スポンサーリンク

【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ

PHI、完全に負け試合から大逆転

 現地2022年6月2日から5日にかけて、西海岸ではメッツvsドジャースという現時点でのナ・リーグ勝率NO.1とNO.2が激しく激突しておりました。

 前半2戦を見る限り、ドジャースはローテーションのNO.3とNO.4のピッチャーで勝ったので、残り2戦は強い方のローテーション投手が先発することから、そのままスイープするのではないか?と思えるほど強かったです。実際、勝ち方をしていたと思います。

 ところが、メッツも黙っておらず、Game3ではウォーカー・ビューラーを粉砕して勝利。さらにGame4でもフリオ・ウリアスを相手に粘りを見せ、延長戦で勝利しました。結局、2勝2敗のタイでこのシリーズは終わることに。

ナ・リーグトップ同士の戦いも曇らせる一戦

 そんなトップレベルのアツい戦いを目立たなくするほど衝撃的だったのが、現地2022年6月5日に行われたエンゼルス@フィリーズ戦の3ゲームシリーズの最終戦。

 このゲームは流れからしてもフィリーズの完全な負けゲーム。もう、野球の神様にそっぽを向かれるのではないかと思えるほど、まずいミスを連発。逆にエンゼルスは負けも込んでいたせいか、目の前のプレーに真剣で、1球にかける思いが伝わってくるほど真摯な姿勢でゲームに臨んでいるように見えました。これはもうどう考えてもエンゼルスに勝利が傾く、そう思わせる展開でもありました。

 ところが、結果はフィリーズが終盤に大逆転。むしろ、あり得ないことを起こしたのはエンゼルスの方と言ってもいいかもしれません。

5回表を終えて5-0でLAAリード

 フィリーズの先発はカイル・ギブソン。二桁勝利を6シーズンも達成しているベテラン右腕。一方のエンゼルスは安定感の出てきたパトリック・サンドバル。

 このゲームで大谷選手は2番DHで出場です。

 先に先制点のチャンスをもらったのはフィリーズ。3回裏、2アウトから3連続四球で満塁のチャンスを作り、打席にはJ.T.リアルミュート。大量点のチャンスでもあったのですが、リアルミュートはサンドバルの強心臓な投球に圧されるような形で1Bゴロに終わり、チャンスを潰しました。  

その後の流れ

 4回以降の流れを記載しておきます。

PHI、大逆転の流れ
  • 4回表
    【LAA】5点を先制
    • マット・ダフィーがシングル、大谷がダブル、トラウトが四球でノーアウト満塁のチャンス
    • ウォルシュがRF前タイムリーで2点を先制(LAA 2-0 PHI)
    • J・アデルが内野安打で追加点(LAA 3-0 PHI)
    • 1アウト後、K・スズキがCF前タイムリー(LAA 4-0 PHI)
    • タイラー・ウェイドの打球をホスキンスがエラー(LAA 5-0)
    • その後はカイル・ギブソンからスイッチしたニック・ネルソンが抑えチェンジ
  • 4回裏
    【PHI】チャンスを潰す

    1アウト、ランナー1,2塁のチャンスを作るも、ストットとシュワーバーが凡退で無得点

  • 5回裏
    【PHI】2点を返す
    • ホスキンスが死球→ハーパーがダブルでノーアウトで2、3塁のチャンス
    • カステヤーノスがRFへ犠牲フライ(LAA 5-1 PHI)
    • リアルミュートの1B ゴロでハーパーが生還(LAA 5-2 PHI)
    • アレク・ボームがCF前シングル
    • ここでLAAはサンドバルからホセ・キハーダにスイッチ。後続を抑え、2失点にとどめる。
  • 8回表
    【LAA】追加点!
    • 1アウトから、J・ウォルシュの痛烈なSSゴロをブライソン・ストットが豪快にエラー。ウォルシュに二塁まで行かれてしまう
    • マーシュがLFへタイムリー(LAA 6-2 PHI)
  • 8回裏
    【PHI】ハーパーが同点グランドスラム
    • LAAのマウンドはアーロン・ループ
    • オデュベル・ヘレイラがシングル
    • ヨハン・カマーゴは3Bスローイングエラーで出塁
    • ストット凡退後、シュワーバーが四球で出塁。1アウト満塁
    • LAAはクローザーのライセル・イグレシアスにスイッチ
    • ホスキンスが三振で2アウトに
    • ハーパー、フルカウント後のチェンジアップをRFのセカンド・デッキへグランドスラム(LAA 6-6 PHI)
    • カステヤーノスもあわやHRの大きなCFフライ
  • 9回表
    【LAA】執念の勝ち越し点
    • PHIのマウンドにはコーリー・クネイブル
    • 先頭のカート・スズキが四球で出塁
    • タイラー・ウェイドがバント失敗(スズキが2塁でアウト)
    • ベラスケスに代わってレンヒーフォが代打。ウェイドが2塁へ盗塁成功
    • レンヒーフォのSSゴロの間にウェイドは3塁へ進塁
    • マット・ダフィーがRF前タイムリーでLAA勝ち越し(LAA 7-6 PHI)
    • 大谷選手は三振
  • 9回裏
    【PHI】3ランHRでサヨナラ勝ち

    • 1アウト後にアレク・ボームがLF前シングルで出塁
    • ヘレイラがLFライナーで2アウト
    • ディディがLF前シングルで2アウト1、2塁に
    • LAAはイグレシアスからジミー・ハーゲットへスイッチ
    • フルカウントからのカーブが真ん中に入り、RFへサヨナラ3ランHR

エンゼルス・ブルペン、大きな失投

 上記の通り、エンゼルスは取られたらすぐに取り返すというのをしっかりとやっておりました。

 打線は水モノなので、打たない人がいることは承知の上。その中でもよく得点していたと思います。

 問題の8回裏、ループは調子がいいとは言えませんでした。ハーパーの前にホスキンスがいたので、マッドン監督もイグレシアスのスイッチを決めたと思われます。ハーパーまでループに任せるかどうか、ここはもう現場の判断がそうしたのですから、仕方ありませんね。

 イグレシアスは代わってすぐによくホスキンスを三振に仕留めたと思います。悔やまれるのはハーパーへの最後のボールです。威力のないチェンジアップが肝心なところで浮いてしまい、ほぼど真ん中という失投でした。

 9回裏、ジミー・ハーゲットがストットに打たれた3ランHRもど真ん中。失投です。左バッターにサイドワインダーは相性が悪い上に甘く行ってしまいましたね。

 エンゼルスはこの敗戦で11連敗。

この日もマイク・トラウトはヒットレス

 マイク・トラウトが最後に安打を放ったのは、現地2022年5月28日のブルージェイズ戦。7回裏の第4打席でメリウェザーから2ランHRを放ったのが最後です。この試合の8回裏にも打席が回ってきましたが、ジョーダン・ロマーノから死球を受けました。

 よって打席数で行けば、上記の死球も入るので30打席連続で無安打ということに。打数で言えば、26打数連続で無安打が続いております。

エンゼルス、ハードな相手が続く

 エンゼルスは現地2022年6月6日からアナハイムでレッドソックスとの4連戦。続いて10日からはメッツとの3連戦。14日からはドジャー・スタジアムに出向き、2連戦です。

 もうひと頑張りしなければ、地獄が待っているかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました