スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦

21度目の登板は2番P

 現地2021年9月10日、大谷選手がミニッツ・メイド・パークにてアストロズ戦に登板。今季21度目のマウンドは、2番Pでの出場となりました。

 現在、9勝1敗の大谷選手。この日は1918年にベーブ・ルースが達成した2桁勝利、2桁HRの達成も期待されていましたが、とにかくアストロズがワイルドでした。

弾丸ライナーの44号!

 打線が強いアストロズが相手ということで、大谷選手の降板後も考えて、エンゼルスはDHを使って大谷選手を投手に専念させるかも?とも筆者は考えました。しかし、エンゼルスはポストシーズンへの進出が確率的には0でないだけで、実際はほぼないと言っていい状態ゆえ、ここは勝敗よりも、今季の大谷登板日のスタイルを踏襲した形となりました。それで良かったと思います。

第1打席でのHR

 9月に入り、やはり疲れからか、打席では三振が多くなった大谷選手。二刀流に加えて盗塁も23をマークするなど本当にフル稼働です。そうなると、動きを止める筋肉がさすがに緩んできているのではないか?と心配していました。三振数増加もそれが原因ではないか?と思っていましたが、このゲームでは第1打席でいきなりそれを払拭する当たりを見せました。

フランバー・バルデスから

 アストロズの先発はフランバー・バルデス。2020年は大活躍でしたね。今季は出遅れましたが、復帰後は9勝までたどりついています。緩いボールを投げるゆえ、大谷選手はタイミングを狂わされれば、スイングが止まらなくなるのではと心配しましたが、すごい当たりのHRを放ちましたね。

 44号は弾丸ライナーでした。

 その前のインコースのボールを見ても、フロント・ドアでかなり体に近づいてくるボールでしたが、よくあんな動くボールに対処したなと思います。

 自身を楽にする先制HRとなりましたね。

アストロズはさすがの重量打線

 こちらはアストロズのこの日のスターティング・ラインナップ。ホセ・アルトゥーベとカルロス・コレアが今季は復調していますので、かなりの重量打線です。一応、8番、9番はなんとか一息はつけそうでしたが、1番から7番が厄介すぎる打線ですね。

初回から97mph

 前回のアストロズとの対戦は5月11日で、この時は7回を被安打4、失点1、10奪三振と好投した大谷選手。このときはアストロズも2位でようやくエンジンがかかってきた頃。

 大谷選手も進化していますが、アストロズ打線も今となってはかなり進化しています。

 ここのところ、ゲームの流れを考え、序盤は抑え気味、中盤からギアを上げ、登板直前にその日のMaxスピードをもってくるようなペース配分だった大谷選手でしたが、この日は違いました。やはりアストロズ打線を意識してか、遅いボールを使いながらも、4シームは97mphを超えてきました。

 ただ、アルトゥーベとブレグマンには安打を許したものの、初回は無失点。2回表には援護点もあり、いいペースだった大谷選手。2イニング目も無失点で切り抜けました。

2巡目につかまる

 しかし、アストロズ打線が2巡目に回った3回裏、大谷選手は捉えられました。アストロズはホセ・アルトゥーベが出塁し、アレックス・ブレグマンで還すという得意のパターンを展開。このイニングはヨルダン・アルバレス、カルロス・コレアにもタイムリーを許し、3失点。逆転を許します。

4回に降板

 4回裏、上位打線の前に出塁を許した大谷選手。アレドミス・ディアスに死球、8番のチャス・マコーミックにはシングルを許し、ノーアウト、ランナー1、2塁のピンチ。マルドナードで1アウトを奪ったものの、3巡目のホセ・アルトゥーベにはまたしてもシングルを打たれ、4失点目。

 1アウト、ランナー1、3塁でマウンドを降りました。この後を継いだアンドリュー・ウォンツが大谷選手が出したランナーを還してしまったので、これも大谷選手の自責点に。

 この日は、3.1イニングで被安打9、自責点6、奪三振1とかなり苦戦してしまいました。

 エンゼルス打線ですが、大谷選手が3回に3失点を喫し、2-3と逆転された直後の4回表に、カート・スズキのタイムリーなどが出て4−3と逆転し、大谷選手を援護しましたが、4回裏の6失点が響き、5回表にジョー・アデルのトリプル兼送球エラーで1点を追加するのが精一杯。

 ただ、3番手以降のブルペンは頑張り、5回以降は1失点で締めたのは良かったと思います。

 大谷選手は今季2敗目。10勝目は次回にお預けとなりました。

 大谷選手はホセ・アルトゥーベに3打数3安打、アレックス・ブレグマンには2打数2安打と、キーマンとなるこの2人に良いようにやられてしまいました。次回はねじ伏せてもらいたいですね。

あと3度ありそう

 エンゼルスはこの日が141試合目。残り21試合。大谷選手は最大であと3度、回ってきそうです。二桁を超えてもらいたいですね。

 中6日空けるとして、次は17日ならアスレチックス戦。その次は23日ならアストロズ戦、もしくは24日ならマリナーズ戦。今季最後の登板はおそらく10月1日から始まるマリナーズとの3ゲームシリーズのどこかになるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました