スポンサーリンク

【MLB噂2020】ドジャース、リンドーア優先で、ベッツ獲得も視野

ドジャース、ブロックバスターの可能性

 久しぶりに噂について記載しておきたいと思います。

 現地2019年12月17日の情報ですが、ロサンゼルス・ドジャースはかなり大きなトレードを考えているようです。彼らが狙うのはインディアンスのSS、フランシスコ・リンドーア、またはレッドソックスのRF、ムーキー・ベッツ。

フランシスコ・リンドーア優先か

 現地12月15日にブレイク・トライネンとの1年$10Mのディールが正式合意となったドジャースですが、今のところ獲得できているFA選手はブレイク・トライネン一人のみ。マディソン・バンガーナーはDバックスに、アンソニー・レンドンはエンゼルスに奪われ、大きなインパクトは残せていません。

 そんなドジャースが現地2019年12月17日時点で力を入れているのが、インディアンスのフランシスコ・リンドーアの獲得。

フランシスコ・リンドーアは調停イヤー

 フランシスコ・リンドーアは調停イヤー。MLSは2020年1月で4.113で、最速のFAは2022年(2021シーズン終了後)。よって、彼を獲得する場合は既存選手をトレードに出すことになるのですが、そもそもドジャースのSSにはコーリー・シーガーという2016年のROYを獲得した素晴らしい選手がいるはず。

そもそもコーリー・シーガーがいるではないか!

 しかも、コーリー・シーガーは2016-17年で2年連続シルバースラッガー賞も獲得しています。確かに2018年は怪我に泣きました。2018年5月にスローイングアームがトミー・ジョン手術となり、そのままシーズンエンド。さらに8月には左腰(お尻)の手術も行いました。これは離脱期間中に同時並行での治療でした。

 しかし、2019年は復活。134試合に出場し、打率.272、OBP .335、SLG .483、HR 19、二塁打 44(NLトップ)、RBI 87、OPS+ 113、WARが4.0です。文句ありませんね。

 あえて言うなら、右投手に対して.289の打率に対して、左投手は.240。左打者ゆえにこの傾向はなかなか拭えませんね。

ドジャースの左打線

 前年オフからもそうですが、ドジャースには左の強打者がご覧の通り、たくさんおります。

  • コーリー・シーガー SS
  • コディ・ベリンジャー 1B/OF
  • マックス・マンシー 2B
  • ジョク・ピダーソン OF
  • アレックス・ベルドゥーゴ OF
  • ギャビン・ラックス 2B

 アレックス・ベルドゥーゴはまだOFのレギュラーとは言い切れませんが、それでも全員がゲームに出ているシチュエーションはあります。

右打者が欲しい

 要は右打者が欲しいというのがドジャースの考えのようです。

 2019年はオールスター、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞、MVPとアウォードを総なめにしたコディ・ベリンジャーは何を置いてもキープということになったとすれば、その他の選手ということになりますね。それにしてもコーリー・シーガーがトレード候補とはちょっと信じられないです。

ポイントはギャビン・ラックス

 これは噂レベルのお話ですが、ドジャースがフランシスコ・リンドーア獲得に現時点でかなりのプライオリティを置いており、そうなるとインディアンスは強気に出ていて、交換要員としてコーリー・シーガーに加えて、ギャビン・ラックスも要求していると見られています。

 ギャビン・ラックスは2019年デビューのドジャースのトッププロスペクトです。ここでインディアンスがどうしてもギャビン・ラックスに固執するなら、ドジャースは方針転換ということになりそうです。そこで出てくるのが、ムーキー・ベッツ。

ドジャースはムーキー獲得も視野 

 レッドソックスは2018シーズンMVPのムーキー・ベッツをできればキープしたい。しかし、2020年のベッツのサラリーは調停で$30Mと見られており、このままだとまたしても贅沢税の基準額を超えてしまう。それだけはなんとしてでも避けたいレッドソックスと右打者が欲しいドジャースとは一致します。

 しかもレッドソックスはここ数年のFA選手獲得でプロスペクトが枯渇気味。贅沢税の基準額超えを阻止するのはドラフトでの選手獲得にも影響し、ますますプロスペクトがいなくなるからです。

 もしムーキーを出した場合、ドジャースはかなりいいプロスペクトを出すと見られます。カーリーヘアーのルーキー投手、ダスティン・メイは候補の一人となるでしょう。

 レッドソックスにはデービッド・プライス、ネイサン・イオバルディのトレードの噂もありますが、いずれも彼らのサラリーを引き取るクラブがあるかどうかにかかってきそうです。現時点ではザック・ウィーラーが市場から掃けたことで、デービッド・プライスの価値が高まっています。ドジャースとのトレードでムーキーと彼らとの組み合わせはサラリーが莫大になってしまうので、さすがにそれはないだろうとは思います。

 リンドーアかムーキーか。年内に決着するかもしれません。もっとも、今季のドジャースの動きは俊敏ではないので、どこかに取られるかもしれませんね。

 かなり主観の要素も入っていますが、噂を記しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました