スポンサーリンク

【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長

ロッキーズ、ローテーションの柱に長期契約

 現地2022年4月19日、コロラド・ロッキーズがエースのカイル・フリーランドと5年の契約延長でサインしました。

Kyle Freeland Stats | Baseball-Reference.com
2022: 0-2, 10 ERA, 7 SO,Career: 40-42, 4.28 ERA, 517 SO, P, Rockies 2017-2022, t:L, born in CO 1993, Free

契約詳細

 ロッキーズとカイル・フリーランドの契約詳細はこちらです。

  • 5 年/$64.5M (2022-26)
    • 調停を避けて現地2022年4月19日にサイン
      • 調停レンジは $7.8M-$6.425Mでした。
    • 支払い:$7M(2022)/  $10.5M(2023)/ $15M(2024)/ $16M(2025)/ $16M(2026)
    • やや特殊なオプション(ほぼべスティング・オプション)
      • 2026年に170IPに到達すれば、2027年は$17Mでサイン(プレーヤー・オプション)
    • やや特殊なオプトアウト
      • 2022年から2024年にかけて、いずれのシーズンにおいてもサイ・ヤング賞の投票でTOP5に入れば、2024年シーズン終了後にオプトアウト可。

MLS 4.144

 2022年1月時点でのカイル・フリーランドのMLSは4.144。今は調停の真っ只中ですね。今回は調停を避けてサインした訳ですが、そもそも調停のレンジは$7.8M-$6.425Mでした。ちなみに2021年はいくらだったかというと、$5.025M。

 2022年の設定サラリーは$7Mですからレンジ内に収めて、2023年に$10M超え、以降$15M、16Mと推移し、2027年にべスティング・オプションとほぼ同等のオプションが設定されており、成績次第でもう1年の追加も可能。

 また、べスティングの要素の入ったオプトアウトは知る限り、初めてみました。なかなか面白い契約だと思います。

カイル・フリーランドとは

 カイル・フリーランドは1993年5月14日生まれの28才(現地2022年4月19日時点)。今季は実質29才のシーズンですから、今回の5年の延長は33才までのシーズンの契約になります。

デンバー・ネイティブ 

 コロラド州デンバーの出身で、高校卒時の2011年にフィリーズから35巡目で指名されるも拒否。大学はインディアナ州のエバンズビル大学(University of Evansville)に進学。インディアナ州はシカゴのあるイリノイ州の隣。結構、離れたところに移りましたね。

 2014年、ロッキーズから1巡目指名を受け(全体8位)、プロ入り。その年のうちにルーキー・リーグ、クラスAでプロでのデビューを果たしました。

 2015年はもう一度ルーキーからスタートし、ハイAで投げ、秋にはアリゾナ・フォール・リーグ(AFL)に参加。ここで6試合に先発、25.1イニングを投げて、4勝1敗、ERA 2.84をマーク。いろんな投手が参加しているAFLで4勝というのはなかなか珍しいですね。

 2016年はダブルAで開幕を迎え、トリプルAにも昇格。2つのレベルで計162.0イニングに登板。完全にメジャーでの予行演習を行えましたね。双方合わせて26スタートで、11勝10敗、ERAは3.89。

際立った2017年と2018年

 デビューは2017年4月7日。ドジャース戦に先発。6イニングを投げて、被安打4、失点1、BB2、奪三振6で見事に初勝利を上げました。

 カイル・フリーランドはデビュー2年がかなりよく、2017年が11勝11敗で、ERAは4.10。2017年7月9日のホワイトソックス戦では、8.1イニングをヒットレスに抑え、あわやロッキーズ史上2人目のノーヒットノーランなるか?というところまで来ましたが、メルキー・カブレラに左中間を破られ、残念ながら記録達成ならず。ジョーダン・ライズとのリレーで10-0のスコアで1安打完封勝利を上げています。

 2018年は、8月6日から11先発して8連勝を上げ、結果、17勝7敗、ERA2.85で、サイ・ヤング賞の投票で4位に入りました。

2019年に壁

 順調なプロスタートを果たしてカイル・フリーランドでしたが、2019年は絶不調に陥り、3勝11敗で、ERAは6.73に。チューンナップでマイナーに落ちました。ひょっとしたら、どこかが悪かったかもわかりませんが、特に大きな怪我はありませんでした。

 短縮シーズンの2020年は2勝3敗、2021年は7勝8敗、ともにERAは4.33。

 2022年はオープニング投手を務め、ドジャース戦に臨みましたが5失点で負け投手。2戦目もカブスに5失点を奪われ、負け投手。

 3戦目となったフィリーズ戦でようやく5回2失点と上向いては来ておいます。いずれにせよ、ロッキーズは彼が軸で回らないと厳しいので、ローテーションの柱としてのよろしくとの意味も込められた契約延長のように思います。

 カイル・フリーランド個人ではまだ良い結果は出ていませんが、ロッキーズは8勝3敗と好調。ドジャースと同率首位です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました