スポンサーリンク

【MLB 移籍 2021】ドジャース、プホルズと筒香選手を獲得(追記あり)

DFA2人の行き先はドジャースへ

 現地2021年5月15日(土)、所属クラブからDFAとなっていたアルベルト・プホルズと筒香選手の所属先が決定。ロサンゼルス・ドジャースとなりました。

 今季は開幕後にロスターの動きが激しいので、日本時間2021年5月11日に開幕時点での40manロスターの贅沢税上のサラリーの記事を書かせていただきました。すでにドジャース: $262.1M(開幕時点)と基準額の$210Mを大幅に超えていたドジャースでしたので、彼ら2人の候補としては「ない」かと思われたのですが、そこをクリアーすべく、ドジャースはうまく交渉したようです。

プホルズのディール 

 まず、アルベルト・プホルズの方ですが、現地2021年5月13日にウェーバーがクリアーとなり、つまり獲得するクラブが表れずにリリース→FAとなっていました。

 この時点で、プホルズに支払われる2021年のサラリーは以下の状況でした。

  • エンゼルス:$30Mの残額 – メジャー最低契約($570,500のプロレーティッド:日割り)
  • 獲得したクラブ:メジャーの最低金額で契約($570,500のプロレーティッド:日割り)

ドジャースはリーグ・ミニマムの日割り 

 プホルズのディールですが、メジャー契約ということのようです。ここは公式発表まで少しお待ちください。マイナー・ディールと報じているところもあるので。

 ただ、サラリーの支払いは上記の通りです。ドジャースはリーグ・ミニマムのプロレーティッド(日割り)です。そしてエンゼルスが負う$30Mは変わらず、そこからドジャースが支払う$570,500の日割りを差し引いた金額です。

 ドジャースの贅沢税上のサラリーにややインパクトを与える感じですね。

 下記のツイッターの埋め込みは、ラウル・モンデシーで、野茂さんのチームメイトで、現ロイヤルズのSS、アダルベルト・モンデシー(Adalberto Mondesi)のお父さんの写真なんですが、プホルズのドジャースのイメージとは、こんな感じなのかな?とふと思いました。よく見ると、全然似てはいないのですが、ゴリゴリのマッチョ感で言うとこんな感じなのかなと。

筒香選手のディール

 現地2021年5月11日(火)にタンパベイ・レイズからDFA(Designated for Assigment)となった筒香選手。

 今回のドジャース入りはトレードでのディール成立です。

トレード概要

 トレードの概要はこちら。

ドジャースが獲得

  • 筒香嘉智選手

レイズが獲得

  • キャッシュ・コンシダレーション(金銭)
  • PTBNL(Player To Be Named Later) 後日指名の選手

筒香選手へのサラリー

  トレードの場合、通常は移籍する側、今回はドジャースになりますが、残りのサラリーを引き継ぐことになります。しかし、あくまでもこれはトレードですので、二者間で等価交換ということで合意すれば良いので、この二者間は、金銭+PTBNLで手を打ったというところのようです。

 その結果、プホルズの場合とほぼ同じ形態になりました。

 そして、筒香選手の2021年の支払いは $7M。

  • レイズ:$7Mの残額 – メジャー最低契約($570,500のプロレーティッド:日割り)→ 約$5.494 M
  • ドジャース:メジャーの最低金額で契約($570,500のプロレーティッド:日割り)→$ 0.43M

 要はレイズとしては「本当は、$5.4ほどの残額を払いたくはないけど、仕方ないな。その代わり、ドジャースのプロスペクトをくださいね!」というところかと。後は金銭の額は明らかになっていませんが、ドジャースが出すプロスペクトによって多少上下するかもというバッファ(余裕)は持たせというところかと思います。

ドジャース、怪我人が多数

 ドジャースがアルベルト・プホルズと筒香選手を獲得に至った背景には怪我人のオンパレードという状況があります。

 2人は野手ですが、一応、投手も挙げさせていただきます。現地2021年5月15日時点でのリストです。

内野手

  • エドウィン・リオス(1B/右投左打): 5/5、右肩炎症でIL→5/15、右肩関節唇の断裂が判明。手術でシーズンエンディングの見込み(60 Day ILへ)
  • コーリー・シーガー(SS/ 右投左打): 5/15、マーリンズ戦でロス・デトワイラーから死球を受け、右手を骨折。復帰のタイムテーブルは未定

外野手

  • A.J. ポロック (LF/ 右投右打): 5/15、ハムストリングス痛→復帰は5/25見込み
  • ザック・マッキンストリー(LF, 2B. 3B/ 右投左打): 4/23、右腹斜筋傷め→復帰は5/20頃か?
  • コディー・ベリンジャー(CF, 1B/ 左投左打): 4/6、A’s戦で1Bでスバイクされ、左ふくらはぎを手術→最速で5/27も、まだ時間がかかる見込み

投手

  • トミー・ケインリー (SP/RHP) : トミー・ジョンのリハビリ中。契約時から判明していたこと→2022復帰
  • カレブ・ファーガソン(RP/LHP): 2020年9月にトミー・ジョン手術でリハビリ中。→2022復帰
  • ダスティン・メイ(SP/RHP): 2021年5月12日にトミー・ジョン手術→2022復帰
  • コーリー・クヌーベル(RP/RHP): 広背筋 →7/1復帰見込み
  • ブラスダー・グラテロル(RP/RHP): 右前腕痛→6月以降(ずれ込む恐れもあり)
  • トニー・ゴンソリン(SP/ RHP) : 右肩痛→はやくても5/21(ずれ込む恐れもあり)
  • デービッド・プライス(RP, SP/ LHP): ハムストリングス痛→5/17 復帰見込み
  • ヤディアー・アルバレス(SP/ RHP); 右肩痛(3月初旬にDFA→マイナーへアウトライト)→復帰未定

プホルズ、筒香選手のどちらかが即出場

 現地2021年5月15日、上記の通り、コーリー・シーガーまでもがIL入りに。しかもDay to Dayではなく骨折ですので、1ヶ月以上はかかると思われます。 

2Bにマンシーなら1Bプホルズも

 これにより、SSはスーパー・ユーティリティーのクリス・テイラーか、もしくはギャビン・ラックスが入ることが見込まれます。また、いい動きを見せているシェルドン・ノイジーはラックスと2Bを共有。あるいは、2Bにマックス・マンシーを起用し、1Bにアルベルト・プホルズというパターンもあります。

筒香選手はLFか?

 そして、A.J.ポロックもいないことから、LFには筒香選手も見込まれます。筒香選手は、1B、3B、LFの実績がありますが、出るならおそらくLFのスポットかと。しかし、マット・ビーティー、ルーク・ラリーも現時点ではテスト中でライバルは多いです。

 攻撃力を重視の布陣で行くでしょうから、プホルズ、筒香選手ともに初打席から正念場です。

 まあ、筒香なら打てるでしょう!!そしてプホルズも盛り上げてくれそうです。LAAにスウィート・リベンジなら盛り上がりますね。

追記:トラウト、ドジャース・デビュー

 現地2021年5月17日、アルベルト・プホルズがドジャース・デビューを果たしました!

 この日はDバックス戦でマディソン・バンガーナーが先発。左投手ということもあり、アルベルト・プホルズは4番1Bでスターティング・ラインナップに名を連ねました。

 そして、3回裏の第2打席で、CF前にタイムリー・ヒットを放ち、この日は4-1-1RBI。4打席を終え、途中で交代しましたが、デビュー戦でとにかく1本を放ちましたね。

筒香もベンチ

 なお、筒香選手もアクティブ・ロスターに入りました。この日は出番がありませんでしたが、すぐにお声はかかると思います。ただし、正念場ですね。頑張って欲しいです。タイミングのとり方だと思うのですが、間を維持することで変化球に対応していたのでしょうけど、そこをどういうふうに対応させるのか、見てみたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました