スポンサーリンク

【MLB 美声】パイレーツのピッチャー、スティーブン・ブロールトが美声を披露!

歌の上手い投手

現地2018年6月19日、変わったシーンがありましたよ。

パイレーツの左腕、スティーブン・ブロールト(Steven Brault #43)が、ナショナル・アンセム(国歌斉唱)を披露。

これがなかなかの美声でした!

ちょっと、腕に描かれているレプティリアン(爬虫類人)的なタトゥーが気にはなってしまうのですが、それを覆すほどの美声です。

“for the land of free♪”のところもしっかりと伸ばしております。

口コミで評判に

もともと仲間うちで歌がうまいと評判になって、この日の大役を仰せつかったようです。実はマイナー時代にもゲーム前のナショナル・アンセムを歌ったことがあるそうです。

スティーブン・ブロールトとは

スティーブン・ブロールトは26才になったばかり。2013年のアマチュアドラフト11巡目でオリオールズから指名を受けプロ入り。

2015年2月にLHPトラビス・シュナイダーの交換要因としてパイレーツに移籍。ちなみにトラビス・シュナイダーはこの年の8月にオリオールズをリリースになっていて、翌年、再度パイレーツと契約。現在は、独立リーグでプレー。

デビューは2016年7月5日のカージナルス戦。2018年はここまで19試合で5勝1敗と好調。スターターとリリーバーの両方をこなしています。

ERAは4.38でやや高いですが、ローテーションが足りないときにその穴を埋めてくれるという現場にとってはとてもありがたい投手。

結構、キレのいいボールを投げます。

ちなみに、この日パイレーツはブルワーズに2−3で惜敗。ナ・リーグ中地区はブルワーズがカブス、カージナルスを一歩リードという感じです。パイレーツもカージナルスの背中がすぐに見えている状況なので、まだまだわかりません。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました