スポンサーリンク

【MLB2019】マックス・シャーザー、鼻骨折、右目にアザでも強行出場!”勇姿”を見せ10K!

まさにマッド・マックス

現地2019年6月19日、フィリーズとのダブルヘッダーのGame2で登板回避が見込まれていたマックス・シャーザーが、強行出場!

フィリーズ打線を7回、シャットアウト、被安打4、与四球2、奪三振10のすごい投球を見せてくれました。

まさにエース。

その投げっぷりの良さから普段からマッド・マックス(Mad Max)と呼ばれていますが、この日はその勇姿に捧げられてた称号と言っても過言ではないです。

鼻骨折、右目の下にアザ

マックス・シャーザーは現地18日(火)に、BP(バッティング・プラクティス)でバントをしている際にミスショット。

おそらくバントの最後のボールだったと思いますが、体を開いて行ったところ、ボールが顔面を直撃するアクシデントに見舞われました。

この後、CATスキャン(コンピュータ制御のX線)ではネガティブで、脳には影響はありませんでしたが、鼻を骨折。サングラスをかけていたので、フレーム越しにボールが当たったため、右目にも打ち身のアザが出きてしまいました。

殴られたのと同じようなものですから、眼底骨折なども心配しましたが、それはなかったようです。

”I felt zero pain”

18日のゲームを雨で流し、19日にダブルヘッダーとなったのですが、怪我の前はGame1はパトリック・コービン、Game2がシャーザー、20日にストラスバーグがアサインされておりました。

ところがこの怪我により、ナショナルズは先発をどうするか、急遽プランの変更を余儀なくされたのですが、シャーザーは登板を志願。

鼻が折れたまま出場しました。

ゲーム後のコメントですが、

 “I felt zero pain. There’s been plenty of other injuries where I felt a lot of pain and I’ve had to pitch through. I’ll hang my hat on those starts, but tonight I felt zero pain

「痛みなんかないよ。今までもっと痛いと思った怪我があったよ。それでも投げてきた。今夜は痛みはゼロさ」(筆者の超意訳)

渾身の117球

この日2塁を踏ませたのは最終イニングとなった7回の先頭のシーザー・ヘルナンデスに打たれた2塁打だけ。

とにかく迫力のある投球でした。

なお、ゲーム後のコメントでは投球時、右目の腫れが視界に影響を与えていたようです。

ドージャーとロブレスが援護

また2回裏にブライアン・ドージャーが一発を放ち先制したのもシャーザーを援護したと思います。と言っても1点のみを頼りに7回まで投げぬいたのですから、さすがですね。

シャーザー降板後、ロブレスにも一発が出てナショナルズが2−0とフィリーズを下しました。

MLB Gameday: Phillies 0, Nationals 2 Final Score (06/19/2019)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

マックス・シャーザー、10年間スピード変わらず!

なお、古いツイートを見ていたのですが、マックス・シャーザーはファストボールのベロシティーが10年前と変わっていません!

この日の登板のMaxは98mph(157.71kmh)。

ヘイマンさんのツイートは2014年7月25日で、5年前シャーザーが29才の時。

デビュー2年目、Dバックス時代、24才の時。

今でもなお、98を叩き出すシャーザーはモンスターですね。

フィリーズ元気なく連敗

心配なのがフィリーズです。Game1でもパトリック・コービンに抑えられ、2−6で敗戦し、連敗。

MLB Gameday: Phillies 2, Nationals 6 Final Score (06/19/2019)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

まったく打てておりません。気分を変えてGame3に臨んでもらいたいですね。

なお、シャーザーは相当痛かったと思いますが、「最後、流します」という動作と打球直撃後に顔を覆う手のスピードにコントっぽさを感じたのは筆者だけではないと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました