スポンサーリンク

大谷選手、ブロンクスで強烈な一発!HRトップタイの26号!

大注目の環境で強烈なご挨拶

 現地2021年6月28日(月)、エンゼルスは東海岸遠征。大谷選手はついにブロンクスにあるヤンキー・スタジアムに登場です。

 大谷選手がヤンキー・スタジアムでプレーするのは、2018年5月25日から27日にかけておこなれた3連戦以来のこと。東海岸と西海岸のクラブは対戦カード自体は年に1度ほど組まれます。そして2年1度の割合で、互いのホームに行ったりきたりということが多いです。ちなみに、2018年に登場した時はノーヒットでした。

 センセーショナルな活躍を見せる大谷選手の2021年。ニューヨークにはMLBのHQ(ヘッドクォーター)があり、試合時間の基準も東部時間です。野球以外の様々なものも集まるニューヨークにおいて、一発、大きな仕事をやってくれないかなと思ったら、それ以上にインパクトのあることをやってくれました。

2021年ブロンクス初打席でHR

 この日、2番DHで起用された大谷選手は、1回表、いきなりやってくれました。ヤンキースの先発は、マイケル・キング。横の変化で勝負する投手で、特にシンカーがいい投手。また左打者から逃げるようにして落ちるチェンジアップも得意としています。

 大谷選手の第一打席。初球はスピードも乗った96.2mphのシンカー。これはいいボールでした。その後、カットボール、チェンジアップ、チェンジアップ。なかなか、苦戦しそうないい投球でしたが、フルカウント後、投じられたボールはカーブ。

 膝下に曲がってくるボールに大谷選手がうまく対応。これが弾丸ライナーでライトスタンド奥深くに刺さる先制のソロHRに。マイケル・キングも試合後、ボールの選択を間違えたと嘆きました。

エンゼルス史上、もっとも強い当たりのHR!117.2mph

 このHRの打球打ち出し速度は117.2mph。これは2015年から始まったStatcastでエンゼルスのプレーヤーの中で最も速い打球速度のHRとなりました。飛距離は416フィートで、126.797メートル。

 なお、これまでもエンゼルス内では大谷選手が最も打球速度の速いHRを放っており、そのときは117mph。今季、5月25日のロイヤルズ戦で放ったHRでした。

 また、大谷選手は同年4月12日に119mphの二塁打を放っています。

 しかし、これは強烈なご挨拶となりましたね。大谷選手は微塵も態度に出しませんが、「見たか!」というセリフをつけたくなるくらいのすごいHRでした。

HRトップタイ

 ア・リーグのHRランキングトップを独走していたブルージェイスのヴラディミール・ゲレロ・Jr.ですが、この日はゲームがありませんでした。大谷選手はゲレロ・Jr. とトップタイとなる26号HRです。

 ピッチャーズ・パークの多い西海岸のスタジアムをホームとする中でのトップタイは非常に価値のあることです。

 エンゼルスは1回表、ジャレッド・ウォルシュにもタイムリーニ塁打が出て、1回表に2点を奪いました。

バンディー、暑さで体調不良

 エンゼルス先発はディラン・バンディー。ナイト・ゲームではあったものの、初回はまだ日が高く、バンディーは尋常でないほど汗をかいていました。プレーボール時の気温は華氏90度(摂氏32度)もあったようです。おまけにヤンキー・スタジアムはスタンドの1列目が低いのですり鉢の底に当たるマウンドはかなり暑かった模様。

 そのバンディーは立ち上がりから3連打を浴び、1点を返されます。2回裏には、ジオ・アーシェラにも一発を打たれ、2-2のタイに。

 そして2アウトを奪った後、まさかのマウンドでの体調不良。詳細は書くのをやめておきます。マウンド上での流血はたまにあることですが、そうではありません。ご覧になりたい方は下記のリンクを。閲覧注意です。一応、最初だけ3塁側からではなく1塁側からの映像を探しました。始まって1-2秒はすごい汗というのがわかります。その後はすぐにご注意を。D.J.ルメイヒューの表情が、「あかん」という感じでよく状況を表していたと思います。

バンディーの体調不良(Twitter動画)

 これは熱中症のようなものでしょうか?こんなのは初めて見ましたが、ヘロヘロな状態で投げていたのでしょう。

緊急登板でホセ・スアレスがナイス・ピッチ 

 バンディーのトラブルで急遽、マウンドに上がったのがホセ・スアレス。とても23才には見えませんが、今季はメジャー3シーズン目。

 ホセ・スアレスはD.J.ルメイヒューを打ち取り、2回をしのぎきりました。

 リリーバー陣が出て先取点をひっくり返されるという、エンゼルスのいつもパターンかと思われましたが、この日はホセ・スアレスにすくわれましたね。

 エンゼルスは中盤5回にマックス・スタッシのタイムリーで1点を勝ち越して、3-2に。

 6回表にはフアン・ラガレスのHRで4-2に。

 ホセ・スアレスは6回裏にジャンカルロ・スタントンに一発を浴びるも、7回まで5.1イニングを投げて、被安打がたったの2で、失点1、四球1、奪三振5。ナイス・ピッチを見せました。

 その後は、スティーブ・シーシェック、ライセル・イグレシアスがパーフェクト・リレーを見せ、5-3で4ゲームシリーズの初戦を取りました。

ロッカールーム:トラウト、早期復帰ならず

 7月に入ればトラウトが帰ってくる!と思っていたのですが、現地2021年6月28日、エンゼルスはマイク・トラウトを60Day ILに入れました。現時点ではまだ50%の回復にも至っていない模様で、オールスター前の復帰はなくなり、最低でも7月17日までは復帰は無理なようです。

 よって、オールスターもベンチには入るでしょうが、ゲームには出ない見込みです。

 トラウトが復帰すれば大谷選手も少しは楽になるかと思っていましたが、ここはアンソニー・レンドンにも頑張ってもらいましょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました