スポンサーリンク

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封

チャド・クール、ナイスピッチング!

 現地2022年6月27日、ロッキーズのチャド・クールがドジャースを相手に3ヒッター、コンプリート・ゲーム・シャットアウトを達成!3安打完封です。

 ヒッターズ・パークで有名なクアーズ・フィールドにおいて、しかも相手はドジャース打線。これは素晴らしい投球でした。

投壊のロッキーズに朗報

 ロッキーズは4月は12勝9敗と勝ち越し。開幕して10試合ほどはその打撃力で、ナ・リーグ中地区をリードしていました。

 打撃は本当に好調で、現地2022年6月27日終了時点においても、チーム打率で行けば、.260と1位のレッドソックスの.261を脅かす勢い。安打数663もレッドソックスに次いで2位。ただ、得点はMLB13位の329得点。打率と結ぶついていないので、長打を含め効率よく攻撃できていない点もあるのですが、打撃自体は良いのです。

 しかし、ゲームを重ねるにつれて、明るみになってきたのが投手力の弱さ。チームERA 4.87はMLB27位で、30クラブ中ワースト4位。

 スターターのERA 4.96はMLB26位。これでもこの日のチャド・クールの成績が入ってこの数字です。リリーバーのERA4.72でMLB28位でワースト3位。いずれもレッズが悪すぎて辛うじてワーストになっていない状態でもあります。 

 つまり、バランスがかなり悪いのです。このような状態なので、春先の調子の良さもすぐに吹き飛んでしまい、現地2022年6月27日を終えた時点で32勝42敗でナ・リーグ西地区の最下位。ただ、借金10は他の地区の最下位と比べると断然、上の数字です。

 そんな状態ではありますが、この日のチャド・クールの投球はクラブに良い雰囲気をもたらすのに十分な投球でした。

チャド・クール、3ヒッター!

 この日、チャド・クールは5回までドジャース打線を1安打に抑え込む好投。2本目は7回表にようやくフレイジャー・フリーマンが1本、シングルを放ったのみ。

 ただ、さすがに9回表に試練が訪れ、先頭のギャビン・ラックスが二塁打を放ち、出塁。最後の最後にスコアリング・ポジションにランナーを背負う投球となりました。

 しかし、チャド・クールはトレイス・トンプソンから三振を奪い1アウト。つづくトレイ・ターナーは3Bゴロに仕留めて2アウト。このアウトは3Bのライアン・マクマホンの超のつく強肩でアウトにしました。

 そして最後はフレディー・フリーマンをCFライナーに仕留めて、見事にコンプリート・ゲーム・シャットアウトを成し遂げたのでした。

 なお、この日出たドジャースの3安打のうち、2本がギャビン・ラックスでした。あとの1本は上述の通り、フレディー・フリーマンでしたから、最後の最後に厄介なターンに当たったのですが、見事にかわしましたね。

冴え渡ったシンカー

 チャド・クールはMLB内では軟投派のカテゴリーに入ると思います。この日のファストボールはほとんどがlow-90mphで、91-93mph。MAXは94.8mph。

 そのファストボールは全てシンカー。4シームも中にはあったかもしれませんが、おそらくシンカーのみです。

 そして86-88mphほどのスライダーと85mphほどのチェンジアップの組み合わせ。

 ドジャース打線は微妙にずらされた感じで、三振は5つのみ。これはチャド・クールが真骨頂でしょう。

 球数は9回を投げて102球。いかに効率よく打ち取ってきたか!ということでもありますし、なんと言ってもゾーンで勝負したということですから、度胸満点でしたね。

 チャド・クールはこの勝利で5勝5敗。このままいい投球を続けてもらいたいですね。

クリス・ブライアントが復帰

 なお、腰痛で今季2度も10Day ILに入っていたクリス・ブライアントがこのゲームから復帰。4打数1安打を放っています。

ホセ・イグレシアスに今季初HR

 なおロッキーズ打線は、1回裏にC.J.クロンのタイムリー、2回裏にはエリアス・ディアスにタイムリーが出て序盤に2点を先制。

 さらに6回裏にはホセ・イグレシアスに今季第1号の2ランHRが出て、4-0のスコアでドジャースに勝利しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました