スポンサーリンク

【MLB引退】あらゆる面で”アン・オーソドックス”!ハンター・ペンスが2020シーズンで引退を表明

個性のかたまり、ハンター・ペンス

 現地2020年9月26日、残念なニュースが入ってきましたね。

 サンフランシスコ・ジャイアンツの外野手で、あらゆる面で個性的だったハンター・ペンス(Hunter Pence)が今季限りでの引退を表明しました。

 メジャー14年間に数々のインパクトを残した素晴らしい選手でした。

37才、キャリア14年で引退

 ハンター・ペンスは1983年4月13日生まれの37才。2004年アマチュア・ドラフトでアストロズから2巡目指名でプロ入りしました。生まれも育ちもテキサス州。メジャー・デビューはアストロズ時代の2007年。

 メジャーで所属したクラブは、アストロズ(2007年から2011年7月)、フィリーズ(2011年7月から2012年7月)、ジャイアンツ(2012年8月から2018年)、レンジャーズ(2019年)、ジャイアンツ(2020年)。

 アストロズからフィリーズへの移籍は2011年のトレードデッドライン。この時、アストロズからはペンスと金銭が。また、フィリーズからは後日指名で、ジャレッド・コザート、ジョン・シングルトン、ドミンゴ・サンタナらが移籍しました。いいメンバーでしたね。

 また2012年のトレードデッドラインで、フィリーズからジャイアンツに移籍。ジャイアンツからフィリーズにはトミー・ジョセフ、セス・ロジン、ネイト・シアーホルツが移籍しました。

アウォードとスタッツ

 ハンター・ペンスはご覧のような功績を残しました。

  • 2007年 ROY : 3位
  • オールスター出場:4度 (2009/NL, 2011/NL, 2014/NL & 2019/AL)
  • HR20本以上のシーズン:7度 (2008-2014)
  • 100 RBI以上達成: 1度 (2012)
  • 100 Runs 以上達成: 1度 (2014)
  • 162試合出場:2度(2013/2014)
  • ワールドシリーズ・チャンプ:2度( 2012 / 2014 いずれもジャイアンツ)

 通算成績は1,707試合に出場。打率.279、OBP .334、SLG .461、OPS .794。1,791安打中、二塁打が324本、本塁打は244本、RBIは942。

輝く個性

 ハンター・ペンスが非常に好感を持たれたのはその前向きな姿勢ではないでしょうか。

アンオーソドックスで大丈夫か?

 ハンター・ペンスはお世辞にもかっこいいと言えないバッティング・フォームでしたし、外野からのスローイング・モーションも打撃同様の見た目です。

 メジャーの打撃コーチもルーキー時代のペンスの打撃フォームを見て「アンオーソドックス過ぎるが、大丈夫か?」と心配したほど。

 しかし、結果を残す選手でした。

2012年、ポストシーズンでの主体性

 特にジャイアンツがワールドシリーズ・チャンプを獲った2012年のポスストシーズンでは、ベンチでチームメイトを鼓舞する姿が非常によかったですね。

ストッキングはついに膝頭を出すスタイルに

 ユニフォームの着方も独特でしたね。もともとスソを上げるスタイルを好んでいた選手でした。ただ、アストロズ時代もフィリーズ時代も膝頭は隠れていました。

 しかし、ジャイアンツに移って、いつの間にか膝頭まで出すスタイルに。確かに動き易いんでしょうけど、本当に独特な着方をする選手でした。

トレーニングの鬼

 筋骨隆々ぶりがユニフォーム越しにでも伝わってくるように、ハンター・ペンスはトレーニングをよく行う選手でした。きつそうなトレーニングを自宅でやっているVTRがありましたので、ご覧ください。体幹にも効きそうなメニューです。

250HRまであと6HRだったが

 ハンター・ペンスが2020年に放ったHRは2本。上述した通り、244HRでフィニッシュとなりましたが、一つのマイルストーンである250号までは見たかったところですが、これは致し方ありませんね。

 今季の8月22日、ジョニー・クエトにノーヒット・ビッドがかかったゲームがありました。ドジャース相手に5回まで無安打。しかし、6回裏に、LFを守っていたハンター・ペンスに打球が飛んだ際にボールを見失い、クエトのノーヒット・ノーランを壊してしまったゲームもありました。

 色々な要素が絡んで、引退を決断したのだと思います。

 彼がいなくなるのは寂しいですが、絵や音楽やアート方面も大好きな人のようですから、今後も野球界に携わりつつも、人生を楽しんでもらえたらいいなと思います。

 お疲れ様でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    私をMLB好きにしてくれた選手。
    変なフォームからの二度打ち、三度打ち、ホームラン。
    変な投球フォームからの強肩。
    とにかく明るいイメージのSNS。
    髭がないと俳優みたいな格好良さ。

    来年から、いや既に寂しいですが本当に彼からMLB好きになったので40歳までやって欲しかったです。
    お疲れ様、ハンターペンス

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      お書きいただいた通りだと思います。
      初めてあのバッティング・フォームとスローイングを見た時、やはり衝撃的でした。
      おまけに地元テキサスでベースボール・アカデミーを開いていると聞いて二度驚きました。
      しかし、とても前向きでしたよね。2012年のベンチでのファイアー・アップで
      教祖のように手拍子されて踊りまくっていたVTRがあったのですが、なくなっていました。
      とてもよいVTRだったのに・・・それが残念です。
      また、ご訪問ください。
      ありがとうございました。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました