スポンサーリンク

【MLB 2021】レッドソックス、イエロージャージでシーズン10勝目!左袖の617とは?

シティー・コネクト・ジャージを着用

 現地2021年4月17日(土)、レッドソックスは地元フェンウェイ・パークでホワイトソックスを迎えて3連戦のGame1が行われました。

 このシリーズは3ゲームシリーズで本来なら16日(金)から始まる予定でしたが、北米の東部地区が大雪となりGame1が土曜日に。延期となった16日(金)のゲームは18日(日)にダブルヘッダーのGame1にリスケジュールされました。

ボストン・マラソンに因み

 このホワイトソックスとの3ゲームシリーズでレッドソックスは”BOSTON”と銘打った特別仕様のジャージを着用。レッドソックスは紺と赤のオルタネイト・ジャージを着用しても、そのほかのジャージを着用することは珍しいです。

 かつては、ホーム用の白地に、”BOSTON”とタウンネームを使用したジャージを着たことがありましたが、それもボストン・マラソンをオマージュしてのことです。

 今回のようにガラリとデザインを変えて、ヘルメットやアンダーシャツまでチームカラーの赤やネイビーから離れたのは初めてというくらいにインパクトのあるデザインとなりました。

左袖の617とは?

 左袖についているパッチの”617”ですが、これはフェンウェイ・パークのエリア・コードを意味しています。エリア・コードとは日本の市外局番のようなもので、地域に割り振られた番号で、それが電話番号に付与されています。

これはフェンウェイ・パークのテレフォン・ガイドに載っている番号。617がついています。

Phone numbers:
General Information – 617-226-6000
Ticket Office – 877-REDSOX-9
Hearing Impaired Ticketing:617-226-6644
Special Events (non-ticketed events): 617-226-6791
Ballpark Tours: 617-226-6666
Merchandise Orders: 1-800-FENWAY-9

Fenway Park Information Guide | Boston Red Sox
This Information Guide was developed to give you a quick reference for the variety of Fenway accommodations and general Red Sox questions that are offered to ma...

電話番号の英語

 脱線ついでに、Marchandise Ordersの電話番号”1-800-FENWAY-9”に英語が入っているのはこういう訳です。

  • 1–なし
  • 2–ABC
  • 3–DEF
  • 4–GHI
  • 5–JKL
  • 6–MNO
  • 7–PQRS
  • 8–TUV
  • 9–WXYZ
  • O–なし

 FENWAYだと、336939。アメリカは結構、この手の英語表記で電話番号をアナウンスしているのが多く、最初は慣れが必要かもしれませんが、たとえ数字とアルファベットの割当でピンと来なくても、電話のキーには文字が振っていますから、英語通りにキーを押せば良いことになっています。

ボストン・マラソンは2013年のこと

 ボストン・マラソンの爆破テロ事件が起こったのは2013年4月15日のこと。爆発現場近くで被害に遭われた方の映像は当時かなりショッキングなものばかりでした。非常に痛ましい事件でした。

ジャッキー・ロビンソン・デーと重なる

 毎年4月15日はジャッキー・ロビンソン・デーで、ちょうどボストン・マラソンの事件と同じ日に当たるため、レッドソックスは42番のジャージを着用した後のゲームでボストン・マラソンに因んだジャージを着ています。

マーウィン・ゴンザレスが勝ち越しHR

 対戦相手がホワイトソックスとなり、今季の実力の本物度合いを知るには絶好の機会となった訳ですが、この日もナイス・ゲームとなりました。

 先発のニック・ピベッタは初回、先頭のティム・アンダーソンを打ち取ったものの、2番のアダム・イートン、3番のヨアン・モンカダに連続四球を与え、ピンチを迎えます。

 なんとか食い止めたかったところですが、ホセ・アブレイユにタイムリー二塁打、ヤーミン・メルセデスに3塁ランナーの生還を許す内野ゴロを打たれ、初回に2失点のスタートとなりました。

 3回裏、2点を追うレッドソックスは打線がつながり、アレックス・ベルドゥーゴの犠牲フライとラファエル・デバースの犠牲フライで2−2のタイスコアに持ち込みました。

 レッドソックスは6回裏、2アウトからこの日マスクをかぶったケビン・プラウェッキが二塁打でチャンスメイク。下位が作ったチャンスを1番のエンリケ・ヘルナンデスが、CF前にタイムリーを放ち、3-2と逆転。

 5回からニック・ビベッタをリレーしたマット・アンドリーズは、3イニング目となった7回表、ティム・アンダーソンのシングルをきっかけに、ヨアン・モンカダに犠牲フライを許し、3−3の同点に追いつかれます。

アダム・オッタビーノが三者連続三振

 8回表にアダム・オッタビーノが三者連続三振で流れを作ると、その裏、先頭のマーウィン・ゴンザレスがホワイトソックスの3番手、コディ・ヒューアーから勝ち越しとなるHRをCFへ放り込み、レッドソックスが4−3に。

 その後はクリスチャン・アローヨ、ザンダー・ボガーツのフェンウェイ独特の1塁線のグランドルール・ダブルなどでこの回一気に4点を追加したレッドソックスが7-4と勝利。

 9連勝後、ツインズにサヨナラ負けを喫しましたが、連敗することなく再び勝ちに結びつけたことはやはり今季は強いという感想しかありません。

 これでレッドソックスは10勝目。ア・リーグでは10勝1番乗りで、両リーグを合わせるとドジャースに次いで2番めに10勝に到達しました。

 このカードは18日のダブルヘッダーの1試合目はダラス・カイケルとタナー・ハウク。2試合目は、ホワイトソックスが未定で、レッドソックスがマーティン・ペレスが登板します。

 なかなか楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました