スポンサーリンク

【トレードFor2019】ドミンゴ・サンタナがSEA、ベン・ギャメルとハーバード出身右腕がMILへ

MLB移籍/FA情報

外野手のトレードが成立

現地2018年12月21日、マリナーズのディポートGMがまた動きました!

ブルワーズとの間でトレード成立です。

トレード詳細

マリナーズGet

  • ドミンゴ・サンタナ OF

ブルワーズGet

  • ベン・ギャメル OF
  • ノア・ザヴォラス

ドミンゴ・サンタナとは

ドミンゴ・サンタナ(Domingo Santana)は8月で27才になる右投げ右打ちの外野手。ドミニカ共和国出身で2014年7月に21才のときにアストロズでメジャーデビュー。

2015年のトレード・デッドラインでブルワーズがマイク・ファイヤーズとカルロス・ゴメスを獲得した際、アストロズから移籍。この時一緒だったのが、あのジョシュ・ヘイダーだったんですね!アストロズ、もったいないことをしました。

ポジションは外野はどこでも守れますが、ここ2年ほどはDHかRFが多かったです。これはチーム事情に左右されることではあります。

素晴らしかった2017シーズン

キャリアハイのシーズンは2017年で155試合に出場。打率.278、HR30本、打点85。OBPは.371、SLGは.505、OPSは.875を記録しました。

苦しんだ2018シーズン

2018年は調子を落とし、トリプルAで過ごす時間が長く、85試合、HR5に終わりました。クリスチャン・イェリッチとロレンゾ・ケイン獲得の余波を受けた面もありました。

調子が悪いながらもポストシーズンに向けて調整し、アクティブロスター入り。タイムリーを上げる場面もありました。

獲得の背景

マリナーズの外野はミッチ・ハニガーが右打者。マレックス・スミスとジェイ・ブルースは左打者なので、今回、右打者のドミンゴ・サンタナが加わることでバリエーションが増えることになりますので、それを狙ってのことかと思います。

ベン・ギャメルとは

ベン・ギャメル(Ben Gamel)は5月に27才になる左投げ左打ちの外野手。

2017年から2018年にかけての遅いFA市場の余波をイチロー選手ももろに受け、なかなか決まりませんでしたが、3月に入ってからようやくマリナーズに決まりました。決まったきっかけはマリナーズの外野陣にけが人が出たことで、そのけが人がベン・ギャメルでした。

打率のいい選手で2017年が.275、2018年が.272。

ディポートGMは外野の左打者ばかり獲得したので、右打者を求めるべくトレードとなったということかと思います。

ノア・ザヴォラス

ノア・ザヴォラス(Noah Zavolas)は5月で23才になる右腕。2018年マリナーズの18巡目指名でプロ入りした投手です。今季はルーキーリーグではなく、シングルAマイナスとプラスで登板。結構期待されていた右腕です。

なんと、ハーバード大出身!

卒業したかどうかはわかりません。まさか野球の特待のようなものはないと思うので、卒業したのではないか?と推測します。だとしたら、すげー!

面白い素材ですね。ハーバード出身のプロ選手は1800年代後半も含めて67名おります。有名どころとしてはLHPのブレント・スーター(Brent Suter)。なんとブルワーズの選手ですね。

なお、レッドソックスで投げていた左腕のクレイグ・ブレスロウはエール大学の出身です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
タイトルとURLをコピーしました