スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦

21度目の登板は2番P

 現地2021年9月10日、大谷選手がミニッツ・メイド・パークにてアストロズ戦に登板。今季21度目のマウンドは、2番Pでの出場となりました。

 現在、9勝1敗の大谷選手。この日は1918年にベーブ・ルースが達成した2桁勝利、2桁HRの達成も期待されていましたが、とにかくアストロズがワイルドでした。

弾丸ライナーの44号!

 打線が強いアストロズが相手ということで、大谷選手の降板後も考えて、エンゼルスはDHを使って大谷選手を投手に専念させるかも?とも筆者は考えました。しかし、エンゼルスはポストシーズンへの進出が確率的には0でないだけで、実際はほぼないと言っていい状態ゆえ、ここは勝敗よりも、今季の大谷登板日のスタイルを踏襲した形となりました。それで良かったと思います。

第1打席でのHR

 9月に入り、やはり疲れからか、打席では三振が多くなった大谷選手。二刀流に加えて盗塁も23をマークするなど本当にフル稼働です。そうなると、動きを止める筋肉がさすがに緩んできているのではないか?と心配していました。三振数増加もそれが原因ではないか?と思っていましたが、このゲームでは第1打席でいきなりそれを払拭する当たりを見せました。

フランバー・バルデスから

 アストロズの先発はフランバー・バルデス。2020年は大活躍でしたね。今季は出遅れましたが、復帰後は9勝までたどりついています。緩いボールを投げるゆえ、大谷選手はタイミングを狂わされれば、スイングが止まらなくなるのではと心配しましたが、すごい当たりのHRを放ちましたね。

 44号は弾丸ライナーでした。

 その前のインコースのボールを見ても、フロント・ドアでかなり体に近づいてくるボールでしたが、よくあんな動くボールに対処したなと思います。

 自身を楽にする先制HRとなりましたね。

アストロズはさすがの重量打線

 こちらはアストロズのこの日のスターティング・ラインナップ。ホセ・アルトゥーベとカルロス・コレアが今季は復調していますので、かなりの重量打線です。一応、8番、9番はなんとか一息はつけそうでしたが、1番から7番が厄介すぎる打線ですね。

初回から97mph

 前回のアストロズとの対戦は5月11日で、この時は7回を被安打4、失点1、10奪三振と好投した大谷選手。このときはアストロズも2位でようやくエンジンがかかってきた頃。

 大谷選手も進化していますが、アストロズ打線も今となってはかなり進化しています。

 ここのところ、ゲームの流れを考え、序盤は抑え気味、中盤からギアを上げ、登板直前にその日のMaxスピードをもってくるようなペース配分だった大谷選手でしたが、この日は違いました。やはりアストロズ打線を意識してか、遅いボールを使いながらも、4シームは97mphを超えてきました。

 ただ、アルトゥーベとブレグマンには安打を許したものの、初回は無失点。2回表には援護点もあり、いいペースだった大谷選手。2イニング目も無失点で切り抜けました。

2巡目につかまる

 しかし、アストロズ打線が2巡目に回った3回裏、大谷選手は捉えられました。アストロズはホセ・アルトゥーベが出塁し、アレックス・ブレグマンで還すという得意のパターンを展開。このイニングはヨルダン・アルバレス、カルロス・コレアにもタイムリーを許し、3失点。逆転を許します。

4回に降板

 4回裏、上位打線の前に出塁を許した大谷選手。アレドミス・ディアスに死球、8番のチャス・マコーミックにはシングルを許し、ノーアウト、ランナー1、2塁のピンチ。マルドナードで1アウトを奪ったものの、3巡目のホセ・アルトゥーベにはまたしてもシングルを打たれ、4失点目。

 1アウト、ランナー1、3塁でマウンドを降りました。この後を継いだアンドリュー・ウォンツが大谷選手が出したランナーを還してしまったので、これも大谷選手の自責点に。

 この日は、3.1イニングで被安打9、自責点6、奪三振1とかなり苦戦してしまいました。

 エンゼルス打線ですが、大谷選手が3回に3失点を喫し、2-3と逆転された直後の4回表に、カート・スズキのタイムリーなどが出て4−3と逆転し、大谷選手を援護しましたが、4回裏の6失点が響き、5回表にジョー・アデルのトリプル兼送球エラーで1点を追加するのが精一杯。

 ただ、3番手以降のブルペンは頑張り、5回以降は1失点で締めたのは良かったと思います。

 大谷選手は今季2敗目。10勝目は次回にお預けとなりました。

 大谷選手はホセ・アルトゥーベに3打数3安打、アレックス・ブレグマンには2打数2安打と、キーマンとなるこの2人に良いようにやられてしまいました。次回はねじ伏せてもらいたいですね。

あと3度ありそう

 エンゼルスはこの日が141試合目。残り21試合。大谷選手は最大であと3度、回ってきそうです。二桁を超えてもらいたいですね。

 中6日空けるとして、次は17日ならアスレチックス戦。その次は23日ならアストロズ戦、もしくは24日ならマリナーズ戦。今季最後の登板はおそらく10月1日から始まるマリナーズとの3ゲームシリーズのどこかになるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました