スポンサーリンク

【MLB 美声】パイレーツのピッチャー、スティーブン・ブロールトが美声を披露!

パイレーツ

現地2018年6月19日、変わったシーンがありましたよ。

 

パイレーツの左腕、スティーブン・ブロールト(Steven Brault #43)が、ナショナル・アンセム(国歌斉唱)を披露。

 

これがなかなかの美声でした!

 

ちょっと、腕に描かれているレプティリアン(爬虫類人)的なタトゥーが気にはなってしまうのですが、それを覆すほどの美声です。

 

“for the land of free♪”のところもしっかりと伸ばしております。

 

 

もともと仲間うちで歌がうまいと評判になって、この日の大役を仰せつかったようです。実はマイナー時代にもゲーム前のナショナル・アンセムを歌ったことがあるそうです。

 

スティーブン・ブロールトは26才になったばかり。2013年のアマチュアドラフト11巡目でオリオールズから指名を受けプロ入り。

 

2015年2月にLHPトラビス・シュナイダーの交換要因としてパイレーツに移籍。ちなみにトラビス・シュナイダーはこの年の8月にオリオールズをリリースになっていて、翌年、再度パイレーツと契約。現在は、独立リーグでプレー。

 

デビューは2016年7月5日のカージナルス戦。2018年はここまで19試合で5勝1敗と好調。スターターとリリーバーの両方をこなしています。

 

ERAは4.38でやや高いですが、ローテーションが足りないときにその穴を埋めてくれるという現場にとってはとてもありがたい投手。

 

結構、キレのいいボールを投げます↓。

 

 

ちなみに、この日パイレーツはブルワーズに2−3で惜敗。ナ・リーグ中地区はブルワーズがカブス、カージナルスを一歩リードという感じです。パイレーツもカージナルスの背中がすぐに見えている状況なので、まだまだわかりません。

 

■アストロズは12連勝でストップ

 

その他、12連勝中だったアストロズは、バーランダーが登板。7回途中10Kを奪うピッチングでこの日も勝利かと思われましたが、レイズの左腕、ブレイク・スネルが立ちはだかりました!

 

ブレイク・スネルは、アストロズ打線を7回まで3安打、1失点に抑えて9勝目。いいピッチングでした!

 

 

気になるマリナーズですが、先発のマルコ・ゴンザレスが3被弾で2−7で敗戦です。

 

 

よかったところは、リリーフにニック・ランベロウ1人しか使わなかったこと。 監督はハードな相手との連戦に備え、先発のマルコを引っ張りました。

マリナーズ、明日以降に切り替えですね。 ブレーブスが本当に強いです。また近々記事にします!

Amazon タイムセール

コメント

NEW

【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ
タイトルとURLをコピーしました