スポンサーリンク

【MLB2022】パイレーツのオニール・クルーズが衝撃の122.4mphシングルを放つ!

PITのオニール・クルーズ、また強烈なインパクトを残す

 すごい打球が飛びました!

 現地2022年8月24日、ピッツバーグで行われたブレーブス@パイレーツ戦で、パイレーツのルーキーでこの日、リードオフを務めたオニール・クルーズ(Oneil Cruz)が衝撃のハード・ヒットを披露。

 122.4mphのEV(Exit Velocity)を計測しました。

EV(Exit Velocity)とは

 EV(Exit Velocity)は、打者が投球をコンタクトした直後、バットから離れるときのボールの速度のことです。これは、アウト、ヒット、エラーなど、すべての打球が計測されています。

 MLBでは2015年からデータ収集のテクノロジーとして”Statcast (スタットキャスト)”を導入。これにより、バットから離れるときのボールの速度が計測され、数値化することが可能になりました。「すごい打球だったな!」というのが、どれくらいすごかったのかがわかるようになりました。

 これを日本語にすると「打球速度」に違いないのですが、上述の通り、測っているのはバットから飛び出した時の速度。よって、より正確に表現するなら、「出口速度」、あるいは「射出速度」、「飛び出し速度」などと呼べそうです。ただ、今のところ君臨する言葉が定まっておらず、筆者などは”EXIT VELOCITY”が最もよくピンと来てしまいます。当分の間は日本語で表現するなら、イグジット・ベロシティーか、打球の射出速度という言い方をしていくと思います。もしくは無精して”EV”と書くかもしれませんが、EXIT VELOCITYのことだと思っていただければ幸いです。

 なお、速い打球速度を得ることは、打者の主要な目標の1つですが、強打が必ずしも良い結果を生むとは限りません。ただ、守備側が反応する時間が短くなるため、打者が出塁する可能性が高くなります。

投手のイグジット・ベロシティー

 このような理由から、投手の評価にも出口速度が使われることがあります(「Exit Velocity Against」と呼ばれます)。最高の投手とは、当然ながら最も質の高い球を投げる投手であり、ハードコンタクトを制限する能力のことでもあります。

 ちなみに、平均出口速度(aEV)は、すべての出口速度の合計をすべての打球事象で割って計算されます。

オニール・クルーズ、「最強」記録を更新

 オニール・クルーズがその打球を放ったのは3回表。2アウトから回ってきた第2打席でした。ブレーブスのピッチャーは今季好調のカイル・ライト。

 クルーズは初球の90.9mphの曲がりの小さなスライダーを捉えました。

 まず、驚くのは音。「カン」という高く、大きな音がスタジアムに響き渡るのがわかります。これは現場で見ていたら、すごいのを見た!と自慢してしまうでしょうね。

 打球が速すぎるのと、デーゲームでボールが光って見えにくいのでどのようなコースをたどったのか今ひとつわからないほど、すごい打球でした。フェンス直撃だったのは間違いなく、RFのロナルド・アクーニャ・Jr.がフェンス方向に数歩動いただけで、強く跳ね返ってきています。

 クルーズもHRを確信したようですが、打球が上がらなかったので余計に速度が上がったようです。

計測で歴代トップ

 これまでのイグジット・ベロシティーのランキングはご覧の通りです。スタッドキャストを導入してからになりますので、歴代NO.1とは言えませんが、2015年のスタットキャス導入から約7年近く計測して、NO.1でした。

  1. オニール・クルーズ: 122.4 mph (2022年8月24日)
  2. ジャンカルロ・スタントン: 122.2 mph (2017年10月1日)
  3. ジャンカルロ・スタントン: 122.2 mph (2021年8月9日)
  4. ジャンカルロ・スタントン: 121.7 mph (2018年8月9日)
  5. ジャンカルロ・スタントン:121.3 mph (2020年7月25日)

 それまではジャンカルロ・スタントンが独占していたような状態。面白いのは8月が4度、7月が1度で真夏であること。春先はバットが湿りがちですし、やはりこの時期にバットと人の相性も最高になるということかもしれません。

まさに規格外

 オニール・クルーズと言えば、現地2022年6月20日のシーズン・デビュー日での送球ですね。96.7mphをマークしました。

 本当にとんでもない規格外SSです。

オニール・クルーズ、やや苦戦

 そんなオニール・クルーズですが、シーズン・デビュー以来やや苦戦しております。

 現地2022年8月24日を終えて、打率.199、OBP .249、SLG .398、OPS .647。201cmの身長ゆえ、投手もストライク・ゾーンが広く感じるのかもしれません。

 ファストボールの打率が.270なのに対して、ブレイキング・ボールの打率が.103。抜かれて崩されています。今季はとにかく一流のボールを実戦で体感して、チューンナップしているというところかと思います。

 素材が素晴らしいので、慣れればすごい打者になりそうですし、この日はそのオフスピード・ボールをハードヒットしたので、これが良いきっかけになればと思います。

ブレーブスが大勝

 なお、この日はブレーブスが14-2のスコアで大勝。カイル・ライトが16勝目を上げました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました