スポンサーリンク

【オリオールズ2019】クリス・デービス、ヒットレスは54で終了!一転、安打マシーンに

クリス・デービス、祝福される

長い長いトンネルが終了しました。

現地2019年4月13日、フェンウェイ・パークでデーゲームで行われたオリオールズ@レッドソックス戦で、クリス・デービスが連続試合無安打の記録を終了させました。

54-0まで苦しむ

前日の12日のゲームで9回2アウトで代打で出たクリス・デービスChris Davis )。

チームは2点差まで追い上げて、レッドソックス側からすれば不気味な感じのする選手の登場でした。ただ、ランナーがいなかったのが幸いで、最悪の場合一発が出てもまだリードという状況でした。

フルカウントまで粘ったクリス・デービスの打球は一二塁間を破るヒット性のハーフライナーでしたが、シフトを敷いていたレッドソックス守備陣に捕まり、万事休す。これで54打数連続無安打まで伸ばしておりました。

初打席でタイムリー

そろそろという予感があったのか、右のリック・ポーセロが先発ということもあってか、今季から指揮を執っているオリオールズのブランドン・ハイド監督は、クリス・デービスを6番1Bで先発起用

初回、オリオールズは1アウトから2番のトレイ・マンシーニの二塁打でチャンスメイク。ドワイト・スミスが四球、レナト・ヌネスが三振、リオ・ルイーズ四球で2アウト満塁でクリス・デービスを迎えます。

クリス・デービスは初球のチェンジアップを見送った後の2球目のやや甘めの4シームを強振。これが、ライト前シングルとなり、2018年9月14日以来の長いトンネルを抜けたのでした。

「ベンチのみんなを見たら、だめだったよ」

ゲーム後、コメントを求められたクリス・デービスはこのように応えています。

“Obviously I’ve been looking forward to it for a while, but there’s no way to really put into words kind of what I was feeling really when I looked back at our bench and saw the guys going crazy.”

「明らかにずっと待ち望んできたものだったけど、ベンチを振り返ってみんなが騒いでいるのを見た時、なんとも言えないのが湧いてきてだめだったよ」

苦しんできた選手のコメントだなと思いました。

この日、何か特別なことをしてきたのかどうかはわかりませんでしたが、ひょっとしたら、シーズン終了後にでも何か教えてくれるかもしれませんね。

1,700万ドルという高いサラリーに対する批判や雑音の中、自分を見つめて克服した選手の言葉はなかなかいいものがあります。

そのクリス・デービスは今までの不調のぶり返しが来ました!

一転、安打マシーンに!5-3、4RBI

苦しんだ分は帳尻が合うもので、この日のクリス・デービスは5打数3安打、4打点と大活躍。

  • 1打席目:RF前2点タイムリー・シングル(2球目)
  • 2打席目:1Bゴロ(初球)
  • 3打席目:RFへ1点タイムリー・ダブル(初球)勝ち越し打(初球)
  • 4打席目:1アウト1、3塁でSSでゴロ。ダブルプレー崩れの間に3塁ランナーが生還し、1打点。(3球目)
  • 5打席目:先頭打者でLFへ2塁打。(2−2カウント)

この日対戦した投手はすべて右投手。

そして、積極的な姿勢が出ていました。最初の3打席はいずれも1st ストライク。攻めるぞ!という気持ちで臨んだことがとてもよくわかります。

そして落ち着いてきた4打席目以降は自分のボールを見極めるところまで精神的に余裕が回復してきたのがわかります。

オリオールズが中盤に集中打

4回を終わって2−2のタイスコアだったのですが、オリオールズが5回、6回、7回と効果的に加点。クリス・デービスにヒットが出たことで打線がつながりました。

スコアは9-5でオリオールズの勝利。

スコア
Orioles 9, Red Sox 5 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Orioles vs. Red Sox at Fenway Park

レッドソックス、ブルペンが失点

前日にエドゥアルド・ロドリゲスが7回途中まで投げ、ようやくローテーション投手が結果を出したレッドソックス。ポーセロもこの流れを!というところでしたが、この日のポーセロは、4回を被安打6、3失点。5BBというのが痛かったです。

今まで崩れることのなかったブルペンにほころびがでました。

6回から登板した3番手のコルテン・ブルワーが1アウトも取れずに被安打3、失点4、四球2と乱調。ゲームが決まってしまいました。

今までのリレーがむしろ奇跡的な仕事ぶりだったので、切り替えて次のゲームに臨んでもらいたいですね。先発が5回持たない状況ではブルペンも破綻しますので、まずは先発が仕事をしてもらいたいと思います。

現地2019年4月14日は、デービッド・プライスが登板します。オリオールズはジョン・ミーンズ。左投手です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました