スポンサーリンク

【MLB 美声】パイレーツのピッチャー、スティーブン・ブロールトが美声を披露!

パイレーツ

現地2018年6月19日、変わったシーンがありましたよ。

 

パイレーツの左腕、スティーブン・ブロールト(Steven Brault #43)が、ナショナル・アンセム(国歌斉唱)を披露。

 

これがなかなかの美声でした!

 

ちょっと、腕に描かれているレプティリアン(爬虫類人)的なタトゥーが気にはなってしまうのですが、それを覆すほどの美声です。

 

“for the land of free♪”のところもしっかりと伸ばしております。

 

 

もともと仲間うちで歌がうまいと評判になって、この日の大役を仰せつかったようです。実はマイナー時代にもゲーム前のナショナル・アンセムを歌ったことがあるそうです。

 

スティーブン・ブロールトは26才になったばかり。2013年のアマチュアドラフト11巡目でオリオールズから指名を受けプロ入り。

 

2015年2月にLHPトラビス・シュナイダーの交換要因としてパイレーツに移籍。ちなみにトラビス・シュナイダーはこの年の8月にオリオールズをリリースになっていて、翌年、再度パイレーツと契約。現在は、独立リーグでプレー。

 

デビューは2016年7月5日のカージナルス戦。2018年はここまで19試合で5勝1敗と好調。スターターとリリーバーの両方をこなしています。

 

ERAは4.38でやや高いですが、ローテーションが足りないときにその穴を埋めてくれるという現場にとってはとてもありがたい投手。

 

結構、キレのいいボールを投げます↓。

 

 

ちなみに、この日パイレーツはブルワーズに2−3で惜敗。ナ・リーグ中地区はブルワーズがカブス、カージナルスを一歩リードという感じです。パイレーツもカージナルスの背中がすぐに見えている状況なので、まだまだわかりません。

 

■アストロズは12連勝でストップ

 

その他、12連勝中だったアストロズは、バーランダーが登板。7回途中10Kを奪うピッチングでこの日も勝利かと思われましたが、レイズの左腕、ブレイク・スネルが立ちはだかりました!

 

ブレイク・スネルは、アストロズ打線を7回まで3安打、1失点に抑えて9勝目。いいピッチングでした!

 

 

気になるマリナーズですが、先発のマルコ・ゴンザレスが3被弾で2−7で敗戦です。

 

 

よかったところは、リリーフにニック・ランベロウ1人しか使わなかったこと。 監督はハードな相手との連戦に備え、先発のマルコを引っ張りました。

マリナーズ、明日以降に切り替えですね。 ブレーブスが本当に強いです。また近々記事にします!

Amazon タイムセール

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました