スポンサーリンク

【MLB2023】ロッキーズ、ノア・デービスが緩急の効いたしびれる投球でルイス・カスティーヨに対抗!

主役を差し置いても取り上げたい投球

 現地2023年4月16日、シアトルのT-Mobileパークにてロッキーズ@マリナーズの3ゲームシリーズのGame3が行われました。このカードはマリナーズが2連勝ですでに勝ち越しを決めており、今回はロッキーズをスイープするべくルイス・カスティーヨがマウンドに上がりました。

主役はあくまでケルニックとカスティーヨ

 先にスコアをお伝えするとこのゲームはマリナーズが1-0で勝ってロッキーズをスイープしました。

MLB Gameday: Rockies 0, Mariners 1 Final Score (04/16/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 全くと言っていいほど目立たないカードではありましたが、内容は非常に熱く、壮絶な投手戦が繰り広げられました。

 このゲームの主役はあくまでもマリナーズ先発のルイス・カスティーヨと唯一の得点を叩き出したジャレッド・ケルニックの2人です。

 特に、ルイス・カスティーヨは6回までパーフェクトを継続。7回表、イニング先頭のジュリクソン・プロファーにLFへシングルヒットを打たれ、惜しくも大記録達成はなりませんでしたが、ロッキーズ打線に全くと言っていいほどチャンスを与えませんでした。さすがの投球です。

 さらに、今季絶好調のジャレッド・ケルニックは、決勝点となるシングルを放っただけでなく、終盤8回表に同点に追いつかれるピンチを迎えたところでダイビング・キャッチを披露して阻止。まさに攻守双方で大きな仕事を成し遂げ、ヒーローでもありました。

 そんな素晴らしいパフォーマンスの2人を差し置いても、取り上げたいのがロッキーズ先発のノア・デービスの投球です。

ノア・デービスのしびれる投球

 ノア・デービス(Noah Davis)ですが、1997年4月22日生まれの25才。まもなく26才になります。

 2018年のアマチュア・ドラフトのレッズの11巡目指名。2021年のトレードデッドラインでレッズがマイケル・ギブンスを獲得したトレードでロッキーズへ移籍。

 デビューは2022年で、10月5日の最終戦となったドジャース戦で1イニングを投げました。被安打3、失点2、SO 2,HR 1という成績。この時は試し投げですね。デビュー即、コディー・ベリンジャーと対戦していきなりHRの洗礼を浴びましたが、2三振を奪っています。

実質的にデビュー戦

 そのノア・デービスですが、このゲームがシーズン・デビュー。上述の通り、2022年に1イニングだけを投げてデビュー済みではありますが、むしろこの日が実質的なデビュー戦と捉えても良さそうです。

オフスピード・ピッチに高い精度!

 そんなノア・デービスですが、立ち上がりから堂々とした投球を披露。先頭打者のフリオ・ロドリゲスをブレーキ抜群のチェンジアップで見逃し三振。

 2番のタイ・フランスを92.8mphのシンカーでSSゴロ、3番のエウヘニオ・スアレスには、緩急を使い分け、最後は94.1mphのシンカーで三振に仕留め、三者凡退。

 素晴らしかったのがコマンドです。彼はコントロールはすでに自信を持っているようで、その堂々とした投球はおそらくそれに基づいたものかと思います。特にエウヘニオ・スアレスには見事なくらいの外の出し入れで勝負しました。

MAXは94.7mph 

 コマンドを信条としている様子からやはりベロシティーは特別速いわけではありません。この日のMAXは5回表にA.J.ポロックに投げた94.7mphのシンカー。

 スライダーが83mphほどと78mphのほどの2種類を投げ、さらにカーブはもう少し遅くて76-77mphというところ。そしてチェンジアップが83mphほど。あとはカット、シンカーも投げていたと思います。

 そのオフスピードのコマンドの精度が素晴らしく、緩急も効いていることからファストボールが数字以上に速く見える投手です。

あやうくカムバッカーが直撃

 1、2回を三者凡退で抑えたノア・デービス。2回裏にはあわやカムバッカーが直撃か!という当たりを打たれますが、間一髪、打球軌道から逃れて無事でした。スローで見ると背中をかすっているので本当に危なかったです。

 3回裏にコルテン・ウォンとJP・クロフォードに連続安打を許しましたが、フリオ・ロドリゲスをスライダーでSSゴロに打ち取り、ダブルプレーでピンチを脱出。

 4回裏にも四球とシングルでランナー二人を背負いましたが、やはりここでもダブルプレーで逃げ切り、マリナーズ打線を翻弄します。

 5回裏は2つの四球でピンチを作りましたが、またしてもフリオ・ロドリゲスを打ち取り、見事に5イニングを投げきりました。

 ノア・デービスは5.0イニングで、95球を投げ、被安打3、失点0、BB 3、SO 5と最高の投球を見せました。

 特別速いボールを投げることが出来ない投手にはお手本のような投球でした。

 なお、ノア・デービスが上がったのはヘルマン・マルケスの怪我が原因。もしマルケスがヘルシーなら、シーズン・デビューはもっと遅くなっていた・・・と思うと、ロッキーズは抜群のタイミングで上げてきたなと思います。

 ゲームリキャップです。ルイス・カスティーヨとジャレッド・ケルニックを気にしつつも、ノア・デービスの投球もよく見てやってください。素晴らしい投球でした。

【YOUTUBE】Rockies vs. Mariners Game Highlights (4/16/23) | MLB Highlights(CONDENCED) 

 なお、ルイス・カスティーヨは、7回、2ヒッター、スコアレス、BB 0、SO 9でした!

 素晴らしいゲームでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました