【2013トップ・プロスペクト】MLB.com が選ぶトップ・プロスペクト100の発表!

良いなと思ったらシェアお願いします

【発表】2013トップ・プロスペクト・ランキング100

現地2013年1月29日、2013年の若手有望株をランク付けする、MLB.com’s Top 100 Prospectsが発表されました!

先週からポジション別のランキングが発表されていましたが、総合のランキングの発表は現地2013年1月29日となりました。

予想通り、

1位は、レンジャーズのジュリクソン・プロファー

2013プロスペクト10

URL→http://mlb.mlb.com/mlb/prospects/watch/y2013/

リストはすでに2013終了時のランキングなので、順位や名前がシーズン前とは違います。

Pre-2013 TOP10

  1. ジュリクソン・プロファー(TEX) 2B LHB
  2. ディラン・バンディー(BAL) RHP
  3. オスカー・タベラス(STL)OF LHB→RIP:2014年10月26日交通事故で亡くなる
  4. ウィル・メイヤーズ(TBR) INF RHB→スペルWil Myers
  5. タイワン・ウォーカー(SEA) RHP
  6. トラビス・ダーノー(NYM)C
  7. ホセ・フェルナンデス(MIA) RHP→RIP: 2016年9月26日、ボート事故で亡くなる
  8. ザック・ウィーラー(NYM) RHP
  9. ゲリット・コール(PIT)RHP
  10. タイラー・スキャッグス(ARI) LHP

「トレバー・バウアーの17位はおかしいだろ!」などと、ツッコミを入れつつ見ると面白いです。

タイワン・ウォーカー

今年の注目は1位のプロファー、2位のディラン・バンディよりもむしろ、5位のタイワン・ウォーカー!!です。

難しいスペルですが、発音は親日国のあの台湾と同じ発音でいいようです。この投手、2位のバンディより良い投げ方をしますし、ボールが伸びます。バンディより投手っぽい感じですかね。

マリナーズの若手です。注目してください。

【動画】Top Prospects: Walker, SEA

解説付き動画

ではかいつまんだ動画でお確かめください。

プロファー(1位)→バンディー(2位)→そして2012ファーストイヤードラフト全体1位のカルロス・コレイア(30位)→トニー・シングラーニ(66位)→A.J. コール(91位)と流れます。

↓↓↓

【動画】MLB.com’s Top 100 Prospects list(2013)

ルーキー資格

このプロスペクトは、「ルーキー」の資格と同じ扱いになります。

ルーキーの資格

一応、選考にあたって「ルーキー」の要件が定められています。

  • 打者: 130打席以内
  • 投手: 50イニング以内
  • アクティブロスター(25人枠)在籍期間が45日以内(でその年をスタートすること)

(=試合に出ていなくても、試合に出られるよう登録されている期間が、前年までに45日を越えていないこと)

  • 毎年9月1日から40人に拡大されるが、この期間はルーキー資格規定の対象外

これらの要件に合致した状態でそのシーズンを迎えた選手

「ルーキー」として認められます。 1年目かどうかというのは関係ありません。

ちなみに、この要件は、「TOP PROSPECTS」にも当てはまります。

TOP PROSPECTSの顔ぶれが日によって変わっているのは、ルーキーの要件を超えた選手が、どんどん外れているからです。

シーズンが進むにつれて、プロファーが上の要件を超えると、違う選手が1位にランキングされます。シーズン中にコロコロ変わる変動制です(^^)

お読みいただき、ありがとうございました。