スポンサーリンク

【MLBジャージ2020】ツインズ、”Baby Blue”を復活

ツインズがオルタネイトを追加

 現地2019年11月28日、ミネソタ・ツインズは2020年に使用するユニフォームに1980年代によく見た”ベイビー・ブルー(Baby Blue)”を復活させるとアナウンスしました。

 今回はオルタネイトの追加のみで、ホーム・ロード・既存のオルタネイトは継続します。また、こちらは当時はロードで使用されましたが、ホームでも着用する予定だそうです。

1973-86モデル

 今回、復活させたのは1973年から86年までロード用として使用されたモデル。70年代、80年代はロードはこういったブルーが多いですね。

 胸のロゴはTwinsの筆記体でスカーレッド・レッドを採用。日本語では「緋色」が一番近いでしょうか。赤は赤でもオレンジの要素が濃いタイプの赤。

 ですので、上のブルージャージを見た時、オリオールズの80年代のロードに見えなくもないです。

当時の動画

 ただ、当時の映像を見ると、その心配はなさそうです。しっかりツインズでした。その動画がありました。よりにもよって乱闘のシーンなのですが、これがこのブルージャージの着用シーンで一番きれいな動画だと思います。

 80年代のパンツのベルト部分はゴムですが、今回はさすがにベルトに変えています。

パッチ

 右袖には60周年の記念パッチ。ツインズの前身はワシントン・セネターズで1901年創立ですが、ミネソタ・ツインズとなったのが1961年で、2020年がミネソタ・ツインズとなって60回目のシーズンとなります。

 デザインはミネアポリスとセントポールを象徴する摩天楼のシルエットとミシシッピ川を挟んだ両都市をつなぐストーンブリッジが描かれています。60周年記念ロゴはツインズの全てのタイプのユニフォームに付く予定です。

  左袖にはツインシティを象徴する2人のキャラクター。左側がミニー(ミネアポリス)、右側がポール(セントポール)というキャラクターで、握手。

 2019シーズンは101勝61敗で2010年以来のア・リーグ中地区制覇となりました。惜しくもALDSでヤンキースに敗れましたが、連覇を狙います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました