スポンサーリンク

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封

チャド・クール、ナイスピッチング!

 現地2022年6月27日、ロッキーズのチャド・クールがドジャースを相手に3ヒッター、コンプリート・ゲーム・シャットアウトを達成!3安打完封です。

 ヒッターズ・パークで有名なクアーズ・フィールドにおいて、しかも相手はドジャース打線。これは素晴らしい投球でした。

投壊のロッキーズに朗報

 ロッキーズは4月は12勝9敗と勝ち越し。開幕して10試合ほどはその打撃力で、ナ・リーグ中地区をリードしていました。

 打撃は本当に好調で、現地2022年6月27日終了時点においても、チーム打率で行けば、.260と1位のレッドソックスの.261を脅かす勢い。安打数663もレッドソックスに次いで2位。ただ、得点はMLB13位の329得点。打率と結ぶついていないので、長打を含め効率よく攻撃できていない点もあるのですが、打撃自体は良いのです。

 しかし、ゲームを重ねるにつれて、明るみになってきたのが投手力の弱さ。チームERA 4.87はMLB27位で、30クラブ中ワースト4位。

 スターターのERA 4.96はMLB26位。これでもこの日のチャド・クールの成績が入ってこの数字です。リリーバーのERA4.72でMLB28位でワースト3位。いずれもレッズが悪すぎて辛うじてワーストになっていない状態でもあります。 

 つまり、バランスがかなり悪いのです。このような状態なので、春先の調子の良さもすぐに吹き飛んでしまい、現地2022年6月27日を終えた時点で32勝42敗でナ・リーグ西地区の最下位。ただ、借金10は他の地区の最下位と比べると断然、上の数字です。

 そんな状態ではありますが、この日のチャド・クールの投球はクラブに良い雰囲気をもたらすのに十分な投球でした。

チャド・クール、3ヒッター!

 この日、チャド・クールは5回までドジャース打線を1安打に抑え込む好投。2本目は7回表にようやくフレイジャー・フリーマンが1本、シングルを放ったのみ。

 ただ、さすがに9回表に試練が訪れ、先頭のギャビン・ラックスが二塁打を放ち、出塁。最後の最後にスコアリング・ポジションにランナーを背負う投球となりました。

 しかし、チャド・クールはトレイス・トンプソンから三振を奪い1アウト。つづくトレイ・ターナーは3Bゴロに仕留めて2アウト。このアウトは3Bのライアン・マクマホンの超のつく強肩でアウトにしました。

 そして最後はフレディー・フリーマンをCFライナーに仕留めて、見事にコンプリート・ゲーム・シャットアウトを成し遂げたのでした。

 なお、この日出たドジャースの3安打のうち、2本がギャビン・ラックスでした。あとの1本は上述の通り、フレディー・フリーマンでしたから、最後の最後に厄介なターンに当たったのですが、見事にかわしましたね。

冴え渡ったシンカー

 チャド・クールはMLB内では軟投派のカテゴリーに入ると思います。この日のファストボールはほとんどがlow-90mphで、91-93mph。MAXは94.8mph。

 そのファストボールは全てシンカー。4シームも中にはあったかもしれませんが、おそらくシンカーのみです。

 そして86-88mphほどのスライダーと85mphほどのチェンジアップの組み合わせ。

 ドジャース打線は微妙にずらされた感じで、三振は5つのみ。これはチャド・クールが真骨頂でしょう。

 球数は9回を投げて102球。いかに効率よく打ち取ってきたか!ということでもありますし、なんと言ってもゾーンで勝負したということですから、度胸満点でしたね。

 チャド・クールはこの勝利で5勝5敗。このままいい投球を続けてもらいたいですね。

クリス・ブライアントが復帰

 なお、腰痛で今季2度も10Day ILに入っていたクリス・ブライアントがこのゲームから復帰。4打数1安打を放っています。

ホセ・イグレシアスに今季初HR

 なおロッキーズ打線は、1回裏にC.J.クロンのタイムリー、2回裏にはエリアス・ディアスにタイムリーが出て序盤に2点を先制。

 さらに6回裏にはホセ・イグレシアスに今季第1号の2ランHRが出て、4-0のスコアでドジャースに勝利しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました