スポンサーリンク

【トレードFor2019】ドミンゴ・サンタナがSEA、ベン・ギャメルとハーバード出身右腕がMILへ

外野手のトレードが成立

現地2018年12月21日、マリナーズのディポートGMがまた動きました!

ブルワーズとの間でトレード成立です。

トレード詳細

マリナーズGet

  • ドミンゴ・サンタナ OF

ブルワーズGet

  • ベン・ギャメル OF
  • ノア・ザヴォラス

ドミンゴ・サンタナとは

ドミンゴ・サンタナ(Domingo Santana)は8月で27才になる右投げ右打ちの外野手。ドミニカ共和国出身で2014年7月に21才のときにアストロズでメジャーデビュー。

2015年のトレード・デッドラインでブルワーズがマイク・ファイヤーズとカルロス・ゴメスを獲得した際、アストロズから移籍。この時一緒だったのが、あのジョシュ・ヘイダーだったんですね!アストロズ、もったいないことをしました。

ポジションは外野はどこでも守れますが、ここ2年ほどはDHかRFが多かったです。これはチーム事情に左右されることではあります。

素晴らしかった2017シーズン

キャリアハイのシーズンは2017年で155試合に出場。打率.278、HR30本、打点85。OBPは.371、SLGは.505、OPSは.875を記録しました。

苦しんだ2018シーズン

2018年は調子を落とし、トリプルAで過ごす時間が長く、85試合、HR5に終わりました。クリスチャン・イェリッチとロレンゾ・ケイン獲得の余波を受けた面もありました。

調子が悪いながらもポストシーズンに向けて調整し、アクティブロスター入り。タイムリーを上げる場面もありました。

現地2018年1月25日、ミルウォーキー・ブルワーズがクリスチャン・イエリッチとロレンゾ・ケインを獲得した詳細について
獲得の背景

マリナーズの外野はミッチ・ハニガーが右打者。マレックス・スミスとジェイ・ブルースは左打者なので、今回、右打者のドミンゴ・サンタナが加わることでバリエーションが増えることになりますので、それを狙ってのことかと思います。

ベン・ギャメルとは

ベン・ギャメル(Ben Gamel)は5月に27才になる左投げ左打ちの外野手。

2017年から2018年にかけての遅いFA市場の余波をイチロー選手ももろに受け、なかなか決まりませんでしたが、3月に入ってからようやくマリナーズに決まりました。決まったきっかけはマリナーズの外野陣にけが人が出たことで、そのけが人がベン・ギャメルでした。

打率のいい選手で2017年が.275、2018年が.272。

ディポートGMは外野の左打者ばかり獲得したので、右打者を求めるべくトレードとなったということかと思います。

ノア・ザヴォラス

ノア・ザヴォラス(Noah Zavolas)は5月で23才になる右腕。2018年マリナーズの18巡目指名でプロ入りした投手です。今季はルーキーリーグではなく、シングルAマイナスとプラスで登板。結構期待されていた右腕です。

なんと、ハーバード大出身!

卒業したかどうかはわかりません。まさか野球の特待のようなものはないと思うので、卒業したのではないか?と推測します。だとしたら、すげー!

面白い素材ですね。ハーバード出身のプロ選手は1800年代後半も含めて67名おります。有名どころとしてはLHPのブレント・スーター(Brent Suter)。なんとブルワーズの選手ですね。

なお、レッドソックスで投げていた左腕のクレイグ・ブレスロウはエール大学の出身です。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク