スポンサーリンク

【MLB2020】レッドソックス、ロン・レニキーBCを”INTERIM(暫定)”監督として指名

MLB移籍/FA情報

あくまで”INTERIM”

 現地2020年2月11日、レッドソックスはハイム・ブルーム・ベースボール・オペレーション社長同席のもと、2020年の監督を発表しました。監督になるのは元ブルワーズの指揮官で、現ベンチコーチのロン・レニキー(Ron Roenicke)。

 ただし、タイトルは”INTERIM”、暫定です。日本では「監督代行」という言い方がしっくりくるかもしれません。

内部昇格

 ロン・レニキーは内部昇格。2017年11月にレッドソックスのベンチコーチに就任。2018-19シーズンと2シーズンにわたって現場での指揮に携わっていました。

暫定となった経緯

 前監督のアレックス・コーラがイリーガルなサイン・スティーリング・スキャンダルで監督を急遽辞めたことはご存じの通りです。

 残念ながら、レッドソックスも2018シーズンにリプレー・ルームを不正使用した疑いでMLBの調査結果を待つ段階です。

 レッドソックスは2017年にもレギュラーシーズン中の8月のヤンキース戦でアップルウォッチを使って打者にサインを教えていたという疑惑もありますが、今回のMLBの調査はそれを言及するかどうか定かではありません。おそらく2018年の問題に終始するではないかと思います。

 今回ロニキーを”INTERIM”としたのは、やはり2018年のコーラ体制の参謀的なポジションにいたという点が懸念されたと思われ、たとえロニキーが「シロ」であったとしても、コーラとパッケージとして見られることを懸念したとも思います。よって、MLB側からのレポートが出ていない以上、正式に監督として発表できなかったのではないでしょうか。

 MLB側からのレポートはスプリングトレーニング前にということでしたが、もうバッテリー組のワークアウトが始まってしまいます。おそらく今週中には出るのではないかと思われますが、レッドソックスとしてはもうスプリングトレーニングが始まってしまいますし、とにかく現場の指揮官は決めておかないとということも考慮しての監督発表に至ったのでしょう。よってレポートが出るまでは”INTERIM”というタイトルを外せなかったという事情が垣間見えます。

マネジリアル・サーチは継続

 ハイム・ブルーム氏もまだ監督探しは終わっていないとも明言。レッドソックスはコーラ解任後、元ブルージェイズのジョン・ギボンズ、現Dバックスのベンチコーチのルイス・ウルエタにインタビューした経緯がありましたが、スプリングトレーニング前までに決めるには至りませんでした。

 シーズン途中にロニキーが監督に就任するか、あるいは別の人が監督になるのかは今のところ見えませんが、ハイム・ブルーム氏は、”Prepare for 2020”と言っているようにとにかく2020シーズンに入るにあたってはロニキーの力を借りようということのようです。

ロン・レニキーの実績

Ron Roenicke Managerial Record | Baseball-Reference.com
Ron Roenicke Managerial Record

 ロン・レニキーは63才。監督として2011年から2015年までブルワーズを指揮。2011年には96勝で中地区を制覇。この年はNLCSでカージナルスに2勝4敗で敗れ、ワールドシリーズ進出はならず。

2011 NLCS - St. Louis Cardinals over Milwaukee Brewers (4-2) | Baseball-Reference.com
2011 NLCS - St. Louis Cardinals over Milwaukee Brewers (4-2) series statistics and schedule.

 1994年から1999年まではドジャース、ジャイアンツのマイナーで監督の経験もあり、その後のメジャーでのコーチ経験も含めとにかく現場経験は豊富。

 うまいコミュニケーションでフェンウェイを湧かせてもらいたいなと思います。

 青木選手がブルワーズに入ったときの監督さんでもあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました