スポンサーリンク

【ロゴ】カージナルスがソフトにロゴを変更。2020年からのチームキャップに

2020スタートも一部使用開始

現地2019年8月8日の情報ですが、セントルイス・カージナルスがロゴをマイナーチェンジします。

現在のロゴはこのような感じです。

2019のCapのロゴ

新ロゴはソフトに

新しいロゴはソフトになっています。

左が2019までのロゴで右が新ロゴです。

下側の2つをご覧になっていただければ変更点が明確です。

S、T、Lの変更箇所

まず”S”の書き始めのエッジが柔らかくなっています。そして書き終わりには今までなかったエッジがぐいっと張り出しております。しかし、ソフトな感じにとどめています。

最も変わった箇所が”T”。角の鋭さを除き、且つ”止め”が入っている形に。

”L”は書き始めの横棒と縦棒の接触点を緩やかな接触に変更。

全体的にソフトな印象に変わっております。

これをキャップの刺繍で表現するのは大変ですね。

ネットではすでに新ロゴが登場

現地2019年8月10日のパイレーツ戦の試合結果のツイートですが、スコア部分のカージナルスのロゴがすでに新しいものに置き換わっています。

Sの書き終わりに止めが入っています。

このように印刷物やファイル系にはすでに新しいロゴを使用。

実際、物理的な刺繍の縫い付け作業が必要になってくるキャップは2020シーズンからのスタートになります。

ほんのすこしの変更ですが、やはり無意識的にも受ける印象が違ってきますね。

すでにユーザーインターフェースというか、ファンとの接点の部分としての観客動員数、ジャージの人気度ではトップランキングのクラブです。

観客動員数は300万人超えのドジャースに次いでMLB2位の241万人。これは球場のキャパも多いに関係があるのですが、それでもすでに良い結果を出しています。

MLB Attendance Report – 2019(ESPN)

ジャージも人気で”St. Louis ”ロゴのオルタネイトはアメリカでは非常に人気があります。

ロゴ変更のより根源的な理由を知りたかったのですが、そこまではわかりませんでした。

もちろん、オーナーのビル・デウィット3世(Bill DeWitt III)がOKを出しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

参照リンク:SPORTSLOGOS.NET

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました