スポンサーリンク

【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!

ブライアン・レイノルズ & マイケル・ペレス

 ここのところ、俄然、注目度が上がってきたのがピッツバーグ・パイレーツ。打線に勢いが出てきました。

 そんな中、現地2022年6月29日はブライアン・レイノルズが、そして現地2022年6月30日にはマイケル・ペレスが1試合3HRを放ちました。2試合連続です!

2試合連続は史上2度目

 この2試合連続で1試合3HRをマークしたのは史上2度めのこと。あまり聞いたことがありませんからね。1度目はブレーブスで、マーセル・オズーナとアダム・デュバルがそれぞれ2020年の9月1日と2日に1試合3HRを達成。

同月に3人の選手は史上初

 また、パイレーツは現地2022年6月19日(日)の父の日にジャック・スウィンスキが1試合3HRをマーク。

 今回の2夜連続達成に加えて、同月で別々のプレーヤーが1試合3HRを放ったのは史上初のこととなります。

さらなる更新も 

 これまでMLBでは、1シーズンで1試合3本塁打ゲームの記録は4度あります。1950年のドジャース、1956年のレッズ、2001年のブルワーズ。

 パイレーツは3ヶ月を残していますので、さらなる記録達成の可能性も。

ブライアン・レイノルズ

 まずブライアン・レイノルズですが、現地2022年6月29日のナショナルズ戦で達成。

 このゲームはブライアン・レイノルズの3HR、6RBIのおかげで8-7でナショナルズに勝利。

マイケル・ペレス

 そして2夜連続で続いたマイケル・ペレスは現地2022年6月30日のブルワーズ戦でマーク。

 この日のマイケル・ペレスは4打数4安打。第1打席でシングルを放った後、3打席連続でHRを放ちました。キャッチャーで、このゲームが始まる前の打率は.129。まったく打撃を期待されていない選手がまさかの3HRでベンチは大いに盛り上がりました。

 このゲームも前日同様に8-7のスコアでブルワーズを下しています。

6月はRUNが上昇

 パイレーツは現地2022年6月30日を終えた時点で31勝45敗、勝率.408。勢いが出てきてもまだまだ借金が多いです。

 もともと投手陣に課題があるクラブで、チームERA 4.60はMLB25位。ただし、ナ・リーグ中地区はカブスとレッズがさらに悪く、カブスが26位でERA 4.85、レッズがワーストでERAは5.51。

 それゆえ、この勝率でも現時点ではナ・リーグ中地区3位につけております。投手陣ばかりはお金をかけていい投手を獲らないと、やはり限界があります。

 ここまでの得失点差は、-100。得点282に対し、失点は382。パイレーツが上に行くには、投手力は致し方ないとして打撃力を上げるしかありません。

 6月の成績は、10勝18敗で大いに負け越してはいます。

MonthWLRSRARS-RAW-L%
April91278116-38.429
May121588131-43.444
June1018116135-19.357
パイレーツの2022年の成績(6月まで)

 ただし、RS(Runs Scored)、得点を見ていただきたいのですが、5月の88得点から6月は116得点へアップ。RA(Runs Allowed)、失点は増えてはいますが、誤差の範囲内。

 つまり内容はかなり良くなっていると。6月の得失点差はまだマイナスとなっているものの、それでも前月の-43から-19へ向上しています。

 パイレーツ、ナ・リーグ中地区を面白くしてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました