【MLB2016】トップ・プロスペクト1位は、LADのコーリー・シーガー

Pre-2016の1位はドジャースのSS

こんにちは(^^)

現地2016年1月30日、MLBバイプラインが選ぶ、今シーズンの若手有望株(トップ・プロスペクト・ウォッチ2016)が発表され、ドジャースの内野手コーリー・シーガーが1位に選ばれました。

1位:コーリー・シーガー

今回1位に選ばれたコーリー・シーガーは2012年アマチュア・ドラフトでドジャースから1巡目(全体順位18位)でピックされた選手。

すでにデビュー済みで、2015年9月3日から27試合に出場、98打数33安打、打率.337を上げました。

まだルーキー・ステータスです。

(MLBルーキー・ステータス)
  • 打者はat bat(打数)が130以内。※打数ですから打席数ではなく、四球などを除いたものです。
  • 投手は、50イニング以内 
  • 25人ロースター(登録選手枠)在籍期間が累積で45日以内。(試合に出ていなくても、試合に出られるよう登録されている期間が、前年までに45日を越えていないこと。)  ※25人枠に入っている間にDL(故障者リスト)やミリタリー(軍隊服役)期間が重複していればそれは除く。
  • なお、登録選手枠は、毎年9月1日から40人に拡大されるが、この期間はルーキー資格規定の対象外。

TOP 10ランキング

 上位10名はこちら↓

1Corey Seager, SS, Dodgers
2Byron Buxton, OF, Twins
3Lucas Giolito, RHP, Nationals
4Julio Urias, LHP, Dodgers
5J.P. Crawford, SS, Phillies
6Orlando Arcia, SS, Brewers
7Yoan Moncada, 2B, Red Sox
8Dansby Swanson, SS, Braves
9Joey Gallo, 3B/OF, Rangers
10Tyler Glasnow, RHP, Pirates
2016 01 31 tp2016

2016 Top Prospect 

↑上記リンクの中身は変動していて、現地2016年1月30日の100人ではなくなります。

2位:バイロン・バクストン

2位はこちらも昨シーズンデビューしたツインズのバイロン・バクストン。

MLBに上がってから怪我をし、ちょうど129打数で終わっていますので、こちらもまだルーキー・ステータスです。

筆者が予想していた1位は、同じドジャースの左腕で、今回4位に入ったフリオ・ユーリアス。いいボールを投げるんです。

ルーカス・ジオリト

また、注目したいのはナショナルズの右腕ルーカス・ジオリト。

このプロスペクト・ウォッチで上位に選ばれた選手は活躍する可能性が非常に高いので、今年は彼らに注目して見るのも面白いかもしれませんね。

他のプロスペクト・ランキング

トップ・プロスペクトはMLB.comの他にベースボール・アメリカ(BaseballAmerica.com: Prospects: All-Time Top 100 Prospects)など複数の団体で発表されますが、MLB.comの発表が一番早いです。

どこも選ぶメンツにそう大差はありませんが、順位に若干の上下がありますね。


Amazon タイムセール

スポンサーリンク