スポンサーリンク

【MLB2019】マックス・シャーザー、鼻骨折、右目にアザでも強行出場!”勇姿”を見せ10K!

まさにマッド・マックス

現地2019年6月19日、フィリーズとのダブルヘッダーのGame2で登板回避が見込まれていたマックス・シャーザーが、強行出場!

フィリーズ打線を7回、シャットアウト、被安打4、与四球2、奪三振10のすごい投球を見せてくれました。

まさにエース。

その投げっぷりの良さから普段からマッド・マックス(Mad Max)と呼ばれていますが、この日はその勇姿に捧げられてた称号と言っても過言ではないです。

鼻骨折、右目の下にアザ

マックス・シャーザーは現地18日(火)に、BP(バッティング・プラクティス)でバントをしている際にミスショット。

おそらくバントの最後のボールだったと思いますが、体を開いて行ったところ、ボールが顔面を直撃するアクシデントに見舞われました。

この後、CATスキャン(コンピュータ制御のX線)ではネガティブで、脳には影響はありませんでしたが、鼻を骨折。サングラスをかけていたので、フレーム越しにボールが当たったため、右目にも打ち身のアザが出きてしまいました。

殴られたのと同じようなものですから、眼底骨折なども心配しましたが、それはなかったようです。

”I felt zero pain”

18日のゲームを雨で流し、19日にダブルヘッダーとなったのですが、怪我の前はGame1はパトリック・コービン、Game2がシャーザー、20日にストラスバーグがアサインされておりました。

ところがこの怪我により、ナショナルズは先発をどうするか、急遽プランの変更を余儀なくされたのですが、シャーザーは登板を志願。

鼻が折れたまま出場しました。

ゲーム後のコメントですが、

 “I felt zero pain. There’s been plenty of other injuries where I felt a lot of pain and I’ve had to pitch through. I’ll hang my hat on those starts, but tonight I felt zero pain

「痛みなんかないよ。今までもっと痛いと思った怪我があったよ。それでも投げてきた。今夜は痛みはゼロさ」(筆者の超意訳)

渾身の117球

この日2塁を踏ませたのは最終イニングとなった7回の先頭のシーザー・ヘルナンデスに打たれた2塁打だけ。

とにかく迫力のある投球でした。

なお、ゲーム後のコメントでは投球時、右目の腫れが視界に影響を与えていたようです。

ドージャーとロブレスが援護

また2回裏にブライアン・ドージャーが一発を放ち先制したのもシャーザーを援護したと思います。と言っても1点のみを頼りに7回まで投げぬいたのですから、さすがですね。

シャーザー降板後、ロブレスにも一発が出てナショナルズが2−0とフィリーズを下しました。

Phillies 0, Nationals 2 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Phillies vs. Nationals at Nationals Park

マックス・シャーザー、10年間スピード変わらず!

なお、古いツイートを見ていたのですが、マックス・シャーザーはファストボールのベロシティーが10年前と変わっていません!

この日の登板のMaxは98mph(157.71kmh)。

ヘイマンさんのツイートは2014年7月25日で、5年前シャーザーが29才の時。

デビュー2年目、Dバックス時代、24才の時。

今でもなお、98を叩き出すシャーザーはモンスターですね。

フィリーズ元気なく連敗

心配なのがフィリーズです。Game1でもパトリック・コービンに抑えられ、2−6で敗戦し、連敗。

Phillies 2, Nationals 6 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Phillies vs. Nationals at Nationals Park

まったく打てておりません。気分を変えてGame3に臨んでもらいたいですね。

なお、シャーザーは相当痛かったと思いますが、「最後、流します」という動作と打球直撃後に顔を覆う手のスピードにコントっぽさを感じたのは筆者だけではないと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました