています。ドジャースとのトレードでムーキーと彼らとの組み合わせはサラリーが莫大になってしまうので、さすがにそれはないだろうとは思います。

 リンドーアかムーキーか。年内に決着するかもしれません。もっとも、今季のドジャースの動きは俊敏ではないので、どこかに取られるかもしれませんね。

 かなり主観の要素も入っていますが、噂を記しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました