スポンサーリンク

【MLB2022】22年ぶり!パイレーツがドジャースをスイープ!

LADのカード・スイープは今季パイレーツが最初

 22年ぶりの出来事が起こりました!

 現地2022年6月1日、ドジャー・スタジアムで行われたピッツバーグ・パイレーツ @ ロサンゼルス・ドジャース戦で、パイレーツがドジャースに8-4で勝利。これにより、パイレーツは2000年9月4日から6日にかけてドジャー・スタジアムで行われた3ゲームシリーズ以来、実に22年ぶりにドジャースをスイープしたのでした。

4ゲームシリーズの3連勝はPHIが達成済み

 ドジャースをカード・スイープしたのは今季ではパイレーツが初めて。

 実はドジャースに3連勝というのであればフィリーズが今季5月12日から14日にかけてすでに達成済み。ただし、このシリーズは4ゲーム・シリーズでGame1から3まではフィリーズが3連勝したものの、Game4はドジャースがサヨナラ勝利を収めたので、厳密に行けば、カード・スイープとしては未達成。よって、パイレーツが今季初めてドジャースをスイープしたことになります。

302.3Mドル vs 74.6Mドル

 このゲームを終えた後の勝敗は、ドジャースが33勝17敗でナ・リーグ西地区1位。パイレーツは22勝27敗でナ・リーグ中地区3位。どう考えてもドジャースの方が強い訳です。

 さらに言うと、現地2022年4月7日のオープニング・デー時点での贅沢税上の40manロスターのサラリーの総額は、ドジャースの$302.3Mに対して、パイレーツはたったの$74.6M。実に4倍以上の格差がある中でのスイープだったのです。ドジャースはMLB NO.1の金額で、パイレーツは28位です。その下はオリオールズの$64.8M(29位)と、アスレチックスの$60.8M(30位)。ちなみにガーディアンズも低く、$90.2M(27位)。この4クラブが$100M以下でオープニングを迎えました。

 野球は、必ずしも強者が勝つとは限りませんが、プロの場合、やはりより多くの資金を投入したクラブの方が優位ですね。

Game3はホセ・キンタナが好投

 スイープとなった現地2022年6月1日のGame3はパイレーツ先発のホセ・キンタナが好投。ドジャース打線を相手に4.1イニングで被安打7を浴びたものの、2失点に抑えゲームメイクしました。

ロドルフォ・カストロが活躍

 打っては左手を負傷しジョシュ・バンミーターに代わって6回裏の守備から2Bに入ったロドルフォ・カストロ(Rodolfo Castro)が8回表にLFへ2ランHR、さらに9回にも2点タイムリーシングルを放ち、2打数2安打4RBIと活躍。チームの勝利に貢献しました。

 ロドルフォ・カストロは23才の右投げスイッチヒッター。2021年4月にデビュー済みの選手です。

 ちなみに筒香選手は腰を傷め、5月25日に10 Day ILに入っています。

Game2はケラーが好投、ウリアスを攻略

 なお、この前日の31日に行われたGame2ではパイレーツ先発のミッチ・ケラー(26才)がBB5を数えながらも、5イニングを被安打2、失点2で抑え、ゲームメイク。

 打線もドジャース先発のフリオ・ウリアスからマイケル・チャビス、トゥクピタ・マルカーノがHRを放つなどして奮闘。終始リードする形で終盤までもつれ、最後はウィル・クロウがドジャース打線を三者凡退に斬って取り、5-3で勝利。

Game1は9回に逆転!

 また、現地2022年5月30日のGame 1は、2回にトゥクピタ・マルカーノの3ランHRで先制。さらに、3回にもブライアン・レイノルズのソロHRで追加点。4-0でリードします。

 パイレーツ投手陣は中盤の5回と6回に計3本のソロHRを打たれ、一旦は4-3と1点差まで詰め寄られます。さらに8回裏には2本の二塁打などでついに4-5と逆転を許す展開に。

 しかし、9回表、パイレーツはクレイグ・キンブレルから四球、ワイルドピッチ、タイムリー・シングルなどですぐに5-5の同点に追いつくと、最後は1B、フレディー・フリーマンのエラーで6-5と勝ち越しに成功。そのリードを8回からマウンドに上がったデービッド・べドナーがドジャースの最後の攻撃を抑え、ゲームセット。

 初戦のこの勝利でパイレーツに勢いが出ました。

 パイレーツは今季、5月9日から11日までの3連戦も2勝1敗でシリーズ勝ち越しに成功。しかし、これでレギュラー・シーズンでのドジャースとの対戦はもう無くなりました。パイレーツがプレーオフに出るようなことになれば、再戦があります。

  以上、お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました