【MLBユニフォーム2017】カブス襟付きの赤いお菓子のロゴのようなジャージを着用

スローバック

こんにちは。

現地2017年6月16日のフライデーナイトゲームで、パイレーツとカブスが変わったジャージを着ていました。

カブスはビジターですので、ロード用のグレーを着用。胸元には、赤いネーム板に白抜きの筆記体の文字。

なんだかこういう赤地に白抜きのクッキーの包みを見たような・・・。

この独特のデザインを見ておわかりの通り、これはニグロ・リーグのスローバック・ジャージです。ニグロ・リーグに敬意を表して、この日は両チームともにそのジャージを着用しました。

リーランド・ジャイアンツ(CHC)

カブスの着ている襟付きでグレーのジャージの胸元に書いている文字はというと、” Lelands ”です。たぶん合っていると思いますが、”リーランド”と読みます。

これは20世紀初頭のシカゴにあった「リーランド・ジャイアンツ」のことです。

リーランドというのはオーナーの名前。何回かの合併を通じて数十年間この名前でやってきたようです。筆者もニグロ・リーグの細かいところまでは正直あまり知らなくて、オーナーの名前を冠しているというケースは初めて知りました。

ホームステッド・グレイズ(PIT)

ちなみに、パイレーツが着用していたジャージは過去にも着用されました。”Homestead Grays(ホームステッド・グレイズ)”のジャージです。こちらのホームステッドとは地名です。ペンシルバニア州にある街で、ピッツバーグと隣接しています。

筆者はこのグレイズのジャージが好きです。正統派という感じでいい味を出していますよね! 

さて、ゲームですが、ジョー・マッドン監督がリッゾのライト・ポール際の判定を巡って退場処分となりました。 VTRでは確かに外を通っていますので、ファウルでしたね。

試合中にシャツをカット

また、もう一つアクシデントがありまして、カブス先発のエディー・バトラーがゲーム途中でアンダーシャツをトレーナーに切ってもらうという珍しいシーンも。デザイン的に白の長袖のアンダーシャツを着た方がよかったので採用されたのだと思います。

ところが、バトラーはちょっと投げにくかったのでしょうね。

ゲームの結果ですが、カブスがパイレーツを9-5で下しました。終盤まで緊迫した展開でした。

スコア

ちなみにジョー・マッドンが監督がインジェクションされたのは初回です。カブスはなんとアンソニー・リッゾをリードオフマンとして起用していたのでした!

ベン・ゾブリストがDLに

カブスは16日、ベン・ゾブリストを10日間のDLに入れることを発表しました。左手首の炎症で、MRIで正確に症状をみて、復帰を判断する予定です。カブス、怪我人が続きますね。 (リンク

トミー・ラステラ をマイナーから上げて、この日はブライアントを休ませて、3Bの先発に起用しました。

やりくりが難しそうです!

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク