スポンサーリンク

【MLB2020】ダブルヘッダー日は7イニング制に決定するも、今後もあり得るルールチェンジ

公平性と柔軟性のバランス

 現地2020年7月30日、MLBとMLBPAが久々にオフィシャルな会合を開催。今回は2020シーズンのリスケジュールに伴うダブルヘッダー日のゲームを7イニングで終了させることについて議論。合意に至りました。

COVID-19の拡散

 その契機はCOVID-19の感染が、チーム内パンデミックという状況が発生したがゆえですが、特にマーリンズは選手、コーチ合わせて陽性反応が18名(現地2020年7月31日)という状況。

 もうゲームが出来ないほどの状況です。このクラブ内パンデミックの原因は色々な報道がありますが、そこは一旦置いておきます。

急遽、延期となったゲーム

 延期となったゲームを記載しておきます。現地2020年7月30日時点での決定事項です。

マーリンズ

 マーリンズは現地7月27日から8月2日まで予定されていたゲームを延期することになりました。

  • 7/27-28: オリオールズ@マーリンズ:2 Games
  • 7/29-30: マーリンズ@オリオールズ: 2 Games
  • 7/31-8/2: ナショナルズ@マーリンズ : 3 Games

フィリーズ

 フィリーズは現地7月30日時点で選手以外にテスト陽性が2名出ていましたが、31日の情報では新規のテスト陽性となったものはおりません。当初組まれていた7月最終週カードが延期。さらに31日になってブルージェイズ戦も延期となりました。

  • 7/27-28: ヤンキース@フィリーズ:2 Games
  • 7/29-30: フィリーズ@ヤンキース:2 Games
  • 8/1: フィリーズ@ブルージェイズ(ダブルヘッダー):2 Games
  • 8/2: フィリーズ@ブルージェイズ: 1 Game

カージナルス

 現地2020年7月31日、カージナルスの選手にもテスト陽性反応が出ました。人数は明かされていませんが、複数とのこと。これにより、週末に行われる予定だったブルワーズ戦がGame 1が延期に。ブルワーズはホームオープナーの日でしたのでちょっと気の毒ですね。

  • 7/31 : カージナルス@ブルワーズ: 1 Game →8/2 WヘッダーGame2へ

ダブルヘッダー日は7イニングで終了

 天候不順で延期となったなら、まだ埋め合わせはなんとかなりますが、短いレギュラーシーズンの期間で1週間分のゲームが消えた訳ですからリスケジュールが大変です。

 9月27日に終了という「後ろ」が決められている中で埋め合わせをするにはもうダブルヘッダーという強行軍しかなくなりました。

 マーリンズ、フィリーズ、カージナルスに加え対戦相手もいる訳で、ダブルヘッダーの頻度が高くなったことにより、選手の負担を考慮し、7イニングで終了ということになりました。

2020シーズン限定

 この7イニング制は今季限定の処置です。

 7イニング制になったことで勝利投手の条件はどうなるのかは、おそらく雨天コールドの時のルールが適用されるのではないかと思います(こちらはまだ確認できておりません)。

 なお、2019年のフューチャーゲームでMLBはすでに7イニング制を導入しています。ただ、このゲームは2−2のタイスコアとなったため、延長で8イニング目も行われました。

  ちょっと物足りない感があったことは否めません。

公平性と柔軟性

 ルールとは何のためにあるのか言えば、可能な限り同じ条件で行うという公平性を担保するため。

 今回のダブルヘッダー7イニング制導入で、シーズン中に戦う試合数において公平性は保ててはいるものの、イニング数の公平性は崩れました。

 試合数を重視すればそうするしかありません。

 今後もCOVID-19により、新たな影響が発生するかもしれません。ひょっとしたらそれ以外の要素もあるかもわかりませんね。

 リーグの運営側としては公平性の犠牲は最小限に、可能なかぎり柔軟に対応していくというしかないでしょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました