スポンサーリンク

【MLB2013】ゲリット・コールの100マイルとジーン・セグラの3エラー

ルーキーが4連勝!

こんばんは(^^)

現地2013年6月28日、PNCパークで行われたパイレーツ VS ブルワーズのゲームではパイレーツの豪腕ルーキー、ゲリット・コールCole)が先発!

青木選手との対戦も楽しみなゲームでした。

しかし、G・コールVSブルワーズ打線という戦前に予想していた図式とは裏腹に、ゲームは意外な展開を見せました。

初回は別人だったゲリット・コール

過去3度の登板でバツグンの安定感を見せていたゲリット・コールですが、この日はいつもの立ち上がりとは異なり、初回にいきなり3点を失います。

今日のゲリット・コールには、力(りき)みでもあったのでしょうか?

過去3試合で与四死球がたったの2個とバツグンの制球力を誇り、自身が投げる剛球に酔いしれることがなかったゲリット・コール。三振よりもゲームメイクを優先するスタイルにむしろ凄みを感じていたのですが、この日は別人のような立ち上がりを見せます。

ブルワーズ1回表の攻撃

  • 1番 青木選手:ストレートの四球
  • 2番 セグラ: ライト前シングル→ノーアウト1・2塁
  • 3番 カルロス・ゴメス: ストレートの四球→ノーアウト満塁
  • 4番 アラミス・ラミレス: 2ストライクと追い込みながらも押し出し死球→1点、再びノーアウト満塁に。
  • 5番 J・ルクロイ:4-6-3のダブル・プレーの間に2点目→2アウト3塁に
  • 6番 J・フランシスコ: レフト前シングルで3点目→2アウト1塁に。
  • 7番 リッキー・ウィークス:レフト前シングル→2アウト1・2塁に
  • 8番 ローガン・シェーファー:レフト・フライで3アウト

ご覧の通り、ストライクが全く入らずという立ち上がりで、初回でマウンドを降りそうなくらいに状態が悪かったです。ちょっと色気がでたのでしょうか??

青木選手、ライト前シングル

2回表は少し落ち着きを取り戻したようで、青木選手にはライト前シングルを打たれたものの、後続を打ちとり無失点に。

その後も6回にちょっとしたピンチがあったものの、試合内でうまく切り替えて、ゲームをつくりました。

100mph計測

今日のゲリット・コールは、6回・94球を投げきり、被安打8、失点3、与四死球4、奪三振3という内容でした。

22才と若いので、ちょっと力に頼りたくなったのかもしれませんね。 ただ、力勝負に出ただけのことはあって4回に100マイルを記録しました!!

【動画】Cole’s quality start2013年6月28日)

【MIL】ヘルウェグは気の毒なデビュー戦

ブルワーズの先発は、この日がメジャーデビュー戦となったジョニー・ヘルウェグ(Hellweg)。身長205センチの24才の右腕です。

ファストボールに伸びがあり、この日のMaxは98マイルを計測しました。 背が高いので軽く投げている印象ですが、球筋に伸びがありました。

4シーム、2シーム、チェンジアップ、カーブ、カットボールが持ち球です。

2回途中52球、被安打6、失点7

そのヘルウェグのデビュー戦は、2回途中52球、被安打6、失点7、自責点5、四球2、奪三振1という、数字だけを見ると力不足に見えてしまう内容に。自責点が5もついていますから、確かにそのように見えますが、、、、しかし、違うんです。

2回に、ウソのような地獄が待っていたのです。

その地獄とは・・・

ジーン・セグラが3エラー

ハッキリ言って、ヘルウェグにとって気の毒過ぎるデビュー戦でした。2回の地獄とは、ショート・セグラ(Segura)の3つのエラー!

しかもそのエラーの内容が悪すぎるのです。

MLB.comでは悪いプレーは個別の動画として残さないので、ぜひリキャップの動画で確認してください。

これは投手のリズムを完全にくずしてしまいました。

普段、簡単にさばいているように見えるショートゴロでも、実は相当練習を積まいないと、そうもいかないものです。だからちょっとしたことで、今日のセグラのようになってしまうかもしれません。

しかし、ここのところいいプレーも多かったセグラが、どうしたんだろうというくらい、バウンドを合わせられませんでした。ちょっと原因がわからないです。

ですので、パイレーツの2回の7点は、「ごっつぁん」の要素が多分にあった7点でした。

パイレーツは若手が台頭!

今日はパイレーツが10-3でブルワーズを下し、7連勝を記録したのですが、あらためてメンバーを見ると、知らない選手が結構多かったです(^_^;)

ラッセル・マーティン、マッカッチェン、アルバレス、ニール・ウォーカーは有名なので知っていたのですが、名前と活躍のシーンが思い浮かばない選手も何名かいました(^_^;)

スターリン・マルテ

この日、大活躍した1番レフトのマルテは2012年から出てきた選手で、4番のギャレット・ジョーンズは32才でメジャー6年で93本のHRを打っている選手、そしてショートのマーサーも2012年から出てきた選手・・・彼らの名前と活躍がすぐには浮かんで来なかったです。

マッカッチェンのような有名な超一流選手に加えて、若手選手が台頭しているのが今回のパイレーツ躍進の原動力となっているようですね。

そしてゲリット・コールも今回の躍進に大きく貢献していますね。ゲリット・コールはデビュー戦以来4戦4勝です。

Game Score

【動画】Recap: MIL 3, PIT 102013年6月28日)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました