スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手、アストロズ打線から12SOを奪い9勝目!シーズンSOはAL4位へ

2022年15試合目の登板もグレート!

 現地2022年7月13日は大谷選手の今季15試合目の登板日でした。

 対戦相手は、強敵のアストロズ。投手・大谷とアストロズは今季3度めのマッチアップ。過去2度はいずれも4月の対戦で、4月7日のオープニング・デーでの対戦は4.2イニングで1失点ながら、敗戦投手に。しかし、4月20日は6イニングを投げ、被安打1、スコアレス、12奪三振と圧巻の投球を見せました。この時の勝利が今季の初白星。ここまで1勝1敗。

 アストロズ相手にも勝ち越しておけば今後の戦いにも良い影響が出そうです。現時点でALでNO.1あるいはNO.2かという強いアストロズに対して、またしてもいい投球を見せてくれました!

大谷登板日でしか勝っていないLAA

 さて、直近のエンゼルスはかなりひどい状態。5連敗中です。その前にも7/1-7/5まで4戦で4連敗。

 つまりエンゼルスは6月29日から大谷選手の登板日でしか勝てていないのです。

1番P-DHで投打走に活躍!

 ここのところ、打順では3番というのが多かった大谷選手でしたが、この日はもう期待が強すぎて、ついに1番P-DHでの起用となりました。

 エンゼルスはマイク・トラウトがバック・イシュー(腰痛)でスタメンから外れましたので、余計に投打ともに頼られる状況になりました。

Y・アルバレス、10Day IL 

 アストロズ打線で厄介のはアルトゥーベ、ブレグマン、タッカー、アルバレス。このうち、ヨルダン・アルバレスは手を傷めており(詳細は不明)、現地2022年7月10日時点で10 Day IL入り。したがってこの日はスタメンに名を連ねておりません。

 また大谷選手に強いマイケル・ブラントリーも6月28日付けでショルダー・イシューでIL在籍中です。

最終6イニング目で100.6mph

 この日の大谷選手はボールが走っていました。1回表、先頭のホセ・アルトゥーベに四球を出しましたが、これは慎重に行った結果。アルトゥーベは特に初回に先制打を放ち勢いをつけることが多いので、むしろ四球で良かったくらい。ただ、相当気を使っていたようで、いきなり98mph以上を連発しておりました。

 この日はスライダーも良かったです。よって、2回以降はカーブ、スライダーなどのオフ・スピード・ボールを多投。これで体力もかなりセーブできたと思います。

 そしてギアを上げるべきところは上げて、なんと最終イニングとなった6イニング目に100.6mphを2度出しています。

 強もスタッシのリードは冴えていました。

 結果、このゲームでは6.0イニング、105球を投げ、被安打4、失点1、BB2、SOが12!いいピッチングでしたね。

打っては2ラントリプル

 そしてこの日はリードオフとして打撃でも勝利に貢献。2回裏には2アウトでランナー1、2塁で打席が回ってきて、アストロズ先発のクリスチャン・ハビエルからRF線へ痛烈な当たりのトリプルを放ち、2点を追加。エンゼルスは2回を終えて3-0とリードしました。

 この日の大谷選手の打撃成績は、4-2、1BB、2RBI。

 打線は6回裏に、ジョー・アデルほか3人のタイムリーが出て、4点を追加。7-1とリードします。

 7回以降は両クラブともにブルペンが頑張り、結果的に7-1のスコアでエンゼルスが快勝しました。アストロズはけが人が多かったとは言え、この日の大谷選手には相当苦戦しましたね。

前年に並ぶ9勝、そしてSOも上位

 大谷選手はこの日の勝利で9勝目(4敗)。ERAも2.38と向上しました。

 2021年は投手として9勝でしたが、今季は前半戦でそれに到達。すごいです。

 現地2022年7月14日時点で投手成績ではご覧の通り。

  • 勝利数9はMLB6位タイ。ALでは4位タイ。
  • 奪三振 123は、MLBでは7位タイ、ALでは4位タイ

 MVP2ピートが現実味を帯びてきた活躍でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました