【NLDS2019-Gm3】ナッツ、A・サンチェスが力投も痛恨のリレー失敗!ドジャースが2勝目

ドジャース、2勝1敗でNLCSへ王手

現地2019年10月6日のドジャース@ナショナルズのNLDS Game3は、ナショナルズ先発のアニバル・サンチェス(Aníbal Sánchez)が力投!5回を投げ、奪三振9の大興奮のピッチングを演じ、大いにスタンドを盛り上げる序盤となりました。

しかし、中盤まさかの展開に・・・。

スターティング・ラインナップ

ナショナルズのスターティングラインナップは左腕のリュウに関係なくいつものメンバーですが、ビクター・ロブレスがハムストリングス痛ということでCFにはマイケル・テイラーが入りました。

一方のドジャースは今季アニバル・サンチェスとは打率.210が示しているようにあまり相性がよくありません。

打席数も少ないのですが、もっともよく打ったバッターがジョク・ピダーソンの.375、次がジャスティン・ターナーが.333、その他はマンシー、ベリンジャーがともに.250、参考程度にギャビン・ラックスが2−1で.500という結果でした。

ギャビン・ラックスを起用し、捕手にはラッセル・マーティンを入れてきましたね。

(サマリー)

ゲームサマリーですが、前半を支配したのはナショナルズ先発のアニバル・サンチェス。よかったですね。詳細は後述します。

ドジャース先発のリュウはまあまあという出来でした。

リズムに乗ったアニバル・サンチェス

アニバル・サンチェスは初回、ヒットと2つの四球で満塁のピンチを迎えますが、A.J.ポロックを三振に打ち取り無失点で切り抜け、リズムに乗りました。

ナッツ、ソトの2ランで先制

先制点はナショナルズで1回裏、四球のアダム・イートンを1塁に置き、3番のアンソニー・レンドンが倒れてチャンスが潰えたかに見えた直後、フアン・ソトがCFへ大きな2ランHRを放ち、2−0と幸先よくスタートを切りました。

マンシーが反撃のソロHR

その後、両投手の好投が続き、5回表、ドジャースは2アウトからマックス・マンシーがRFへソロHRを放ち、2−1と1点差に詰め寄ります。アニバル・サンチェスは5回表で降板。

問題の6回表、ナッツ、痛恨のリレー失敗で7失点

問題の6回表。ナショナルズはなんと驚くことに2番手にGame1で先発し、6イニングを被安打3、失点2と好投したパトリック・コービンを起用。

しかし、このリレーが裏目に。

2アウトまで漕ぎ着けていたのに

パトリック・コービンは先頭のベリンジャーにヒットを許した後、シーガー、ポロックと連続三振に斬って取り、2アウトまで漕ぎ着けていたのです。

しかし、ギャビン・ラックスの代打で起用されたデービッド・フリースにシングルを許し、2アウト1・3塁のピンチに。シフトの弊害が出ました。2Bゴロでしたね。

ラッセル・マーティンに逆転打

そしてこの日の殊勲者となったラッセル・マーティンに走者一掃のタイムリーダブルを打たれ、ドジャースに一気に3−2と逆転を許します。2アウトランナー2塁。

つづくピッチャーの打席で代打にクリス・テイラーが送られます。そのテイラーには四球を与え、2アウト、ランナー1・2塁に。

キケにも2点タイムリーダブル

なんとか止めたかったのですが、つづくエンリケ・ヘルナンデスには2者の生還を許す二塁打を打たれ、スコアは5−3。2アウト、ランナー2塁。

まだ続きます。

マンシーを申告敬遠で歩かせ、ランナー1・2塁となったところでパトリック・コービンが交代。ピッチャーは右腕のワンダー・スエロに。

代わったW・スエロはJ・ターナーに3ランHRを浴びる

その代わりばな、ジャスティン・ターナーには2ストライクと追い込んでいたもののフルカウントまで粘られ、6球目。甘く入ったところをLFブルペンに放り込まれ、これが3ランHRとなりスコアは8−3にまで広がります。ターナーには全てカットボールですべて同じ90ナイル半ばの球速帯でした。それは打たれますね。

続くコディー・ベリンジャーにも二塁打を打たれたものの、コーリー・シーガーを2Bゴロに打ち取り3アウト。

ドジャースはこの回、7得点でスコアは8-2。

ナッツ、悪い方のJ・ケリーで2点を還す

6回裏、ドジャースのマウンドにはジョー・ケリーが上がりました。コントロールが荒れる悪い方のケリーが出てナショナルズは2点を還し、8-4としました。

しかし反撃もここまで。

ハウィー・ケンドリックのタッチアップ・アウト

ドジャーの犠牲フライで2点目を取った時、二塁ランナーのハウィー・ケンドリックが3塁にタッチアップを試み、アウトになったプレーは、試合後、本人は「直感を信じた」と言っていましたが、走るべきではなかったですね。あれで勢いが無くなってしまいました。

ドジャースは9回表にハンター・ストリックランドからラッセル・マーティンが2ランHRを放ち、10−4に。

最後はケンリー・ジャンセンが締め、10−4でドジャースが勝利。NLDSを2勝1敗とし、NLCSへ王手をかけました。

Game Score

アニバル・サンチェスを讃えよう

6回パトリック・コービンが登板した時、ナショナルズの勝負のかけ方にしびれました。しかし、2アウト後にまさかの逆転劇を許す展開に。

確かにパトリック・コービンのピッチングはわずかに甘かったですし、リードも打者が反応しやすい選択になったと思いますが、これは結果論になってしまいます。ナッツ・バッテリーはGame4に向けて対策を講じてもらいたいと思います。

なんと言ってもゲーム前半を盛り上げたアニバル・サンチェスのピッチングをたたえたいと思います。チェンジアップのブレーキが凄まじかったですね。

感動してしまいました。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク